ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2016年11月また妊娠が発覚、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

日本のキャベツとヨーロッパの固いキャベツ

 01, 2016 11:27
chou20160915.jpg


ついに、旦那のパソコンも壊れてしまいました…
どうしてこう立て続けに壊れるのか

あとは小さなタブレットしかないので、ますますブログを書くのが億劫になりそうです。。
(今日の日記は数ヶ月前に下書き保存していたものなのでいいんですが…)

コメントもしぱらくは返信が難しいので、コメント欄閉じさせていただきますm(_ _)m
拍手ページからコメントしていただくことは可能ですが、返信はできかねます…



さて、写真↑は、トマトの隣に、植えたキャベツです。
トマトとキャベツは相性がよく、コンパニオンプランツとなるそうで。

日本の母から送ってもらった、種で育てたものです。

日本のキャベツを種から育てるのは今年初めて。
3月31日に種まきして、5月に定植、6月20日に追肥と土寄せをしました。

それがかなり虫の被害にあい、ボロボロになりながらも、こんなに大きくなり…(写真↑)
そろそろ収穫せねばーと思ってたのですが。


chou20160919.jpg
9月12日

パッカーンと裂けるように、亀裂が!(写真右
雨で2、3日庭に出ていないうちに、爆発してしまいましたΣ( ̄ロ ̄lll)

収穫が遅れたから?
それとも雨で?
それか、虫??

でも、虫にしては亀裂が大きすぎるような気が・・・。

もしかして、ねずみ??!!


でも、熱を通してみれば食べれるだろうと思い…
お好み焼きに刻んで入れましたが・・・|ω・`)←自己責任で。

(※中はきれいに巻いていて虫の被害はありませんが、外葉がひどかったです。)



ピルー

これは我が家の助っ人!近所のネコ、ピルーさん。(推定年齢1才)

この子、生まれたばかりのとき、ガリガリの細さでうちにやって来て。
うちの玄関に魚やミルクを置いて、よく食べさせていました。

この方が、毎日のようにやってきて、我が家のねずみ取りをしてくれるんです

ちなみに今は近所の家の飼い猫になり、ぷくぷく太っています。



201612011907261a3.jpg


ちなみに、フランスの固いキャベツ↑も育てていますが、こちらは虫の被害がほとんどありません。

日本のキャベツに比べ、やはりフランスの土地に適応するようになっているからかな?

こちらのキャベツは、煮物やスープにすると美味しいですよ。
(詳しくはこちらの記事に書いてます)

というか、生では到底食べられない硬さだから、虫もたべようとしないのかも…( ̄д ̄;)



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 



※コメント欄はまだクローズです。ごめんなさい。


関連記事
スポンサーサイト

Tag:家庭菜園 春夏野菜 キャベツ 害虫対策 コンパニオンプランツ トマト フランスのや

WHAT'S NEW?