ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2017年8月に元気な男児出産、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

男性は家事に手を出さない?モロッコ社会。

 28, 2016 22:29
20160228①

今日は近所の子ども用品のフリーマーケットに甥っ子と一緒に行ってきた。
フランスではフリーマーケットがよく開催されます。
とても安く子ども用品が売ってありました。



さて、先日の事件から4日たった今日…
義母は相変わらず気が滅入って寝込んでいます。
一日中ずっと色々なことを考えてしまうので、義姉妹が来てそばにいるようにしています。

みんな口をそろえて、
「親は悪いことなど全くせず本当に真っすぐで誠実なのに、どうして子どもは…」
と、嘆いています。

確かに、親がこれだけ一生懸命に神に祈って、誠実に暮らし、精進する姿を子どもも見ています。
でも、その一方でうんと甘やかされて育った子どもは、自立できるでしょうか?


今日は旦那が義母に、
「yukiは、”働かず手伝いもしない義弟たちの、すべての世話をするべきではない”と言っている」
ということを伝えてくれたようです。

でも、義母は
「彼らの世話をしないなど、ありえない…」
と言っていたようです。

モロッコ人にとっては、女性が何から何まで家事をすべてするのが普通。
それをやめようものなら、自分自身の存在価値がなくなってしまうのかもしれません。

でも、男性も家事をすることで学ぶことだってあるはず!
優しすぎるのも、時にはアダとなること…義母は理解していません。
でも、私には彼女が変わらないならこれからも同じかなと思うのです。


20160228②


さて、旦那は昨日から甥っ子Sくん(写真↑)の携帯をとりあげました。
もうずっと携帯でゲームばかりしているからです。

旦那は、子どもの時は、ゲームなどではなく、自然に戯れたり、家族と一緒に遊んだりする方がいいと思ったからです。

とりあげたとき、はじめは泣いていましたが、その後彼の幸せそうなこと!

ゲームがなくて暇なのか、私のキッチンに来て、
「yukiちゃん、何作ってるの~?」
と聞いてきたので、
「パスタソースだよ。やってみる?」
と手伝わせました。


写真↑は、混ぜるときに熱い汁がとぶので、穴をあけたビニール袋を装着し、顔をカバーしている彼
料理など、義母や義姉は手伝わせることがないので、初めてしたようでしたが、これも経験。
私はどんどん手伝わせました。

ほめると甥っ子はますます自信をもって、色々手伝ってくれました。


20160228③


夜も私のキッチンにやってきて、
「yukiちゃん、何か手伝うことない?」
と聞いてきてくれた。

いつもゲームばかりしている彼・・・こんなこと本当に珍しい!

なので、パン作りを手伝わせてみたら…
10才の子どもができるわけがないと思っていたら、なかなか上手でした。


食器洗いまで、やりたがるので、手伝わせましたが…
やっぱり男の子、これはまだ難しいかな


このSくんは、本当に優しくて誠実な性格。
ですが、兄のMくんはこれが全く違って…学校の先生にも「学校に来るな」と言われるほどの問題児。

兄弟でも本当に全然違います。


今度の休み、Mくんに家の色々な修理を手伝わせようかなと思っています。
唯一、彼はとても手先が器用なので…きっと喜んでしてくれるはず。


今回の事件はショックでしたが、子どもの頃から色々なことを手伝わせたり、かまってあげるのって大切だなと改めて気づかされたのでした。
大人も変わること、必要なのじゃないかな…と思うのです。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 




関連記事
スポンサーサイト

Tag:家族について 国際結婚 モロッコ人 甥っ子 イスラム教

COMMENT 8

Mon
2016.02.29
01:24

山麓 #w4Ib0zSU

URL

yukiさん,素晴らしい!
甥子さんは,自分を生かせる場面ができて,すごく嬉しかったでしょうね♪
こういう場面の積み重ねが「自信」や次への意欲を持たせてくれるように思います。素敵なかかわりです♪

先日,たまたま子どもがテレビをつけた時に放映されていて,「スローライフを生活に取り入れる」事をテーマにした外国の番組を観ました。
携帯やゲームなどの電子機器から離れることで,もっと自然に親しんだり友人と直接会って体を使う遊びをするようになったり,庭にテントを張ってキャンプしたり,生き生きと過ごす子どもたちの様子が印象的でした。

ただ,中には「習い事は止めさせないわ!」と言って,子どもにつきっきりで,生活を変えられない母親も登場していて,そちらも違った意味で印象深かったですが(笑)。

何でもやってあげることは,一見親切そうに見えるけれども,それは時に自己満足に終わることも多々ありそうです。ハラハラしながらも,本人にやらせ,見守ることの方が,忍耐が必要ですし,ある意味大変でもありますよね。

やってあげる,という愛情を反映したと見える行為が,実は逆に相手が経験を積み上げるチャンスを奪い取っている,という事は結構あると思います。
ましてや相手が子どもであれば,こういう場面は多々ありますよね。
親にとってはいつまでも子どもかもしれないけれど,だからといっても,奪ってしまっている大切なものをこそ,与えなければ・・・。

