ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2017年8月に元気な男児出産、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

ドイツに買い物…と自覚症状のない見栄っ張りさん。

 11, 2015 18:49
昨日は、旦那と一緒に、またまたドイツに買い物に行ってきました。
私の住んでいるフランスのアルザスからは、ドイツまで車で30~40分で行けます。
しかも、ドイツで買った方が、フランスより安いことが多いのです※詳しくは前回の記事を参考に。

ドイツに行くには、パスポートも必要なくて気軽に行けちゃうのが、EU圏内(シェンゲン協定内)のすばらしいところ。
ただ、携帯をドイツで使うと、高額な値段になったりします。
それと、ドイツで買い物するとき、カード払いにすると、手数料が取られるので、現金で払うべし。
それだけ注意ですー。


まずは、ドイツのドラックストア、dm(デーエム)
動物実験をしていない、オーガニックコスメや日用品が種類豊富にそろっています
あと、ベビー用品(パンパースなど)が、フランスより安く買えます!
猫のえさも安くて種類豊富でした!

0810①

dmのオリジナルブランド、alverde
これ、オーガニックなのに、めっちゃ安いのです。


科学的に合成された香料、着色料、保存料、ならびに鉱物油等を一切使用せず、BDIH基準をクリアーした良品質で、低価格な商品を揃えています。

※BDIH基準…ドイツのドイツ化粧品医薬品商工連盟(BDIH)が定める、オーガニック化粧品の基準。

◎合成色素や合成香料といった石油由来の原料を使用しない。
◎防腐剤は防腐効果のある天然の材料を用いて作る
◎自然界に存在する安息香酸やエチルエステル、アスコルビン酸などの使用は認めるが、配合する場合は必ず製品に表記する。
◎乳化剤、界面活性剤は、植物脂肪、ワックス、ラノリン、プロテインなどの原料を用いる。
◎有機栽培か野生群生の植物を用いる。
◎遺伝子操作された植物を利用しない。
◎動物実験をしない。
◎動物由来の成分を使わない。
◎放射線による防腐加工をしない。
◎リサイクル可能な容器を使う。
◎フェアトレードを推進し、環境にもやさしい企業であるよう心掛ける。

という厳しい基準をクリアーしています

0810②
さすがdmのオリジナルナチュラルブランドだけあって、その驚きの安さが魅力的

0810③
基礎化粧品はもちろん、メイクアップ用品、シャンプーや歯磨き粉、ボディー用品など。。。たーくさん売ってます!!
しかもシャンプーひとつでも種類が豊富で、どれにしようか迷ってしまいます。

0810④
WELEDAやLaveraなど、動物実験をしていないヴィーガンコスメがたくさんあります。


このお店、私にとっては天国のようで、何時間でもいられるくらいだったけど、旦那は興味なく、車で待機



dmの次は、お隣のlidl(リーデル)に行って、また買い物


→そのあとは、lidlの隣のスーパー「REWE」へ
0810⑤
ベジタリアン食品(べジミートやべジハムなど)がたーくさん♡
お肉の入ってないラザニアやミートボールなど、種類豊富!

0810⑥
フランスでは見たことのない光景が・・・さすがドイツ、感動ものです。

0810⑦
オーガニック(ビオ)商品の数の多さに驚きます。どこに行っても、BIO、BIO、BIO
日本のスーパーではありえない数の多さです。
べジマヨネーズやソイミートなども種類豊富でした。


・・・・と、ドイツの買い物を満喫してきました♪

それにしても、駐車場に停めてある車、8割くらいが、ドイツではなく、フランスナンバーでした
フランス人みんな、安いからドイツに買いに来てるんでしょうね!


・・・それと、グチです。


このドイツのスーパー、私は一度行ったことあるけど、ダンナは行ったことなくて、今回初めて運転してくれました。

で、行く前に、
「場所調べといてね!」
って何度も頼みました。
ダンナは、
「オーケー。姉に場所聞いておくよ」
って言ってたし、行く当日も、
「姉に場所聞いたから大丈夫だ
って言ってました。

で、いざ行ったら、場所がまったくわからず・・・
ドイツの国境超えてから、
「どっちに曲がったらいいんだろ?」
ってそればっかりで、適当に曲がってみたりする。。

私が、
「場所調べてなかったの?」って聞くと
「町の名前だけ聞いたよ。でもそれがどこにあるか分からない」
とのこと

地図とかで調べたのかと思ってたら、このダンナさま、ほんといつもリラックスムード。


「道路を歩いてる人に聞いたら?」と言っても、
「いや、まず自分で探してから後で聞く」
「フランス語で話しかけても分からないだろうし」
と言って、なかなか人に尋ねようとしない。(←いつものパターン)


結局、変な道を曲がっては、店を探し、なければまた引き返して・・・
と知らない国の知らない場所を、30分くらいぐるぐる回って


前回義姉が運転してくれたとき、義姉はすぐ人に聞いたから、一瞬で店の場所が分かったのに。
フランス語で話しかけても、ドイツ人、フランス語で対応してくれたし


こういう時、この人、決断力がないというか・・・ほんとリラックスしすぎなところがあります。

それに、変な見栄張るのやめてほしい(´・ω・)

「人に聞いたら、負け」「自分一人で何とかしたい」と感じてるんでしょう。
それと、人に聞いて通じなかったり、失敗した姿を見られるのがいやなんだと思います。
よく、「人に聞いたら一発なのに」と私がアドバイスしても、なかなか聞いてくれないことがあります。



結局、疲れ果てたダンナは、ある大きい建物の前で車を停めて、わざわざ中に入って一人で人に聞きに行きました
普通に道を歩いている人に気軽に聞けば早いのに、カッコつけてるのか何なのか。
私のいない場所で対応しようとする←やっぱり見栄っ張り


私がフランス語を話せたら、もう国境を越えた時点でとっくに通行人に聞いてるわ
それに、第一私は初めからちゃんと場所を地図で調べていくわよ


結局、普通なら車で30~40分で行けたところを、1時間以上かかりました。

で、ダンナは疲れ果てて、
「ドイツは遠いからもう行きたくない」
と言うのです。


「それ、(あんたが道調べてこなくて)迷って遠回りしたから時間かかっただけでしょ!」
とつっこんでやりました。


そしたら
「そっか、それも君の言う通りだね。たしかに30分くらいで行けるね
と納得したようでしたが。

自覚症状のない人で、イライラさせられた買い物でした。


0810.jpg
これが、dmで買った商品の一部♪

左から、
Ecover(エコベール) 住宅用洗剤 グレープフルーツ 1.95ユーロ(約250円)
Ecover(エコベール) 食器用洗剤 ザクロ 1.75ユーロ(約220円)
lavera(ラヴェーラ) ハーバル はみがき粉 1.95ユーロ(約250円)
alverdeの歯磨き粉 1.75ユーロ(約220円)
alverdeのせっけん 0.75ユーロ(約90円)
alverdeのシャンプー・リンス 1.95ユーロ、2.25ユーロ(約250円、290円)
kombcha(紅茶きのこ) 1.15ユーロ(約150円)

laveraの歯磨き粉は、刺激があるとすぐ口内炎になってしまう私の口にも優しく汚れ落ちも良かったので、リピ買いです。


ダンナさん今週いっぱい夏休みなので、まだまだいろんなところに連れてってもらおうと考えてます~
初めて行く場所は徹底的に調べてもらってから(`∀´)


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 



関連記事
スポンサーサイト

Tag:オーガニックコスメ 動物実験 ドイツ lidl dm 化粧品 alverde 家族について ベジタリアン商品

COMMENT 0

WHAT'S NEW?