ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2016年11月また妊娠が発覚、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

庭のとんがりキャベツ、固いキャベツ、紫キャベツ、白菜。美味しい!

 09, 2016 23:20
16-01-21-14-44-43-989_deco.jpg

1月21日

この週は、雪がふっていたアルザス。
マイナス10℃くらいの気温で、外は霜だらけ。
ほうれん草の苗も、しおれてしまっていました。


ですが、それも1週間でおしまい。


16-01-25-13-13-39-403_deco.jpg

1月25日

先々週からまた暖かい陽気になりました!

1週間前はしんなりしてしまっていたほうれん草も、復活したのは驚きでした。
庭の野菜も凍ってしまっていたのに、キャベツ類は復活しました。


もう2月だというのに、ありえないくらい暖かいアルザスです。
そんな気温の変化にも耐えられる野菜たちってすごいですね。


20151125.jpg

11月25日

さて、我が家のキャベツたちも頑張ってくれています。

今年はキャベツは、5種類、植えました!
とんがりキャベツ、固いキャベツ、紫キャベツ、ちりめんキャベツ、芽キャベツ、それに白菜(←フランスではキャベツの仲間)です。

ちりめんキャベツ以外は、ひょろひょろの死にそこないの苗を無料でもらったものでしたが・・・。
なんと、すこぶる元気に成長!


紫キャベツ20160203 

紫キャベツも収穫しました。
苗がひょろひょろで、失敗したな~と思ってましたが、しっかり巻いてくれました。


chou20151125⑤
2015年11月25日

こんな感じに、2玉できた苗もあったのに!


紫キャベツ20160205 
2016年2月5日

中身はきれいに巻いていたし、無農薬なのに虫もいなくてよかったです。



chou20151125②  
2015年11月25日

こちらはとんがりキャベツ↑↑
魔女の帽子のように先がとんがっています。

日本の柔らかいキャベツと同じ風味で、サラダや、お好み焼き、焼きそばなどに向いていて、美味しいです。


chou20160205② 
2016年2月5日

雪と霜にも負けず、一度は凍ったものの、復活しました!


chou 20160205① 

あら、こちらも2玉左右に別れました



chou20151125③
2015年11月25日

こちらは固いキャベツ↑↑
生では固すぎて食べられません。
煮たり焼いたりすると美味しいタイプ。

フランスでは固いこちらのキャベツが主流です。
これが、あま~くておいし~い

chou20160205③ 
2016年2月5日

外葉は虫にやられていますが、中はすごくきれいに巻いてるんですよ。


hakusai20151125②

2015年11月25日

白菜も、外葉は虫にやられまくりですが、中は信じられないくらいきれいに巻いています!

もう市販の白菜は買えないです~
白菜があまり好きではなかった旦那も、我が家の白菜のおいしさに、絶賛でした。


hakusai20160205.jpg 
2016年2月5日

ですが・・・

この霜にやられて、収穫が遅れてしまい、すべてとうが立ってしまいました。
外側の葉も腐ってきています。。

やはり防寒対策として、紐でくくるべきでした。
でも、中の部分はまだ美味しかったです。


20160122②

柔らかいキャベツを使って、わかめと和えました。
でも旦那はこういう和食の味付けが嫌いで・・・


20160122③

ダンナ用の、コールスローも作りました。

いつか、和食の味付けにも慣れてくれたらなぁ(T_T)


次回は、芽キャベツやちりめんキャベツの様子もアップします~♪(/・ω・)/ ♪


ランキングに参加しています。
下のプーちゃんをポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

Tag:家庭菜園 フランスで野菜作り フランスの野菜 秋冬野菜 キャベツ 白菜 ビーガンレシピ

COMMENT 6

Wed
2016.02.10
04:24

かずさん #-

URL

YUKIさん、慣れない土地で天候不順のなかこんなに立派なお野菜を作ったなんて
本当にすごいです。近くで家庭菜園している方々が、難しいと言っているのに、
みんなきれいに巻いていますよね。感動してしまいます。YUKIさんの才能と、家族に
対する愛情(健康もふくめてね)がなせるわざでしょうね。すばらしい映像と記事を
ありがとう♪♪

Edit | Reply | 
Wed
2016.02.10
05:42

あんこ #-

URL

すごーい!! 紫がきれいなキャベツですね。

釧路もあと3か月もすれば 野菜の苗が店頭に並ぶはず。。

でも 私的に今年はお引越ししたい(転勤)と主人に話しています。


なので 7月に転勤があると 今年は野菜やお花は育てられないかも。


希望は お庭付きの一軒家♪

家賃が問題ですが~~~^^:

Edit | Reply | 
Wed
2016.02.10
12:45

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

かずさん

コメントありがとうございます。
今回は、畝をとても高く作ったので、根っこがじゅうぶん伸びれてよかったのかもしれません。
もっと見た目をきれいに作れたらよかったんですが^^;
雑草も特に気にしてないし^^;、一度土寄せ&追肥した以外はほぼ水やりもせず放任主義でしたが、これも自然のパワーですね。
たくさんのみみずさんたちのおかげです。
私は、お花は全くうまく育てられないので、いつもかずさんのお花たちを見てほれぼれしています^-^!

Edit | Reply | 
Wed
2016.02.10
12:50

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

あんこさん

釧路もあと3か月ですか・・・待ち遠しいですね。
アルザスは今年は暖冬でしたが、毎年冬は本当に暗くて陰鬱です。
北海道の方たちが春がいかに待ち遠しいか、とても分かります^^

お引越ししたら、庭があると最高ですね♪
やっぱり、プランターで作っても、庭の作物にはかないません。
根っこの張りが違うのでしょうね。
あんこさんならきっちり作物を管理して、素敵なお庭を作られるでしょうね~!

Edit | Reply | 
Wed
2016.02.10
13:07

ブルーベリー #-

URL

yukiさん、すごいなぁ~、冬の間もちゃんと野菜を育てているなんて。
(私は、イギリスの寒くて暗い冬の間は、腰が重たくなってしまいます。)(笑)

それにしても、見事な紫キャベツ。
私はコールスローは紫キャベツを使っています。

だんな様は、おしょうゆ系が苦手なのかな?
美味しいのにね。(笑)

↓うふふ、分かりますよ~。イギリス人の中にも、中国人、日本人、韓国人、台湾人、そこら辺は全部チャイニーズっていう人いますよ。(笑)
そういう人達には、イギリス人とフランス人、ドイツ人って違うでしょう?ってよく言ってやります。
たま~に、ニイハオとか挨拶されたりもしますよ。(笑)

Edit | Reply | 
Wed
2016.02.10
18:48

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

ブルーベリーさん

秋冬野菜は、特に手入れしてないんです。
夏の終わりにちゃちゃっと植えたら、あとは放任なのですよ~。
冬場は収穫のみ。助かりますよ^^

市場に出回っている野菜は、どう育っているか分からないですからね。
自分で育てた野菜が、確実に健康にいいです!

紫キャベツのコールスロー、美味しいですよね♡
私も、紫キャベツといったら、コールスローしかレシピがなくて…
パンに挟むのが好きですし、お弁当の彩りにもなりますね。

なぜか欧米ではアジア人まとめてチャイニーズなんですよね~。
もう中国人よばわりされるのはたくさんです(>_<)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?