ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2017年8月に元気な男児出産、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

7月からフランスでレジ袋が消える!完全禁止に!

 03, 2016 10:15
the-great-pacific-garbage-patch_51eff7d49055a.png


世の中に今あふれているプラスチック。
世界では、1分間で約200万枚のプラスチック製のレジ袋が使い捨てされているそう。


海流の関係で、アメリカやアジアのごみが、ミッドウェーあたりに集まるそうです。(ちょうど地図の真ん中あたり。日本の東南の位置。)
そこにはプラスティックをエサだと思って食べた鳥や魚が・・・
大量に亡くなり、死骸があふれているそうです。







この予告編を見て、びっくり仰天しました。
鳥のお腹を切り裂くと、ペットボトルのキャップ、ペンのキャップなど…
それはそれは、もうプラスティックの破片でいっぱいで。


このごみは大量すぎて、もう島のようになっているそう。



日本はどこのお店でも、簡単に袋をくれますし。
コンビニやスーパーに行っても、プラスティックのスプーンを簡単にもらえます。
買った商品が多めのときは、袋を2枚くれることだってあります。

…でも、ほんの、数分のためにしか使われないことだってある。


これって、フランスからしたらありえないです。


フランスでは日本のように、多くのスーパーは、ビニール袋をタダでくれません。
なので自分でエコバッグを持っていくのが習慣になっています。

doe-12.jpg


そもそも、レジ袋を粉々にしても、それが自然分解されるには地上では400年、海の中では1200年もかかるそう!
400年先といったら、私たちの子孫は…?環境は…?

このままとどまることなくレジ袋が生み出されたら、世界はゴミだらけ?
どうなっているんでしょう。


・・・


フランスでは、2016年7月1日から、プラスチックのビニール袋(レジ袋)の配布が完全に禁止されます。
※本当は来月(3月)からでしたが、延期になりました。
(こちらのニュース参考→L’interdiction des sacs plastique reportée au 1er juillet
再利用可能な袋のみ配布が可能になるそう。



7月からは、スーパーに行くのにも、エコバッグを持っていくのを忘れないようにしなければいけません。
これは一人ひとりの心がけ次第なのかも、という気もします。


消費者からしたら不便なことですが、環境にとってはいいことですよね。







マルシェバッグ、風呂敷バッグなど・・・
素敵なエコバッグを持ち歩くのもいいものですよ♪

日本も見習わなければと思わされますヽ( ´_`)丿



ランキングに参加しています。
下のプーちゃんをポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
段ボールは落ち着くにゃ~






こちらの記事、よろしければ拡散していただけると嬉しいです(*^^*)


関連記事
スポンサーサイト

Tag:フランスの法律 環境問題 おすすめ映画 ニュース ごみ問題

COMMENT 6

Wed
2016.02.03
11:40

pil #-

URL

こんにちは。
少し遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます。

ドイツでは、レジ袋が廃止されてからずいぶん経ちますが、野菜・果物売り場には、食品を分けて入れるためのビニール袋が常備されてます。
私もいつも利用していますが、「これもレジ袋同様、どうして廃止されないんだろう」と、思っていました。
フランスでは、そのビニール袋さえも廃止にするということなんでしょうか?
こういった試みが、どんどん広がればいいですね。

Edit | Reply | 
Wed
2016.02.03
13:06

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Wed
2016.02.03
19:59

HanaDaisy #c/WHnAiQ

URL

イギリスでは昨年の秋にほとんどのスーパーでレジ袋の無料配布がストップしました。
必要なら普通のレジ袋 5p 大きく分厚いデザイン性のある袋が 10pで購入出来ます。(まだ無料配布の所もありますが。。)

動画(映画)ショッキングですね><
これ程とは思っていませんでした。。。  
便利に対してその代償が大き過ぎますね!! 

