ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2016年11月また妊娠が発覚、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

祈るより、現実を見て。人間知恵を使わないと。

 26, 2016 15:32
20160226①

昨日焼いたライ麦入りパン。
以前紹介したこちらのチャバッタのレシピを、ひとつに成形して焼いたもの。

これが外はカリッと、中はもちっと絶妙な食感で、いくら食べても重くない。
旦那や甥っ子も絶賛。



昨日の記事は、最初は公開していましたが、万が一のことを考え、限定公開記事に変更させていただきましたm(_ _)m

もし、こんなお粗末なブログを読みたいと思われている方がおられましたら、すみません。
昨日の記事を要約すると…


義弟はずっと吸っていたタバコはこの1ヶ月前からやめた、と言っていたのですが
もっとイカンものに手を出してしまった、とでも申しましょうか……


それで、義母がぶっ倒れてしまった、ということです。

警察犬が家に来たり、ほんとに、怖い一日でした。


20160226②

今朝の朝ごはん風景。
庭の紫キャベツで作ったピクルスをトッピングしたサラダと。
このパン、一気になくなるから、毎日焼かないと



で。
これらの一連のことで、私なりに考えたことは
『もう今後一切義弟2人の飯の世話、洗濯物の世話などしたくない』
ということです。

だって、働かず仕事も探さず、夜遊びばかりで家族の手伝いすらしないのだから。


義母も、今まで家族だからと義弟のご飯の世話から洗濯物、部屋の掃除まで…
何から何まで世話して可愛がってきたのですが、今回の件で思い知ったことと思います。
もう20代後半の大人なのだから。
(ていうか、これで思い知らされなければ本当の親バカかと…)



イスラム圏の人たちに共通していることかと思うのですが・・・
家族は時に子どもを可愛がりすぎてしまうような気がします。


だから彼らはその優しさを利用してしまうのです


そして、時には祈るだけではなく、知恵を使っていかないといけないのではないかと…感じます。
自分がよい行いをしていれば、いつか神が希望を与えてくださると…祈るだけでなく。
現実を見て、って思うことがあり。


・・・
義母は昨日病院に行き、心臓を診てもらいました。
何も異常はないとのことで、胸に塗るクリームだけもらってきたそう。
大事はなくて、よかったですが…。


義姉Bの再婚相手がまたチャランポランなので、彼女の子ども3人も義母がすべて世話している状態です。
本当に、ムスリムの男性ってどうしてこう共通して、働かない、仕事も探さない、とぐうたらが多いのか?
と時に考えることがあります。
(もちろん全員ではありませんが)


私は、母親がかまってしまいすぎなのがひとつの原因じゃないかな・・・
と思うのです。


・・・
でも、という私も、義母がかまってくれるおかげで、とても助かっているのは事実です。
(その優しさを利用しようとは思わないけど。)

国際結婚、本当に毎日が勉強の連続ですね



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 


関連記事
スポンサーサイト

Tag:モロッコ人 家族について イスラム教 国際結婚 パン作り チャバッタ ライ麦

COMMENT - 12

Sat
2016.02.27
00:25

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Sat
2016.02.27
02:19

ちょしっち #-

URL

はじめまして、イギリスに住んでるちょしっちと申します。毎日楽しく拝見させて頂いてます。
私もモスリムの一部の男性は非常に甘やかされていて、その分女性の負担が大きくなってるなと感じる場面に何度もみているのでとても共感を覚えました。大事にし過ぎて甘やかしてるのは女性である母親だったりしますが。
義弟さんの将来を考えたら義理のお母さんも心を鬼にして甘やかすのはやめて自立させないとだめですよね。
今回の件をきっかけに心を入れかえてくれるといいですね。大変だと思いますがご夫婦の生活を大切に、無理し過ぎないで下さいね。

Edit | Reply | 
Sat
2016.02.27
04:40

よっこたん #90LdKUd6

URL

風習が違うと・・

こんにちは~yukiさん(´^_^`)
コメントがご無沙汰になりごめんなさい(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン
毎日読み逃げ&応援ばかりでっ申し訳ないです(;_;)
楽しく拝見させていただいております。
毎日ご家族のために試行錯誤で美味しいレシピ
作られて私にはとても真似出来ませんガ━━(゚ω゚;)━━ン!
国が違うと風習が違い自分自身戸惑いやらいろいろ
悩むことも多々ですね~
日本では当たり前でも諸外国では全然違いますもんれ~
お義母様がお優しいからyukiさんも耐えられることも
多々なんですね!
上手く回ってyukiさんなりに奮闘されて頭が下がりますよ!
どんどん愚痴ってストレス発散してくださいね~
どこのご家庭もいろいろありますよ・・もちろん
我が家もですがでも自分が暗いと家庭が尚更
暗くなるので毎日明るくしてま~す!
yukiさん頑張れ~フレー!!(っ`・ω・´)っフレー!!

