ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2016年11月また妊娠が発覚、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

助産師さんとの面談…妊娠中、大豆の取りすぎは注意。

 15, 2017 23:41
病院 産婦人科
近所の産婦人科↑


今、妊娠14週目。
胎児が順調に成長していることが、奇跡のように感じる毎日です。
前回流産したとき、励ましてもらったり、見守ってくれた方々のおかげで、今日につながっていると思わずにはいられません。

妊婦検診のことをまだ書いてなかったので、記憶のためと、今後フランスで妊娠される方の参考になれば…と、書き残しておきます。

12月23日(7w1d)に受けた初検診のことは、「大晦日の買い出しと初検診」の記事に書きました。



20150919⑦


その後1月11日(9w6d)は、コルマールのル・パーク病院で、前回流産した原因を調べてもらうため、不妊専門?の先生との面会。
だったのですが、今回妊娠したので、エコーで赤ちゃんを見てもらいました。

エコーでは、大きさ(LCC)は3.6cmで充分大きいとのこと。
卵黄嚢は消えていて、へその緒が見えました。

足や手を動かしている様子が見えました。
先生は「よく動いて健康な子ですねー!」とおっしゃっていました。
鼻と唇が尖ってくちばし?のように見え、手はドラえもんのように丸く、足は思いの他長かったです。

心臓が動いているのも確認しました。


20160930.jpg


その後1月25日(11w6d)はGUEBWILLERの病院で、助産師さんとの面談。
既往歴を話し、症状や気になっていることなど、たくさん相談させてもらいました。

今朝乳首から液体が出ていたこと、最近お腹が生理痛のような痛みが時々あることなどを伝えました。
液体は、この時期よくあるそうで問題ないとのこと。
痛みも、問題ないとのことでした。

子宮がん検診(frotti)をしばらくしていなかったので、その場でしてもらいました。
(フランスでは3年に一度は検診しないといけないそうです)

その後、心拍を確認する機械をお腹にあててもらったけど、これが痛くて、私がギブアップ。
ギューギュー、かなり強く押し付けられましたが何も聞こえず…助産師さんは「まだ早いのかな〜」と言い、ストップしてくれました。


<食事のことで質問>
大豆製品(soja)は週に2回までにとどめておいた方がいいと、この先生も言っていました。
以前の日記にも何度も書きましたが、フランスではどうやら大豆は避けるのが基本らしい。
(エストロゲンというホルモン値が高くなってしまうので。)
ただ、国によって違うこともあるので、自分の先祖がどういう食事をしてきたかを聞くのがいいともおっしゃっていました。

生姜が妊娠中は体にいいらしい。 
カフェインは一日300mgまでに抑えるように。(緑茶は一日2、3杯まで。)


妊娠申告書


2つの妊娠申告書
・セキュリティソシアル(Caisse Primaire d'Assurance Maladie)に送る、妊娠中の医療費を全額免除してもらうための紙
・CAF(Caisse d'allocations familiales=家族手当窓口)に送る、家族手当を支給してもらうための用紙
をもらいました。(写真↑)
これらの紙に記入し、妊娠15週目までにそれぞれ送付するように、との事。(封筒は自分で買います)


助産師さんはとても優しくいい方でした。
つい数週間前に、日本に1ヶ月ほど旅行に行ったとのこと

その助産師さんはコルマールのル・パーク病院で普段働いているそうで、ル・パーク病院は顔見知りの先生も多くいらっしゃるので…
産院は自然とル・パーク病院ということになりました。

ちなみに、入院した時の食事をビーガン食にできますかと尋ねたところ、
「食事のアレルギーなどは、一人ひとり記入してもらうことになっていますし、最善は尽くします・・・」と言ってくださいました。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


その後、エコー検査(1月30日)や血液検査(2月1日)もありましたが、それはまた次回に書きますね。


体調はつわりがある以外はよく、妊娠してからも変わらず毎日快便です。
先々週に鼻炎か風邪?を発症し頭痛、鼻水が辛かったですが、食事を見直すことで、3〜4日で治りました。

14週にしてつわりはまだありますし、昨日は嘔吐もしました。
食べづわりで体重が59キロに増えていてショックです(今までこんな数値見たことない!)。
早くつわりが治まってほしいと願う今日この頃です。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 



関連記事
スポンサーサイト

Tag:マタニティライフ 妊娠初期 つわり 妊婦検診 フランスの病院 食生活

COMMENT 2

Sat
2017.02.18
00:57

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Mon
2017.02.20
17:00

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

★鍵コメさん

鍵コメさんには、前回流産した時も、体をいたわってね、と優しい言葉をかけていただいて、共感してもらったこと、嬉しかったです。
今回も自分の事のように喜んでくださって、、、感謝としか言いようがありません。
もう15週に入ったのですが、最近になってつわりが悪化してきています。
人それぞれ、波があるのでしょうかね。
まだお腹も小さくて、中に胎児がいるという実感がなかなか湧きませんが、エコーで診てもらうと、嬉しいものですね。
鍵コメさんも、復帰されたようですが、どうぞ無理せず体をお大事にしてくださいね。
こちらこそこれからもよろしくお願いしますe-257

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?