私自身も,この課題はよく考えさせられます。子どもに任せる,見守ることを,大らかな気持ちでできるようになりたいものです。

Edit | Reply | 
Mon
2016.02.29
15:48

ふくちゃん #-

URL

努力もせずに神に祈るのは間違っていると思います。日本でもいますよ。努力も何もしないで、神仏の前でただ祈るだけの人々が。子供の時から、料理の手伝いをしてくれる甥っ子さんはうれしいですね。今日は激しく雪が舞っている北九州地域です、ジャガイモがうえられません。

Edit | Reply | 
Mon
2016.02.29
20:16

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Mon
2016.02.29
21:34

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

山麓さん

もう、彼一日中ずーっと、目を離したら、夜も暗い部屋で、ゲームしてるんです。
ゲームをとりあげたときはわんわん泣いていましたが、そのあと大人にくっついてはよく笑っていて、幸せそうに見えました^^

彼、料理を手伝ったことなど今までなかったと思います。
本人がやりたがっても、義母は手伝わせることはありませんし。
きっと付き合っている時間がないのも一因かもしれませんが…
「お願い~手伝わせて!!」と何度頼まれたか…こんなにやる気があるのに、働かせないのはもったいない!笑

> やってあげる,という愛情を反映したと見える行為が,実は逆に相手が経験を積み上げるチャンスを奪い取っている,という事は結構あると思います。
本当に、同感です。
手伝わせることは、うまくできなくて時間がかかっても、結局は”その子にかまってあげる時間を大人が取る”こと、とっても大事なんですよね。

義母の義弟たちに対する態度、変わってほしいなと思いますが…
もう義弟たちはすでに大人になりきっているので、今更義母が変わったとしても、彼らは何も自分ひとりではできません。
結局、状況は悪化するのみのような気がしてきました。

本当に子どもの時からのかかわりって大事だなと私自身も勉強させられた一件でした。

Edit | Reply | 
Mon
2016.02.29
21:38

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

ふくちゃんさん

そうですね。
義母は「親が精進していれば、子どもは親の背をみて育つだろう」という思いが強かったのかもしれません。
でも、虚しくも、全くそうではなかった…
逆に親のやさしさを利用してしまうような弱い子どもたちでした。

今まで義母は熱心にお祈りばかりしてきたので、この結果にショックだったに違いありません。
祈ってばかりでは解決しないこと、気づいてほしいですが…

北九州は本当に今年は変ですね。
また春になったら、ふくちゃんさんの農業の記事も楽しみにしています!

Edit | Reply | 
Mon
2016.02.29
21:52

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

Bさん

こちらこそ、お知らせするのが遅くなり、記事が前後してしまって申し訳なかったです。
ほんとに、怒りがこみあげてきますよね!苦笑
無職で働く気もなく仕事探す気もないのに、フランス政府から高額な補助金だけもらって快適な生活してるやつら!!
かといって家族の手伝いも全くせず、ホテルのようなご飯、洗濯、すべてしてくれる家に住みつき、何一つ家をかえりみない奴ら!!

Bさんも私の立場だったら、働かないおっさんたちのパンツ、洗いたくないでしょ~??
何度陰でバシバシ洗濯物を叩いてうっぷん晴らしたことか…←これナイショ♪
でもほんとに、義母の育て方を疑問に思ったこと何度もありました。

いや、ほんとに、ムスリムの方たちはこれが普通なのか?!とちょっと神経を疑いますもの。
私が親だったら、絶対こんなぐうたら息子の世話なんてしたくないですよー!
とっとと出ていけ!と言いたくなるのに・・・
そういう習慣が全くないのでしょうね。

今は、旦那が義母に伝えてくれたそうで、義母も「世話をするべきではない」と理解してきたようですが…

Bさんが言われたような慣習があること、そして男性が傲慢になってしまうこと、分かるような気がしますもん。
これからも時々愚痴っていかないとやってられないです。苦笑
思いを分かっていただけて嬉しかったです。
コメントありがとうございます。

Edit | Reply | 
Tue
2016.03.01
00:03

Yuima #-

URL

大変そうですね・・

しばらくご無沙汰していたら大変なことになっていて驚いてしまいました。手を出していけないものに手を出すと大変なんですよね。特に家族が・・・(経験者)。警察沙汰になるとは、困った者ですよね。カウンセラーだとそういうことに巻き込んでしまった側に会うことがあります。私のクライアントは子供ですが、中には大人で手を出してしまって家族全体に迷惑かけている人も多いです。文化の違いも加わって大変ですよね。イライラすることが多いでしょうが、早く解決するように願っています。

Edit | Reply | 
Wed
2016.03.02
17:54

yuki #-

URL

Re: 大変そうですね・・

Yuimaさん

そうなんです。大変なことになってしまいました。
アメリカの方では、カウンセラーがもっと身近にあると聞きました。
家庭に問題があったりする子どもは、たいていカウンセラーを持っているそうですね。
一番上の甥っ子も、義弟たちの背中を見て育ったので、かなり問題があります…今13才ですが、きっとたばこはもう吸っているかもしれません。
将来、義弟たちのような道を歩まないかと今から心配しています。
フランスもアメリカのようにカウンセリングが身近にあればなぁと時々感じます。
子どもの時からなら、まだやり直しがききますから…
大人でこうなると本当に大変です。
こちらとしては、もう迷惑もいいところです。
この後どうなるのか全く分かりませんし、不安でもあります。
やってしまったことの重大さに気づいて、本人がまっとうな道を歩み、更生してくれることを祈るのみです。
コメントありがとうございます。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?