Edit | Reply | 
Sat
2016.02.27
20:44

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

Hさん

”一貫性がない”これが一番困りますね…
旦那様も、やはり自分の息子、可愛いく思えるからこそ、時にはコロッと変わってしまうのでしょうか。
うちも、絶対同じ屋根の下に暮らしたくない人たちです。
ましてやもういい歳ですよ。もうほんとパンツ洗いたくないですし!!
Hさんが協力するのも嫌な気持ち、とーっても分かります。

でも、この件で本当に小さい時からのしつけや繰り返しって大事だなと思いました。
それが積もり積もって、この結果が生まれたんだとしか言えません。
もう、うち本当に放任ですもん。
甥っ子も、義弟も、好きなことさせてます。
義姉も義母も何も言わないから、私が言ったとしても聞くはずがありません。

旦那はじめ家族はみんな、口をそろえて、「親がこんなに真面目に生きているのに、子どもがなぜこんなに非行に走るのか、全く理解できない!」と言います。
でも、私にはすごく理解できてしまうんですよね…
男に関しては、本当に好き放題させていますもん。
でも、そんなこと義母には言えないので…気づいてほしいけど、はがゆいです。

息子さんも、この先心配ですよね。
実は私も、一番上の甥っ子のする行動・状況がHさんの旦那様の息子さんに似ているかも…と思ったことがあり、他人事ではない気がしていました。
彼も4年ほど前に両親が離婚し、再婚し…それ以来破壊的な行動が激しくて、手がつけられない状態になってるんです。
彼は義弟たちと親しいので、彼らの悪い姿を手本にしているところもあって、本当に義弟そっくりです。。
親の話も聞けないし学校の先生にも「学校に来るな」と言われるほど、生活態度が悪いのに、このまま大きくなって仕事も見つかるわけがないし・・・。
どうするのでしょう。本当に心配です。

ともかく、義母が気持ちを改めてくれること、それだけを祈ります…。
コメントありがとうございます^-^!

Edit | Reply | 
Sat
2016.02.27
21:03

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

ちょしっちさん

はじめまして。
こちらこそ、いつも楽しくブログを拝見させていただいていました。
イギリスのご近所さんとの兼ね合いとか、難しそうなところがあるな~と思ったり、日本に帰省されていたときや旅行の記事も楽しく読ませてもらっていました。

ムスリムの男性はやはり甘やかされて育っている人が多いのですね…。
私も義母が義弟たちに対して、「仕事を探せ!」と怒っているわりに、食事や身の回りの世話を何から何まですべてしていたり…
こんならちのあかない態度を見ていたら、そりゃ自立は無理だろ。って何度思ったことか。
「食事を作らなければ、食べるものがなくひもじい思いをさせてしまう」と考えていたそうですが…もう20代後半の男たちですよ!
働いて、親のために金銭的にも協力しているのが普通!

ちょっと普通の感覚じゃないな、と思うのですが・・・
でも義母は「親がこれだけ全うに暮らしているのに、どうして子どもはこうなのか?!」とずっと嘆いていますので、おそらく自分の育て方が悪かったとは思っていないような気がします。
そこが大変だな~という気もしますが。

おそらく、モロッコ人にとってはこういう育て方が普通なのだと思います。
悪さをいくらしても、見放すことはないんだと思います。
私には考えられませんが…
私も、これから義母をもっと手伝っていきたいと思いますが…色々な負担が、義弟や義姉の再婚相手のせいだと思うと腹立たしいところでもあります。
ムリせず、ほどほどに付き合っていかなければやっていけませんね。
コメントありがとうございます。




Edit | Reply | 
Sat
2016.02.27
21:14

yuki #-

URL

Re: 風習が違うと・・

よっこたんさん

コメントありがとうございます。
忙しいのに、いつも読んでくださっているだけ感謝です…!
コメントなんて全然なくてかまわないのですよ。
いつも応援してくださってありがとうございます。
私も最近は時間がなくなかなかコメントができていませんが、すみません。
いつもワンズちゃんたちやお孫さんの可愛い写真に癒され、ブログ楽しく拝見させてもらっています!

よっこたんさんこそ、まさに、私以上に大変な状況ですよね。
女一人で、すべて責任をもってこなされていて…
それなのに、ブログにはグチも書かず、すごいなぁと思います(>_<)!
どんなに悩みがあっても、明るく、楽しくをモットーとしていて。見習いたいです(>_<)
私なんて、義弟たちのことを考えるとしょっちゅうイライラして、機会を見つけては彼らの洗濯物をバシバシ叩いてストレス発散したりしていますよ。←これナイショ♪苦笑
でも本当に疲れますよね~!
少ない時間をこうしていつもブログ訪問に来てくださって、本当に感謝です。
体調崩されないでね、よっこたんさん、応援しています!!

