ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2017年8月に元気な男児出産、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

妊娠前後で食べるべきものとスーパーのミルク製品

 04, 2016 11:46
mon bebe bio

先日流産した義姉Sが「これ、読んでみて」と見せてくれた、妊娠時の食事ガイドブック
「Mon bebe bio」↑
ドイツ人の栄養士が書いた本らしい。

妊娠時、母親が食べるべき食べ物~出産後、赤ちゃんに与える食べ物まで、詳しく書かれています。
読んでみたら、かなりヴィーガン的な内容になっている。
それにしても、肉食の義姉が、なぜこんな本を持っている?!


7月30日の日記にも”妊娠前に動物性食品はよくないとドクターが言った”とちらっと書きましたが…
こちらの本にも、「妊娠している時は、動物性食品は避けたほうがいい」と書かれてありました。

そして私たち夫婦について、驚くべきことが…!


mon bebe bio①

両親のどちらかが食品のアレルギーをもっている場合、妊娠中や授乳中に動物性食品(牛乳、乳製品、鶏卵、ホルモンや抗生物質を含む家畜肉、羊肉、豚肉、子牛肉)を食べるのは避けるのが最善である」と書かれてあります。

つまり、私の旦那はアレルギーを持っている(G6PD欠乏症)ので、動物性食品は食べないほうがいいということ…!

↑これはおそらく妊婦が食べない方がいいということでしょうけど…
旦那も食べないにこしたことはないような気が。


mon bebe bio②

この本は「母乳が一番」としながらも、アーモンドミルクを推奨しているようでした。

推奨される食品は(写真↑)
・全粒(未精製の)穀物: パン、パスタ、米、他…
・生野菜、軽く調理した野菜
・じゃがいも
・種子、ナッツ(一日につき一握り)
・海塩、ハーブ、ヨウ素
ということでした。

そして、「牛の乳は一番よくない。馬とヤギのミルクは、まだ成分が母乳に近い。」とも。

私は薄々は知っていましたが…旦那は初めて文章を見て「知らなかった!」と驚いていました。


依存症かというくらい、乳製品が大好きの旦那・・・。
この家族の習慣なのでしょう…家族全員、チーズや乳製品がなかったら死んでしまう!というくらい…もう大量に食べるんです。


chevre milk

かろうじてヤギの乳はまだましだそうなので…さっそく先週はビオショップでヤギのミルクを買ってきました(旦那用)
3.65ユーロ(約470円)!
牛乳の3倍以上の値段でした。
(写真はsatoriz。L'eau vineでは3.30ユーロとまだ安かったです)

旦那も、本を読んでからは「これから、チーズもヤギの乳からできたシェーブル(ゴーツ)チーズをなるべく食べる」と意気込んでいます。

私自身は、乳製品自体をあきらめてくれたら嬉しいのですが…
成人した大人がいまだに”母乳”(ミルク)を飲むのはどんな動物にもなく、少し不自然と思うんです。


Provamel_Produkte_dm.jpg
画像はお借りしました。

こないだドイツのdmで買った、provamelのカシューナッツミルクが料理に使うととてもチーズっぽくなって美味しかったので…
これから、料理には、こっそりカシューナッツミルクを使っていこうと思いますΣ( ̄。 ̄ノ)ノ


もちろんこの本がすべて、というわけではありません。
でも、アレルギーもちの家族や友人で、何人か思い当たるふしがあるので…
なので、ゆる~く、体にいいことを取り入れていけたらなぁと思っています。


tests dovulation

そしてこちらは、義姉が教えてくれた、排卵検査薬(tests d'ovulation)↑
こちらについては、また詳しく書きたいと思います・・・




最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 





関連記事
スポンサーサイト

Tag:買い物 スーパー 妊娠 食生活 ドイツ ビオショップ 乳製品の害 抗生物質

COMMENT 2

Fri
2016.08.05
03:59

ひまわり #-

URL

こんにちは。

乳製品、どうなんでしょうね。

牛乳を飲んでいても健康な人もいるし。まあ、隠れた病原になってる可能性はありますが。(ホルモン剤、抗生物質等による)

個人的には「牛乳は健康に良い」という啓蒙をもとに子供の頃からよく飲んでいましたが、味自体が水っぽくておいしくないし、「健康によい」という要素がなくなったら全く不必要な飲み物ですね。w

というか逆に体に良くないとかいう話が多くなって、すごく騙された感じが大きくて、今や嫌悪感しか覚えません。(動物愛護の点でも)

最近は酪農家の経営が厳しいと言われる割にはバターがないとか、チーズが高いとかいろいろ矛盾点もあって、結局これらも利権がらみの恒常化なのだろうと思います。

いまだに日本では牛乳信仰が根深いですが、この情報化時代知らなかったでは自分の体を守れません。

押し付けられるのではなく、自分で情報を取捨選択して健康を損なわれないようにしたいものですね。

最近私はもっぱら豆乳派です。豆乳のほうが味が慣れると美味しいし、動物たちも苦労せずに済みますからね。値段もそれほど変わりないです。


Edit | Reply | 
Tue
2016.08.09
10:02

yuki #-

URL

Re: こんにちは。

ひまわりさん

こんにちは。
昔は「牛乳を飲まないとカルシウムが取れない」とよく説教されましたが…
学校給食で牛乳を必然的に取り入れるとそりゃぁ大儲け。これも利権がらみなんでしょうね。
私は牛乳もやめてビーガンになってからの骨密度となる前の骨密度を比べたら、ビーガンになってからの数値がアップしたので、あの説教はなんだったんだと思いましたが…

うちの家族はそれはそれは毎日、「牛乳は体にいいから」とコップに1杯は飲んでいるし、私が「牛乳は飲むべきではない」などと言おうものなら”危険な考えだ”と思われるのがオチ・・・
ひまわりさんのおっしゃるように、本当に、自分で情報を得ていかないといけない世の中なんですよね。
(義母はイスラムのテレビしか見ないし、ネットもしないので本当に情報鎖国状態です)

旦那がこないだビオショップの店長さんと話していろいろ聞いたそうですが、やっぱり”牛乳は量に気を付けないといけない”そうで、ヤギのミルクはまだ牛乳よりましだと言っていたそうです。
でも本来牛のミルクは牛の赤ちゃんが飲むべきもので、人間が横取りするべきものではないと思いますが。
豆乳の方が味になれると美味しいですよね!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?