ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2016年11月また妊娠が発覚、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

義弟に…ケンカ売っちゃいました

 21, 2016 06:01
h tv

先日、いつも夜に見ているテレビ「H(アッシュ)」↑のコント番組で…
モロッコ系の俳優Jamel Debouzze(写真一番左)が、母親から離れて独り立ちしたいのに、母親が
「どこへも行くな!」
と息子にキスをして、しばりつけるシーンがあった

これ、義母と一緒やん。

モロッコ人の母親の典型的な例だなぁ~と思いました。
コントじゃなくって、ほんとシャレにならないんですが・・・



16-03-17-20-26-35-669_deco.jpg

3月15日の日記で、私が義弟の洗濯物をゴミ袋に入れたと書きましたが…

今日も、洗濯物を干そうと洗濯機から取り出したら、義弟の服がいっぱい回してあって…
またゴミ袋に入れてしまいました
写真は、その袋です。(汚い物置で…すみません


どんどこどんどこ、ゴミ袋に入れるので、日に日に服がたまってきて…
パンクしそうだったので、先日、旦那に打ち明けました。



「ずっと義弟Yの服、ゴミ袋に入れてるねん」

すると旦那はすかさず
「yuki!!それはいいアイデアだ!!!」

やたらキラキラした表情で
「どんどん入れたらいいよ!!」
と言ってくれた。

旦那は、
「働きもしない弟の服を干したくないyukiの気持ちはとてもわかる。」
と、義母にも私がゴミ袋に入れていっていることを伝えておくよ!と言ってくれました。


きっと義母は義弟にそのことを伝えると思います。
(まさか、義母、義弟に伝えず自分で干したりしないだろうか…とも思いますが)

はい、ケンカ売っちゃいました~。


16-03-17-20-29-01-004_deco.jpg

義弟の服は、中身に似合わずブランドものの高い服ばかりです↑


彼、もう長年ずーっと無職。
仕事はしたことがあるけれど、すぐにやめてしまい、全く続かず。
今は仕事を探すことも全くしていません。

なのに!
なぜか彼はとてもいい新車に乗り、自分用のバイクも2台持ち、旅行も頻繁に行っています。
政府からの失業手当金は月々5万円ほどなのに、こんなお金を持っているのは怪しい。


旦那は、
"義弟Y、なにか変な商売してるんじゃないか?"と疑っているそう。

義母もそれを感じてか、義弟Yからのお金や物は”ハラームなもの”として、今まで一切受け取っていないそうです。


そんな人だからこそ、ポンポン洗濯物を出して、誰が洗い誰が干したかも気に留めず…
好きなことをしている姿が許せないのです。

もう20代後半にもなるのだから…
彼の身の回りのことを手伝うことは、私にとって屈辱。
一緒に悪に手を染めていることに感じてしまうのです。




そして、そんな私とは反対に…
ハラームなことをしているかもしれないのに、息子の世話をすべてしてしまう義母…



そして、義弟Yには彼女がいて、もうずっと我が家に入り浸っている。
話によると、もうすぐ結婚するらしい。

こんな働きもせず不真面目でフラフラしてる男に惚れる女・・・
どこに目ついてんの?!って不思議で仕方ないー((((;´・ω・`)))





最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 


関連記事
スポンサーサイト

Tag:国際結婚 モロッコ人 家族について テレビ番組

COMMENT 2

Tue
2016.03.22
05:48

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Tue
2016.03.22
11:05

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

Sさん

> もうすでに彼は「してもらう」立場などではないはず。せっかくご主人もキラキラしながら押して下さっているのですから,yukiさんの道を突き進んじゃって下さい!(笑)。

本当に!もう子どもじゃないんだから、いつまでも誰かにやってもらっている場合じゃないですよね。

昨日、ゴミ袋がなくなっていて!袋の中の洗濯物を義母がすべて洗ってまた干していました(>_<;)
義母が洗濯物を干すことはめったにないのに、義母が干したということは…
袋には義弟の服ばかりだったので、義母は私がしたと感づいていると思います。

もう、彼女、無理です。
いくら自分が病気を抱えていて倒れそうでも、自分で世話したいのでしょう。
「自分でやらせる」という考えが、義母の中には存在しないのでしょう。

毎回卵や肉魚、油、添加物たっぷりの食事・・・
辛いですね。
体も正直ですから、やっぱり反応しますよね。
私も、まず一番に反応するのは、皮膚です。

「色んなものを食べさせたい」とお義母さまは思っておられるのかもしれませんが…
親からしたら、ありがた迷惑ですね。
何も分からない子どもが一番かわいそうです。

なんというか、義母の年代の方たちって(昔は食べ物もない時代だったからか)、食べ物に対して無性に貪欲さを感じます。
宣伝につられ、新しいもの・便利さをどんどん利用する…みたいな。
その裏にあることには目をふさいで、じゃんじゃん使っちゃおう!みたいな^^;

でも、時代は違うのですよね。
昔はそれでよかったのかもしれませんが、今は工場畜産で添加物も昔とは違いたくさん入れられていて…

私も引っ越し魔といってもいいくらい、何回も引っ越しを経験していますが、心身ともに疲れますよね。
おしんことご飯だけのソウルフード、こういう時にいかに素晴らしいものか分かりますよね。
どうぞ体をいたわり、無理しすぎず、時々体を休ませてくださいね。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?