Edit | Reply | 
Sun
2016.02.28
10:32

矢田@医療職兼業トレーダー #-

URL

急にパンが食べたくなりました。
よだれが止まりません^^
応援しておきました。ポチッ

Edit | Reply | 
Sun
2016.02.28
14:28

ブルーベリー #-

URL

パスワードを知らないので、この記事の概略説明のみで、コメさせて頂いていますが、まずはお義母さまが大事なくてよかったです。

ムスリムの男性が甘やかされて育つ。。。というよりもムスリムの女性の地位が低いのだと思います。
ご存じの通り、イギリスには、パキスタン系のムスリムの人達が大勢住んでいますが、彼らの世界では、女性の地位は低く、家事をするのは当たり前、そして、何世代もの同居も当たり前なので、その人達のお世話をするのも当たり前とされているようです。

結婚もアレンジドマリッジといって、面識もない人に嫁がされるというような慣習もまだ残っています。

また、イギリスでは、ニュースなどで取り上げられるDVも、ムスリム社会のケースが大多数を占めています。
昨年、イギリスでは、ムスリム男性たちが、家族と問題があって家出をしたりしている白人少女たちを虐待、売春させたりしていたとして、大問題になりました。

それでも最近では状況も変わってきていて、ムスリムの男性の意識がというよりも、ムスリムの女性の意識が変わり、<声>を出して主張をするようになりました。
大学に行きキャリアを追ったり、もっといい意味で、<自由>を追求するムスリムの女性が増えてきているようです。

yukiさんも家族というしがらみの中で色々と大変だとは思いますが、一線をひけるところでは一線をひいて、優しいだんな様との生活をまずは大事にしていって下さいね。☆

Edit | Reply | 
Sun
2016.02.28
14:32

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Sun
2016.02.28
22:39

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

矢田@医療職兼業トレーダーさん


コメントありがとうございます。
応援してくださって感謝です!

Edit | Reply | 
Sun
2016.02.28
23:09

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

ブルーベリーさん

やはりムスリム、それも古くからの慣習が残っているところでは、特に女性の地位が低いのですね。
虐待なんて、ひどいですよね…でもこれも、女性が尽くし、男性は家庭をあまりかえりみないという風習がさせた結果だと言えなくもないですよね。

そこまではいかないとしても、義姉妹たちは家族の世話を何から何までしているし、本当に地道に働きしっかりしているので、義弟たちとの差を感じずにはいられません。
義母も、自分が子どものころは、家族や甥っ子の世話をほとんど長女の自分一人で背負ってきたと言っていました。

今は男性も育児や家事に参加してもいいと思いますし、少しずつ変わってきてもいいのではないかと思います。
なかなか今までの慣習を変えることは難しいのも分かります。
ですが、そういう習わしが今後引き起こすであろう悪い部分にも目を止めてほしいな…と思います。

コメントありがとうございます!

Edit | Reply | 
Sun
2016.02.28
23:28

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

Sさん

> 長年積み上げて作り上げてきてしまった関係を変えるということは,きっととても難しい事なのだろうなと感じました。まして,お義母様においては,数十年そうした考えの中に身を置き,その中で一所懸命だっただけに,今の苦しみと「何故こうなった?」の気持ちは一層お強いのだろうなと思いました。
> 本当に,「方向が違うという」その一点が,第三者から見て心苦しいですね。
> yukiさんのおっしゃる通り,繰り返し,繰り返し,色々な場面を通じながら「生き方」を教え伝えていくものなのだろう,と思います。

まさに、その通りです…
義母にとっては、今までこれが正しいと思って尽くしてきた結果、このような事件が起こり
「なぜこうなったのか理解できない」という思いでいっそう苦しいのだと思います。

第三者の私からすると、不自然・一方通行に思えてしまっていた義母の義弟に対する対応…
これにも、全く気付いていない義母がいます。
女性だって男性に諸々のことを手伝わせて当然だと思いますが…義母の概念にはそのような文字はない、そこが苦しいです。

旦那も家事、身の回りのこと、全くできませんが、頼むとやってくれる優しいところはあるので助かっています。
それに、一度ウーフをした経験から、一人で生きていくすべも義弟たちと比べると断然持っていると思います。
甥っ子が兄弟で性格が全く違うように、旦那も義弟と比べると本当に違います。

Sさんの言われるように、一番上の甥っ子も、破壊的な行動ばかりですが、本当はさびしい、かまってほしいのだと思います。
旦那は「なぜ彼はああなのか、全く理解できない」と言い、彼のことをとにかく嫌い、突っぱねてしまいます。(旦那は義弟に対する態度もまた同じです)
でも、本当はもっと受け入れてほしいなと思うのです。
旦那がこう突っぱねてしまうので、彼は余計、旦那より義弟の方に行ってしまい、義弟とばかり仲良くしています。
もう少し旦那と近ければ、彼も変わっていただろうに…という残念な気もするのです。

今はまた元のような義母の笑顔が見たいなと思ってしまいます。
どうか義母が一日も早く、気持ちを新たに回復してくれることを祈ります。
余計な事など、とんでもないです。いつもコメントありがとうございます!


Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。