ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2016年11月また妊娠が発覚、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

フランスのキャベツは固い!!

 30, 2015 13:39
フランスに来て、困ったことは、野菜が日本と全然違う、ということです。

ガチガチに固いキャベツ、しわしわのちりめんキャベツ、水っぽいカボチャ、甘くない水っぽいさつまいも、やたらでかいキュウリ&なす&ピーマン、繊維だらけのダイコン、白ネギはなく、固いポワローネギ・・・

こんなに違うとは、正直思ってなかったので、はじめは戸惑いました。

普通に和食が作れない、のです。


ニラ、青ねぎ、しょうが、青菜を手に入れようと思ったら、車で20~30分ほどのチャイニーズショップに行かないといけないし。(しかもタイ産。)

ま、フランスならではの美味しい食材もあるんですが。和食は難しいですね。


156.jpg

フランスで売っているキャベツは、たいてい”chou blanc(シュー・ブラン)”という固いキャベツ。
”白いキャベツ”という意味です。

これ、固くて固くて・・・切るのも一苦労です。

157.jpg

切ると断面はこんな感じに、みっしり詰まってます

最初、これで焼きそばを作ったとき、固くてまずくて食べれませんでした。

158.png
こちらは、chou blancより少しだけ柔らかいキャベツ、”Chou Plat Atlas(シュー・アトラス)”。
日本のとそっくり、というわけではないけど、まだ食べれる
私は、いつもこれを買ってます。

ただ、このキャベツは見つけるのがちょっと難しい。。
車で20~30分の、”Grand frais”か、”E.leclerc”くらいしか売ってない。。たしか”cora”にも売ってたかな?
でも、毎回売っているとは限らないし、売ってても古くて黄色くなってることも多い


でも!!

最近、Grand fraisで、日本のキャベツにそっくりの、美味しいキャベツを見つけたのです!!

307.jpg

その名は、”chou vert(シュー・ヴェール)”。写真の左側のキャベツです

※でも、”chou vert”には数種類あるみたいで、ジリジリの葉っぱで固い、日本でいうちりめんキャベツ(サボイキャベツ)も含まれることがあるので要注意。
ちなみに、ちりめんキャベツは、『シュードミラン(chou de Milan)』とも呼ばれます。

159.jpg

↑これです。
こちらは、生で食べるのは固くてとうてい無理!


231.jpg

ロールキャベツにしたら、ちぎれにくくて美味しかったけど・・・。(ロールキャベツ専用かな?)


この日本のにそっくりの美味しいキャベツ、Grand fraisで最近数回見かけました。
(たしか5月後半~6月)
期間限定なのかもしれないけど、ずっと継続して売ってほしいです!!


ちなみに・・・

62.jpg

Mulhouse にある、”PUM thai resraurant”で、でてきたこの縮緬キャベツのサラダ。。。
固くて固くて、まずくてまずくて、食べられませんでした。
誰が調理してるのか!?って本当店を疑いましたよ。

縮緬キャベツは、特に生では無理でしょ
他のメニューも、ぜんぜんタイ料理の味がしなくて、まずかった。

二度と行きません



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 


関連記事
スポンサーサイト

Tag:キャベツ フランスの野菜 ロールキャベツ サボイキャベツ お好み焼き 買い物 フランスのスーパー タイレストラン

COMMENT 0

WHAT'S NEW?