ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2017年8月に元気な男児出産、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

グリーンピース、いんげん豆の収穫

 01, 2015 07:26
昨日は、ここアルザスはとっても暑かったです。

フランスは、日差しがはんぱない
確実に日本より日差しがきついし、日照時間も長い。
夏は、日本(神戸)より暑いかも・・・。

夜の8時くらいまではまだ明るいから、最初のころは、外の様子を見て、「え?今何時??」って何度も時間を間違えました。
日本だったら、5時くらいにはもう薄暗くなってるし、洗濯物も、3時か4時までには取り込みますよね

フランスだったら、洗濯物は7時か8時に取り込んでも全然問題ないですお日様ギラギラしてるし


そんな中、家族はラマダン中なので、水も飲めなくて、心配です。。

でも、旦那はけっこう平気みたいで、「全然おなかすかないしのども乾かない」って毎日言ってます。

学校はクラスの1/3の人数が、モロッコ人、チュニジア人、アルジェリア人、トルコ人・・・なので、みんなラマダンしているそう。(先生もトルコ人なのでラマダン中)

なれたら、あまり苦にならないみたいですね


ま、それはさておき!

6月19日に、グリーンピースを、少し遅れて、6月29日にいんげん豆を、収穫しました。

これは、義母がまだ寒い3月頃(?)に種をまいたもの。

まずはグリーンピース。(フランス語で、petits pois-プティポワ)
208.jpg
6月6日

2畝作りましたが、病気になることもなく、とても元気に成長しました。

185.jpg
はじめは、支柱と柵を立ててなかったのですが、めちゃくちゃお互いからまってたので、見るに見かねて、柵を立てました

でも、我が家では、今まで豆を育てるとき、柵は立てたことがなく、放任主義だったみたいです

196.jpg
6月6日

といっても、柵にくっついてくれてない苗もありますが・・・。

手で、うまく柵に絡むよう、誘導してあげたんだけどな

205.jpg
6月6日

柵は、家にあるもので工面したので、あまり背が高くないです

199.jpg
6月6日

ところどころ、実もついてます

202.jpg
6月19日

この日は、これだけ、収穫できました
ぷっくりふくれて、いい感じ。

採っても採ってもなくならないので、一度では採りきれず・・・
結局、この写真の倍以上は収穫できました。

中の実は、とっても大きく、ぎっしり詰まってました!



そして、先週末、いんげん豆(フランス語で、haricots-アリコ)の収穫をしました。

197.jpg
6月6日

210.jpg
6月6日

212.jpg
6月6日

379.jpg
6月30日

309.jpg
6月29日

アリの被害に、どうなるかと思いましたが・・・たくさん収穫できました。
※下の方に、最後に収穫したグリーンピースも

まだ、小さい実は苗に残っているので、大きくなったら、後日刈り取ろうと思います


グリーンピースは、もうすべて収穫したので、今日、引っこ抜いて、きれいに後片付けしようと思います


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 



関連記事
スポンサーサイト

Tag:いんげん豆 グリーンピース 家庭菜園 ラマダン フランスで野菜作り 職業訓練

COMMENT 0

WHAT'S NEW?