ごみのポイ捨て等ももっての他ですよね。
釣り針や釣り糸に苦しむ水辺の生き物達も沢山います。

もっと生き物や環境に対しての配慮を個々で考えて行動しなく手はならないと 心を新たにしました。 


Edit | Reply | 
Wed
2016.02.03
23:05

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

pilさん

コメントありがとうございます!
さすが、ドイツはすでに国をあげて廃止になっていたのですね。

フランスでも、ほとんどのスーパーでレジ袋はすでに廃止されていて、再利用可能なバッグの販売に切り替わっています。
ですが、一部のお店ではまだレジ袋が浸透しています。

そういえば、そのpilさんがおっしゃる小さいビニール袋、もったいないですよね。
私もついつい利用してしまっていましたが、ほとんどの家庭では一瞬で捨ててしまうものかと…

フランスでは、おそらくその小さい袋さえも禁止になると思います(旦那いわく)。
国会でこのようなことが決まるなんて、ヨーロッパはすごいなと改めて思います^^

Edit | Reply | 
Wed
2016.02.03
23:25

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

Sさん

そうですね。
Sさんがおっしゃるように、消費するものすべてに、「最終的にはどこに行きつくのか…」と考えて買うことが大切ですね。
世の中本当に無駄な包装・パッケージにあふれています。
特にプラスチックはほぼ永久に自然に返ることはない!

レジ袋の破片をクラゲやイカだと思って間違って食べて死んでしまう海の生き物たちが後を絶たないそうです。
そしてそんな魚を私たちが食べているのですよね…


私も、携帯電話の金属、ダイアモンドを作ることの犠牲など、以前に聞いたことがあり、Sさんと同じような気持でいました。
現地の人の犠牲のうえに成り立っているものも本当に多いですね。

> どこかで人が泣いて苦しむのと引き換えに自分は安さを喜んで手に入れ,その分の浮いたお金でディズニーランドに行って楽しむことなど,できないな,と思うのです(例えば,ですが)。
> きっと本当は,もっと三里四方の物の中で足るを知り,小さな幸せを大切に生きていく生き方ができたらいいのに。

まさに、同感です。
私の言いたいことを代弁してくれたようです。

想像力って大事ですよね。
何も気にせず、他を犠牲にして、自分のことだけを考えるのって、簡単にできないな・・・って思うんです。

うちは、家族と使っているキッチンが1階と地下1階で違うのですが、家族はごみの分別も全くせず、生ごみにアルミホイルやプラスチックを入れたり、もうごちゃまぜで…
揚げ物に使った油も、もうそれはそれは大量に流しに流しています。
それを見た時、絶句でした。
時間がないのは分かるけど・・・もうちょっと考えられないのかなって。

物がどこから、どのようにして来ているのか
使い終わったら、どう責任をとるのか
ちょっとした一人ひとりの気持ちで、変わっていくことってあると思うのですが。
もうこのことを話し出したら愚痴が止まりません=3
人間って、時に罪な生き物だなと思います。

私もSさんとこのような話題をシェアできてうれしいです。
こちらこそ、色々と勉強させてほしいです。

Edit | Reply | 
Wed
2016.02.03
23:32

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

Hana Daisyさん

イギリスでも、ほとんどのお店でレジ袋はもう無料ではないのですね。
フランスと同じです。
ヨーロッパは環境問題については先進国なのかもしれませんね。

私もこの動画を見るまで、ミッドウェーにこのような場所があるとは知りませんでした。
ごみのポイ捨て…これも、大きな問題ですね。
私たち家庭から出たごみも、行きつくところを失ってしまっているのも問題ですね。

海にはビニール袋の切れ端がイカやクラゲのようにふわふわ浮いて流れていて…。
それをエサだと間違って食べ、死んでしまう鳥や魚が本当に多いそうです。

日本は、サービスだからとなんでも無料で与えすぎですね。
ヨーロッパのような国をあげての環境への取り組みも必要でしょうけど、一人ひとりの心がけが一番大事なのでしょうね。
共感していただいて嬉しかったです。ありがとうございます。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?