ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2017年8月に元気な男児出産、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

最近ハマっているインド料理、ヴァダ(パコラ)のレシピ

 23, 2016 10:01
20161123173507f52.jpg


今日も旦那のパソコンとタブレットを使って書いてます。
まだ慣れないフランス語のキーボードに四苦八苦。。。

お見苦しいところもありますが、これでもかなり頑張って書いてますのでお許しを。


さて、最近美味しくて何度も作っているインド料理、ムング豆のスナック、ワダ/ヴァダ(写真↑)。




こちらのyou tubeを見て作ったのがきっかけ。
この、マンジュラお母さんの料理、シンプルでヘルシーで美味しいものが多いんです


中はふわふわ、外はサクサク、香ばしい。
100%植物性のヴィーガンレシピなのに、満足感があり、とても美味しい。

家族も気に入って、特に2歳の甥っ子はかなり食べます


中の具は自分でアレンジして、いつもパプリカや人参、紫玉ねぎ、ズッキーニなど、適当に入れています。
野菜は小さく刻んだら、炒めずそのまま入れられるので楽ですよ。


★ムング豆のヴァダのレシピ★

20161123173507f52.jpg

〈材料〉

ムング豆(4時間以上水に浸す) 240cc分
じゃがいも(茹でてつぶす)  2個分
グリーンチリ(みじん切り)  適量
生姜(すりおろす)  大さじ1
コリアンダーの葉  大さじ2
クミンシード  小さじ1
塩  小さじ1
ベーキングソーダ(重曹) 小さじ1/2
アサファティダ  小さじ1/2 なければガーリックパウダーでも。


〈作り方〉

①水に浸したムング豆はフードプロセッサーで柔らかくする。
②その他の材料をよく混ぜ、水を加え柔らかい生地にする。
③手で丸め、中温の油であげたらできあがり。

※生地の水加減などは、動画を見てくださいね。


20161123173531935.jpg

写真は昨夜の残りですが・・・(ラップ付きで御免なさい)
奥にあるのは、豆アレルギーの旦那用に作った、豆以外は中身が一緒の、春巻き。

外はカリカリ、中はふわふわのこの食感、やめられません

通常、チャツネをつけて食べるそうですが、私は写真左の、
タヒニ(ねりごま)とレモンジュース、ニンニク、塩を混ぜたソースで。
これがまた合うんです。


====

インド料理は美味しい豆料理が多いですね。
ムング豆のヴァダの他にも、ウラド豆を使ったヴァダやドーサ、ひよこ豆の粉を使ったパコラ、などなど…

お豆は消化に悪く食べづらいのですが・・・
こうして水に漬けて柔らかくつぶしたり、油で揚げたりと、
栄養豊富な豆を体に優しい形で、消化する食べ方を発見したインド人、すごいです。

日本人も、もともと食べにくかった大豆を、豆腐にしたり、味噌にして食べやすく考えました。

先祖の知恵ってすごいなぁといつも思わされます。



ちなみに・・・


この食感といい、味といい、、、

中にキャベツやネギを入れて、お好み焼きソースをかけたら、たこ焼き風になるんじゃないかな
とたくらんでいる私です( ̄∇ ̄)ニヤッ


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 



※コメント欄はまだクローズです。ごめんなさい。


関連記事
スポンサーサイト

Tag:ビーガンレシピ インド料理 ムング豆 じゃがいも 春巻き 軽食

WHAT'S NEW?