ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2017年8月に元気な男児出産、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

ソイミート色々と、ドイツのべジ商品

 03, 2016 11:26
soja.jpg

ソイミート(la protéines de soja)いろいろ。
左から、ドイツのdmで買ったもの、フランスのビオショップで買ったもの、フランスの中華食材店で買ったもの。

フランスでは、ベジタリアン食品がわりと簡単に手に入るのが嬉しいです。


どれも湯で10~20分ほど戻したあと、水気を絞り、好みの下味をつけて調理します。
下味は、だし醤油で煮たり、生姜醤油に漬けたり・・・
小麦粉などの衣をつけて油でこんがり揚げると、最高です!


gyoza20160515⑤

先日ソイミートで餃子を作ったとき、一番右のソイミートで作ったら、どこか味が物足りなくて。
次の日真ん中のオーガニックのソイミートを使ったら、全然違う!
断然美味しくて、やっぱりオーガニックに軍配が上がりました。


rewe20160408.jpg

ドイツはフランス以上に、一般のスーパーにもベジタリアン・ヴィーガン商品がいっぱい!
最近はほぼ毎週ドイツに行っているのですが、毎回驚かされます。





一部、衝撃的な映像が含まれます。
でも、これが現実なのです。

健康面からの菜食のススメ


ClimateVegan_protein2.jpg
画像はhttps://fr.pinterest.com/hvanschuerbeek/vegetarianvegan-protein-sources/からお借りしました。

多くの人は、お肉や卵=たんぱく質というイメージを持っているかと思いますが…
意外と知られていませんが、野菜や穀物にはたくさんのタンパク質が含まれています。



vegan protein①
画像はhttps://fr.pinterest.com/hvanschuerbeek/vegetarianvegan-protein-sources/からお借りしました。


動物の売買が、少しでもなくなりますように…


アリアナグランデ

心と体の健康のためにも、週に一日からでもお肉を減らしてみませんか?



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 



関連記事
スポンサーサイト

Tag:ドイツ たんぱく質 食生活 健康 ベジタリアン商品 ソイミート ビオショップ アジア食材店 動物愛護

COMMENT 4

Fri
2016.06.03
12:14

ひまわり #-

URL

こんばんは

ベジ商品は日本ではあまり見かけませんね。私が知らないだけかもしれませんが。

その分、大豆食品が豊富だし、海産物も多いですけどね。昔の日本の食卓には基本的に肉がありませんでしたから、それらが私の参考となっています。

私はyukiさんのようにはうまくはやれませんが、少しでも無駄に失われる命が少なくなるようにしたいと思っています。

Edit | Reply | 
Fri
2016.06.03
13:07

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Fri
2016.06.03
21:31

yuki #-

URL

Re: こんばんは

ひまわりさん

日本ではかなり肉食傾向がありますよね。
「肉を食べなければたんぱく質が取れない」と何人の人に言われたか・・・
ところがどっこい、肉をやめてからの方が、疲れにくくなり、断然力がわくんです。
ひまわりさんのような毎日の食卓を覗かせていただくと、ヘルシーで理想的…♪お腹がすいてきます(^-^)

日本では一般的なスーパーにはまだまだべジ商品が置いてないところが多いですよね。
大豆製品は豊富なんですけどね~。

>昔の日本の食卓には基本的に肉がありませんでしたから、それらが私の参考となっています。

そうなんです。
昔の日本には、乳製品や家畜はなかったですし、玄米や季節の野菜や豆類、小魚を少しいただくほどだったのですよね。

一人ひとりが心がけることで、命の犠牲が少しでもなくなればいいですね。

Edit | Reply | 
Fri
2016.06.03
21:38

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

鍵コメさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。
私もこういうことが畜産の現場で行われている…とは知ってはいたものの
やっぱりこの動画は直視ができませんでした。
でも一般的にテレビでも屠畜場の映像は出てきませんし、そこには企業の思惑もあり・・・まだまだ隠されています。
物が言えない動物だからこそ、とても辛いですね。

でも、そこで考えをストップすることなく、”拡散する”という行動に移してくださった鍵コメさんに感謝です。
リンクの仕方をブログにコメントしました。
よろしくお願いします。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?