ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2017年8月に元気な男児出産、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

義母のべとべと料理を食べないで…旬の野菜たっぷり晩ご飯。

 22, 2016 20:53
今日は珍しく一日に2回目のブログです。


昨日の晩ごはんのテーマは”旬の野菜たっぷり”。

ダンナからのリクエストで「今晩は野菜がいっぱい食べたい」と。


16-01-19-19-40-05-516_deco.jpg

献立は
串カツ、堅豆腐のステーキ、クリームシチュー、揚ナスおろしポン酢、ポテトサラダ、かぼちゃの黒ゴマソース
うち半分は昨日の残りですが…
クリームシチューは、小麦粉を使わず、根菜をミキサーにかけてとろみをつけています。


国際結婚はなんせ、食の好みが違うので、それぞれ2人分のメニューを作らないといけないのが面倒です!

私は油ものを控えているので、串カツはダンナ用。
クリームシチューだって、牛乳仕様(旦那)と豆乳仕様(私)と2種類。



とにかく旦那は、油のない料理なんて考えられないので…和え物なども、絶対マヨネーズが必須。
ごま和えなども、上からマヨネーズをかける!
コロッケなど作っても、マヨネーズをかける!

なるべくマヨネーズを控えてほしい、と話したら、少しの期間控えてくれていたんですが、最近また義母のオイリーな料理をちょくちょく食べるようになって、それ以来またマヨ三昧が始まった・・・


義母の料理、油でギトギト
なんだろ、もう油の量がはんぱないんです。
炒めるときも、油大さじ1とかじゃなくて、もう1カップ、みたいな。

旦那の健康を気にする私は、「なるべく義母の作った料理を食べてほしくない」と言っています。
なので旦那も最近は義母の料理にあまり手を付けていなかったんですが・・・

義母は逆にそれを心配して、最近すぐ「これ食べろ」「あれ食べろ」と持ってくるそうで…。
今日は一日に2回も義母のべとべと料理を食べていた!

旦那がちょっとでも痩せようものなら、心配してとにかくカロリーのある食事(野菜はほとんどなし)を食べさせる義母…
カロリーより栄養だろって思うけど。

油について、日本人とは価値観が違うのかもなぁ・・・。


ヴィーガンアップルストゥーセルケーキ⑪

おやつにベリーストゥーセルケーキを焼きました。
このケーキ、家族にすごく人気。
前回も紹介した、アップルストゥーセルケーキのりんごを冷凍ベリーミックスに変えただけ。
またレシピも次回アップしますね。




ランキングに参加しています。
下のプーちゃんをポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
段ボールは落ち着くにゃ~






関連記事
スポンサーサイト

Tag:夕食の献立 串カツ 国際結婚 弁当 サンドイッチ 夫の愚痴 ビーガンデザート シチュー ケーキ

COMMENT - 8

Sat
2016.01.23
01:06

HanaDaisy #c/WHnAiQ

URL

永年の食生活を変えるのって本当に難しいですよね!
家の夫も私が居なかったら全く野菜食べないんじゃないかしら><

炭水化物 砂糖 油 かろうじて 果物&ナッツ
みたいな。。

yukiさんの場合は沢山のご家族と一緒だから余計に大変ですよね^^;

Edit | Reply | 
Sat
2016.01.23
08:30

かずさん #-

URL

ご主人の体は心配だし、長年の習慣を変えるのは大変なことだし・・・
でも、上手に頑張ってね!
以前レシピの載ってたクリームコロッケ作ったのよ。
とってもおいしくできました。
yukiさん日本にいる頃、北あかりというじゃがいもあったかしら?
私は数年前に知ったのですが、じゃがいもの中で一番クリーミーなの。
それ使ってみたらなかなかいい感じでした。
素適なレシピ、ありがとうございました!

