ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2016年11月また妊娠が発覚、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

人の痛みが分かるということ。

 04, 2016 14:56
20160930.jpg
近所の産婦人科↑


やはり、昨日の血液検査の結果、妊娠は終わっていました。
みなさま、ご心配おかけしてすみません。
でも、今回は”胎嚢すら見えない超初期の流産”でした。

さいわい生理よりキツイかなという出血程度ですみました。
昨日大きい塊が出たので、これで出し切ったかなという感覚はあります。

今は腹痛もなく、出血もほぼ止まってきていますので、今回は5日間の出血ということになりそうです。
子づくりは1か月後から可能。
また2、3週間後に通院し、きれいに流れたか診てもらうことになっています。


20160930①
左は血液検査の結果(妊娠発覚)、右はもらった薬の処方箋↑


実は、9月17日頃から5日間ほど、薬(咳止めシロップ)を飲んでいたんです。
薬局で「妊娠していますか?」と聞かれ、まさか妊娠しているとは知らず、
「妊娠してません」と答えたことを思い出しました。

でも今考えると、あの時は排卵日から10日ほど後。
そう、もう妊娠は始まっていたんです。

自分で飲んでいた薬が原因だった、と今では思います。

もう1年も妊娠を待っていたのに、そしてめったに薬を飲むことはないのに、こんな結果なんて…
「頼むから薬を飲んでくれ」と嫌がる私を薬局に連れて行かせた、旦那を責めようにも責められません。

結局は、自分の責任です。

今さら、後悔後を絶たずですが…


20160930②
妊娠発覚したとき、たくさんの痛み止めや吐き気止めをもらいましたが、結局使わず。


でも、流産を経験することで、今まで気づかなかったことに気づけたことも多いです。
何の苦労もなく普通に幸せに子どもを授かっていたら、他人の苦しみや悲しみに気づけなかった。

普通に、「妊娠しました~!」「赤ちゃんができました~!」と堂々とブログにアップして。
他の人の気持ちは目に入らなかったと思います…
流産した人がいても、腫れ物に触るような態度をとっていたかもしれません。

今こうして一つの波を乗り越えたことで、同じように流産した人の痛みも分かるようになった
そして、私の辛い気持ちに寄り添ってくれる家族のありがたさが、身に沁みます。

このことは、私に足りなかった要素を養うための、いい機会だったと思いたい…
今はそう考えるようにしています。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 





関連記事
スポンサーサイト

Tag:妊娠 流産 自然流産 フランスの病院

COMMENT 19

Tue
2016.10.04
17:07

ねこ眠り #-

URL

こんにちは
昨晩も今晩も ずっとコメント欄に書いては消して迷っていました。

yukiさんのお気持ちは もう前に向かっておられると思うので
いらない言葉かも知れないのですが・・元気を出して 沢山食べて
よく眠って 冷やさないようにして お身体を守って下さいね。

私も 結婚後に妊娠初期で流産をして・・その次の妊娠で娘を産みました。
その妊娠も、つわりが ものすごく酷くて 一日中ろくに食べられないのに
もどし続けて その上 つわりで殆ど 起きれずに寝ていたのに切迫流産を
繰り返し・・ 結局 予定日より 一カ月早い早産でした(^-^;
でも 産まれた娘は 元気にスクスク育って・・
流産の時に きれいにしてもらうのが痛いやら悲しいやらで泣いたことも
次の妊娠までが 果てしなく遠く感じて辛かったことも つわりや切迫流産で
大変だったことも~~ 全部 過ぎたこと・・笑い話の昔話になりました。 
そして その娘も もう結婚して 自分の道を進んでいます。
結婚後になかなか授からなくて 娘の心配をしたのが・・yukiさんと重なって
yukiさんのことを心配しています。

母の姉の子(いとこ)は 子供が授かりませんでした。 でも、いとこは
それも 楽しい人生だといって 世界のあちこちまで夫婦で旅行して 
年賀状は いつも その写真でした。 そんな いとこも 私も同じ
今となれば これからの人生を有意義に過ごすのが目標なようなものです♪♪

とりとめもなく長くなって ごめんなさい(^-^;
yukiさんの希望が どうか叶いますように・・私も祈っていますね。 
 

Edit | Reply | 
Wed
2016.10.05
01:36

ビーニャ #3BZK4D4U

URL

おちこまないで

yukiさん、ひさびさにコチラに伺ってみたら、いろいろ大変だったのですね。
yikiさんのことをまだよく存じていないのに、こんなコメントしても大丈夫かなとも思ったのですが、、。
人間は生命を作ったり、無くしたりは出来ないのだと昨日まで読んでいた本にありました。考えてみると納得なのですが、人間の体が生命を作る訳ではないらしい。卵子だってすでに細胞として在ったものですし、個体として誕生することが命が出来たということでは無いらしいのです。
もともとあった宇宙でひとつの意識の一部が(例えると風船の一部を)つまんでねじって一個のふくらみになったというのが、個々の誕生ということらしいのです。
私も(一般にそうですが)個人=ひとつの命だと思っていたのですが。
ですからご自身を責めたりおちこんだりしないで欲しい。
今回はそのひとねじれがうまくねじれて個体にならなかったけど、いのちが失われた訳ではないからです。上手く説明できる訳が無いコメントで申し訳ないです。
yukiさんの気づきとしての捉え方に心から感心してしまいました。

