ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2017年8月に元気な男児出産、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

マザコン男の自立。

 27, 2016 09:10
20160716.jpg

またまた長い間ブログを放置しすぎ…
長い間あきすぎて、何から書いたらいいのか分からないのですが。
こんなブログにも関わらず、ずっと訪問してくださっていた方もいらしたようで…本当に感謝です。


先週末、ついに義弟Yが結婚しました。

ずっと母親(や私)に頼りっきりだった義弟。
ついに自立に踏み切り、この家を出ていってくれた・・・(近所なので毎日のようにうちに来るんですが

先週末は結婚パーティーを我が家で開催しました。
イスラムの結婚パーティーは私も初体験で、驚きの連続でした。(写真はないのですが…)


20160716②
庭のプラムが今、山のようにとれます。
収穫したゼブラトマトと一緒に。


その結婚した義弟ですが、バイトは週末の数時間だけ
一体どうやって奥さんを養っていけるのか?不思議です。
(まぁ、奥さんも働いているようですが)

お金は持ってないはずなのに、新居は高級マンション、高級車、高級バイクを乗り回し。
海外旅行にも頻繁に行ける…

絶対あやしい。

私の旦那は毎日仕事に行っているのに、大した稼ぎじゃないから、いまだに親元で同居ですよ
車は中古でオンボロ。
旅行にも行けない。

なんなの?!この差は~??


20160716①


まぁ、その義弟Y、素行が悪いというか、絶対まっとうな生き方はしていない人・・・。
以前警察が警察犬連れてうちに来たとき、一人だけやたら挙動不審だったし。

平日は働きもせず、親の手伝いもせず、好きなことばかりして…
いまだに親のすねチューチューかじって、何から何まで親にたよってきた。

そんな横道それた人と同じ屋根の下にいることは、私にとっても苦痛でした。
だからうちから出て行ってくれて、私は内心ほっとしているのです。
これでもう奴のために料理も洗濯もしないですむ~!


きゅうり20160716
庭のきゅうりがやたらと取れます。
日本のような、細い品種もあります。


とはいえ、モロッコ人男性にとって、母親のもとを離れるのは本当につらいことらしい。
義姉いわく、「家族はハッピーだけど、義弟だけはさみしい気持ちだろう」とのこと。
義弟、役所で結婚を証明したとき、すごく怖がって震えていたらしい…←ルンルンで籍入れた、私たち夫婦とは真逆

確かに、モロッコ人男性、少々マザコンよりなところがあるわな~、と納得。(失笑)


そして、今週はじめから甥っ子はじめ家族は全員、マレーシアに旅行に行ってしまいました。
日中は私はこの広い家に一人きりです!

義弟もいないし、気分すっきり?!
一人の時間を有意義に使いたいと思います~。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 



関連記事
スポンサーサイト

Tag:家庭菜園 春夏野菜 果樹栽培 プラム きゅうり トマト 家族について モロッコ人

COMMENT 0

WHAT'S NEW?