Edit | Reply | 
Sat
2016.01.23
13:54

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Sat
2016.01.23
17:56

Yuima #-

URL

国際結婚ならでは・・

好みや食文化が違うと大変ですよね。特に健康に関係すると、心配も尚更です。
私の家は本当にラッキーで、夫は和食がアメリカンよりも断然好きなので、とても楽な思いをさせてもらっています。
付き合って最初の頃よりも夫の味覚も変わってきてしまったようで、いまでは久しぶりに義母のところで出る料理やケーキを食べると胸焼けがするようになってしまいました(これはいいのだか悪いんだか・・・)。アメリカでは(ようやく)最近カロリー<ヘルシーの健康志向がどんどん高まってきているのですが、フランスではどうなのでしょうか?

Edit | Reply | 
Sat
2016.01.23
21:58

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

Hana Daisyさん

そうなんです。
欧米人って、さっぱり料理よりこってり料理の方が好きな傾向がありますよね(>_<)
うちも、私がいなかったら、炭水化物、油、砂糖、乳製品のみ食べてますよ~。苦笑

周り(家族)全員がそっち好みなので、和食は家族にはまったく受け入れられません("^ω^)・・・
和食を作っても全く手を付けず残されるだけだし、まず作りませんが。
こちらには中華系のレストランがけっこうあって、家族はまだ中華系の料理には慣れているので、いつも作るのは中華が多いです。
なので家族は中国料理イコール日本食だと思っているようです。。。

昔からそういった料理で育ってきていたら、なおさら大人になってから変えるのも難しいですよね!

Edit | Reply | 
Sat
2016.01.23
22:05

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

かずさん

コメントありがとうございます。
コロッケさっそく作ってくださったんですね!
美味しくできてよかったです~(*´∀`*)
北あかりで作るとは・・・それは新たな気づきです!最高に美味しそうですね~。

旦那はあのコロッケにもマヨネーズをつけるんですよ。
普通つけるか~?って思うんですが…
ケチャップならわかるけど…味覚が全く違うのでしょうね。
徐々に徐々に、油を減らした料理にシフトするしかないかな~って思ってます^^;

Edit | Reply | 
Sat
2016.01.23
22:21

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

Sさん

そのお気持ち、よく分かります(>_<)
義母も、添加物や油、肉乳製品卵・・・とにかく原材料はほとんどこだわりなく買っていて。
もうお砂糖に関してはとくにドッサリ、義妹や甥っ子たちはコーラを水代わりに飲んでいますから…コーラや炭酸飲料がないとイライラしている様子もありますし、きっと砂糖がなければ生きていけない人たちだと思うんです。
もちろん、義母が与えているため家族全員が砂糖たっぷりの味に慣れています。

本人は、それが普通だと思っているから、今更否定するようなことも言えなくて。。。それがはがゆいですよね。
こういうことは小さいときに慣らしてしまうと、大人になってから治すのが大変!!って痛感しています。

それはそうと、Sさん、震災では苦労されたのですね…。
私も、あのときは食べるものひとつ、無我夢中でいろんなことを調べていたり、その影響で海外に移住することも決めたようなものですから…
放射能の影響を避けられ、実際に住む場所も変えられたSさんのお気持ちもお察しします。

とにかく、この件ではいつか家族も気づいてほしいとは思いますが、いまさら無理だと思うのであきらめるしかないですよね。
私も物理的に離れていたら、楽だろう…とは思います(T_T)

Edit | Reply | 
Sat
2016.01.23
22:28

yuki #-

URL

Re: 国際結婚ならでは・・

Yuimaさん

和食好きの旦那さま、うらやましいです・・・
そちらでは日本食を食べる機会も少なくはないのかな?こちらは、日本食を食べる機会(レストランなど)なんて全くないので、家族全員和食の味を知りません^^;
旦那さま、胸やけがするようになったとのこと、いいことなんじゃないでしょうか^ー^
うちの旦那も私の料理に少しずつ慣れてきているので、最近は義母の料理が油っこいと感じるようになっているようですが…でもたまに食べたくなるときがあるようです。
ですがこないだも、久しぶりに義母の作った料理と義妹の作ったケーキを食べたあと、下痢していました。

旦那いわく、義母(モロッコ人)は、”太っているイコール健康”、と思っているそうです。
なのでとにかくカロリーをつけようとするんです…この価値観の違いをただすのは、到底無理そうです(ーー;)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。