Edit | Reply | 
Wed
2016.10.05
04:28

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Wed
2016.10.05
14:15

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

★ねこ眠りさん

励ましのコメントありがとうございます。
いつもブログを読んで、共感することが多く、嬉しく感じていました。

ねこ眠りさんも、大変な経験をされてきたのですね。
切迫流産というのは、聞いただけでも血の気が引いてしまいそうです…m(_ _)m
どれだけ心配なさったことでしょう。
でも、それだけ苦労して、生まれたお子さんが今、結婚もして自分の道を歩んでいる…
素晴らしいことですね。

上手く言えませんが、ねこ眠りさんのブログが愛に満ち溢れているのも、その”苦労”からくるものなのかなぁという気がしました。
私も、何事もなく順風に人生を送っていたら、気づかなかったことがたくさんあったと思います。

今後子どもを授かるかは分かりませんが、旦那と一緒に力を合わせて頑張っていきたいと思います。
優しいお言葉ありがとうございました。

Edit | Reply | 
Wed
2016.10.05
14:22

yuki #-

URL

Re: おちこまないで

★ビーニャさん

コメント嬉しいです、ありがとうございます。
その本のことを聞いて、それもそうかもしれない、と思えました。
卵子だってもともとあったものですし、人間が生み出すものではなく、失ったことではないのかもしれません。
宇宙から見ると自分などほんの小さな一部分ですし、そういった捉え方をすると気が楽になります。
でも、今回はまだ”赤ちゃんのためのベッドを作る作業に取り掛かっていたところ”での流産だったので、
実際に赤ちゃんが見えたわけでもなく、上手く言えませんが普通の生理のような感覚でした。
でも、こうして優しい言葉をかけてくださって、ありがとうございます。
次への励みになりました(^-^)

Edit | Reply | 
Wed
2016.10.05
14:34

yuki #-

URL

Re: お身体大切にしてくださいね

★鍵コメさん

いつもブログを読ませていただいて、鍵コメさんが経験されてきたこと、相当大変だっただろうなと感じていました。
どれだけ心にダメージを負われたでしょう…
そんなことに比べると、私なんてずいぶん幸せな方です。
実は、鍵コメさんのメッセージを読んで、泣きそうになってしまいました。
鍵コメさんの方がお辛い立場なのに、こんなに優しい言葉をかけてくださって・・・
人間、つらいことから学ぶことも多いですよね。
今後もし授からなかったとしても、それも人生と思い、頑張っていきたいと思います。
コメント嬉しかったです、ありがとうございました。

Edit | Reply | 
Wed
2016.10.05
15:44

かずさん #-

URL

ご訪問がなかったので心配で伺いましたが、やはり残念な結果だったのですね。
お辛いことと思います。
でもyukiさんが気持ちを整理し、「ひとつの波を乗り越え、同じように流産した人の
痛みも分かるようになった」と前向きに捉えていらっしゃる姿勢に感動しました。
yukiさんの辛い気持ちに寄り添ってくれているご家族への感謝の気持ちにも・・

私も早期流産の経験があるんです。生理にしてはおかしいと思っていたら流産でした。
一人で病院に入院し、麻酔をして掻爬しました。妊娠したのはその2年後でした。
私は小さい時母を亡くしています。私の結婚の少し前に父は再婚したのですが義理の母から、流産なんてよくあること、と言われちょっとショックでした。でも母はそうした経験がなかったのでそんな言葉が出てしまったのですね。夫の両親がとても心配してくれたのがありがたかったです。

yukiさんのご主人のご家族が寄り添って下さってるのは、いつもyukiさんが皆さんのために一生懸命やっていらっしゃるからですね。もう頭が下がる位に・・

どうぞしばらくはお身体第一にね。冷やさないように、重いもの持たないようにと当時の日本では言われましたよ。

yukiさんとご家族の願いがきっと叶いますよう祈っていますね。

Edit | Reply | 
Thu
2016.10.06
07:50

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Fri
2016.10.07
15:49

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Sun
2016.10.09
10:14

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Sun
2016.10.16
09:17

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Mon
2016.10.17
12:17

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Mon
2016.10.17
12:31

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Mon
2016.11.07
11:46

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

★かずさん

お返事が遅くなり申し訳ありません。
かずさんも、お辛い経験をされたのですね。
一人で病院で処置されたということ、今もずっと心に残っておられるでしょう…
お気持ちお察しします。

でも、2年の間待って、お子さんがやってきてくれた、というお話を聞くと、勇気がわいてきます。

私も2回の流産で、流産を伝えたとき義母に言われたちょっとした言葉に傷ついてしまいました。
前回流産したときは病院で、「次があるから!次!次!」と言われ。
何でもない言葉なんですが、流産で打ちのめされ、ショックで前も見れない状況で、この言葉はきつかったです。
そして今回も、流産したと伝えたとき、まず初めに言われた言葉が
「猫を飼っていたからだ、まだ部屋に猫のにおいが残っている」でした。(義母は猫嫌いなんです)
何かあら探しをされているような気分になりました。

当時言われた言葉って、一生残ってしまうものなのですよね。
でも、今はそのようなどん底を経験したからこそ、それも反面教師になった、と思うんです。

でも、かずさんの旦那さんのご両親が優しい方でよかったです。
辛いことを思い出させてしまいましたが、優しいコメント嬉しかったです。ありがとうございました。

Edit | Reply | 
Mon
2016.11.07
11:51

yuki #-

URL

Re: 自分を責めないで~

★鍵コメさん

お返事が遅くなり申し訳ありません。
優しい言葉いつもありがとうございます。
薬を飲んでしまったのは仕方ない、と今は考えるようにしています。
それに、もし飲んでいても生まれてくる子はたくさんいますよね。
確かに、鍵コメさんの言われるように、今回のことが教えてくれたんだ、と思います。

病院で「私と旦那の遺伝子の相性がよくないから流産しやすい」と言われました。
だからどうすることにもできないのです。

いつも勇気をくださる鍵コメさん、本当にありがとうございます。
経験者の鍵コメさんの言葉は心にひびきます(*^-^*)

Edit | Reply | 
Mon
2016.11.07
12:27

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

鍵コメさん

お返事が遅くなり申し訳ありません。
優しいお言葉ありがとうございます。
鍵コメさんの壮絶なお話・・・聞いていたら、もうどれだけ涙を流されたのだろう、と思えてきて…
私なんてまだまだ幸せです。

流産は本当につらいですね。
特にご主人もいなくてご家族も遠く離れていて・・・となると、どれだけ辛かっただろうとお気持ちお察しします。
鍵コメさんのお母さんたちのように、昔は戦争で、くよくよ悩んでいる暇もない時代もあったのですね。
そのような方からの”なんとかなる”という言葉は身に染みて、強くて、励みになりますね。

今は2回目の流産から1か月たって、体調もすこぶるいいですが、やはり何度も流産を繰り返すと体にひびくそうですね。
もう色々なことで無理もしたくないですし、諦めの境地に入っていますが・・・

鍵コメさんのご経験、お話し聞かせてくだっさってありがとうございました。

Edit | Reply | 
Mon
2016.11.07
12:36

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

鍵コメさん

お返事が遅くなり申し訳ありません。
鍵コメさんは私と同じように2度流産をされて、しかも同じように薬を飲んでおられたのですね。
私も他人事とは思えず・・・大変なお気持ちだっただろうと当時の心境をお察しします。
それでも今では3人のお子さんに恵まれている鍵コメさんの状況を思うと、本当に勇気がわいてきます。

でも、このことも、見方を変えれば、鍵コメさんがおっしゃるように”大切な経験をさせてもらった”ような気がします。
この経験がなければ、得られなかったものを今では感じるほどで。

今後恵まれるにしろ、恵まれないにしろ、今の時間を精一杯大切にしていこうと思います。
いつも遠い日本から暖かいコメントありがとうございます!

Edit | Reply | 
Mon
2016.11.07
12:53

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

鍵コメさん

鍵コメさんの ”人の傷みが分かることと「嬉しさ」を素直に言うことは また別なことのように感じています。”という言葉に、はっと気づかされました。
そうですね。
”私には子どもがいないのに、幸せそうにするのはおかしい”と考えることも自己中心的な話ですし、
そういった人たちに気を遣って、嬉しさを表現できないのも変な話ですよね。
いつも鍵コメさんの言葉は何か新鮮で、とても参考になります。

鍵コメさんは体調のことを先に気遣ってくれる優しいご主人持たれましたね。
いくらご家族が望まれても、誰かのために子育てするのってしんどい話です。

モロッコ人の家族は子どもは産んで当たり前、老後は病院ではなく、家族で支え合っていくのが当たり前・・・という価値観があるので(もちろんそれはそれで素晴らしいとは思いますが)、それが私にとってはしんどいこともあります。

でも、体のことだから、恵まれなくてもどうしようもないんです。
私も、もし恵まれなくても、それはそれで人生。
主人と2人で楽しんでいこうって、今は思っています。

鍵コメさんの優しいお言葉、心に響きました。
ありがとうございます(*^-^*)

Edit | Reply | 
Mon
2016.11.07
13:01

yuki #-

URL

Re: 元気だしてくださいね!

鍵コメさん

はじめまして。
鍵コメさんも、2回半?も・・・辛いご経験をされたのですね。
流産しやすい体質の人はしやすいものなのかもしれませんね。
病院の医師からは、私と旦那の遺伝子の相性がよくないので、流産しやすいと言われました。
私も年齢も年齢ですし、一度ちゃんと診てもらった方がいいのかもしれません。
人工授精もひとつの選択ですね。
経験者の方からのアドバイスは参考になります。
励ましのコメント、ありがとうございました(*^-^*)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?