ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2016年11月また妊娠が発覚、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

ハラールの肉から、オーガニックの肉に方向転換?

 10, 2016 13:38
昨日は昼から旦那と買い物に行ったのですが、今フランスはソールド中。
もう道行く道、車、車、車!!
みんな、そろってこの安い時期に買いに行くし、土曜ということもあってもう大渋滞。
我が家は、いつも通り食料品を買っただけでしたが、すごい渋滞に巻き込まれました…


その車中で、”肉を買いに、アフリカ系の店に行くかどうか”を話していたところ…旦那とちょっとした口論?議論?になり。

私が
「なぜあなた(旦那)はいつもハラールの肉を選ぶの?もし宗教が平和につながるなら、オーガニックの肉を買ったほうがよほどいいのじゃないか?」
と尋ねたんです。

halal mark
各国のハラル(HALAL)認証マーク


ハラールフードとは…イスラム教の律法にのっとた食べ物のこと。
ハラールマークのついた肉だけをイスラム教徒は食べることができます。


旦那はイスラム教を信じているわけではないけど、母親がムスリムなので、体裁を気にしてか、いつもハラールの肉を買いに行っています。


オーガニックのチキンは、飼育環境にも一定の基準があり、飼料も安全なものを使い育てられています。
その点、ハラールのチキンは、動物にとっての環境や飼料など関係なく育てられ、”清潔”という意味においては一定の基準があるようですが、その他はただイスラムの教えにのっとった環境で殺傷する、という所が違います。

デビーク
くちばしをカットする、「デビーク」↑

狭い鶏舎で、何百羽もぎゅうぎゅうに押し込められた状態で育てられたり…
鶏同志の摩擦を防ぐため、くちばしを麻酔なしでカットされたり。
病気の感染を防ぐために多くの抗生物質や抗菌剤など、
短期間で多くを出荷させるため、成長促進剤やホルモン剤など、を飼料に混ぜたりもします。



旦那は、
「いや、僕はハラールの肉だけしか買うことができない、できないんだ!」
と考えを変えようとしません。

でもダンナ、いつも日本に行ったときは、ハラールかどうか気にせず、普通に鶏肉も牛肉も食べているんです

「結局あなたは何に固執しているの?」
と、そういう疑問がぐるぐるわいてきて。

私が
「ハラールは、動物の飼育環境や、飼料も関係なしに育てられているでしょう?それにビオの肉の方が健康にもいいんじゃない?」
と尋ねるものの、最初は「他の店からは買えない」の一点張り。



私は以前「イーティング・アニマル」という本で、ハラールの肉として売られてあっても、現場で働いているものはお祈りもしなかったり、動物を殴ったりけったり、むごい仕打ちをしている人間もたくさんいると…読んだことがあり。

「ただハラールマークをつけていれば、たくさんのイスラム教の人間が買うので、そうした方が儲かる。そこにつけこんで、生産を増やすだけ増やして、実際は工場式畜産だったり、裏では何をしているか分からない。。。ハラールは表面だけのことでしょう?」
と説明すると、旦那は「それもそうかもしれない」と…。


結局、動物の健康や幸福なんてかえりみず、劣悪な環境で育てられ、そして殺された動物を食べていることにも、何の気持ちも持たないのだから。
ビオのチキンの方が、鶏にとっても、人間にとっても、幸せなことに変わりはないはずです。


だんだん旦那は
「そうだなぁ…それもそうだな」
と、理解を示すようになり。

「わかった。次からは、オーガニックショップで、ビオのチキンを買うようにするよ」
と言ってくれました。


「ベジタリアンやヴィーガンにはなれないけど、”宗教を守るより、倫理的、人道的なことに配慮してほしい…”という私の意見も理解することができるし、私が傷つくようなことはしたくないから、もし私が傷つくなら、肉は食べなくてもいい」
とまで言ってくれたので、よかったです。
(もちろん、肉を食べるな、とは言いませんが…)

20160107.jpg
旦那が豆腐やソイミートを食べれたらいいんだけど…豆アレルギーで(T_T)


でも、ビオのお肉はすんごく値段がする!!
昨日も見に行ったけど、普通のお肉の倍くらいしました。

なので、これからはしょちゅう買えないかな…

・・・・
と思っていたら、ビオショップで旦那が5ユーロする、うっすい1cmくらいのチーズ買ってて唖然とした

「それ、肉とおんなじ値段だよ」
と言ったら、びっくりしてましたが。
味見させてもらって、”そこまで美味しくない(本人いわく)”と思ったのに、なぜカゴに入れる??
値段くらい見ようや


家計と相談してください。

旦那の教育も…難しい問題ですヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


ランキングに参加しています。
下のプーちゃんをポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
段ボールは落ち着くにゃ~




関連記事
スポンサーサイト

Tag:ハラルフード イスラム教 屠畜 オーガニック ビオショップ 食生活

COMMENT - 2

Sun
2016.01.10
23:21

あんこ #-

URL

ハラール・・こんな私でも聞いたことがある言葉。

食事全般 食器や調理器具もハラール以外の食材を調理したものは使っちゃダメでした

よね。

あ~ でも ご主人と同じように日本に観光に来た方がお国ではハラール生活なのに

日本のラーメンとかを美味しいと言って食べているのを「それ食べていいの?」と

突っ込まれているのをTVで観て 「おいおい」って突っ込んでしまったよ。

でも 戒律を厳しく重んじる方は多いんでしょうね。

Edit | Reply | 
Mon
2016.01.11
14:39

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

あんこさん

甥っ子は、日本に来たときも、「ハラールじゃない肉は食べない」と、ほぼベジタリアンのような生活をしていましたが、旦那は日本では、全く関係なしにほいほい食べていました…
それなのに、フランスではこの店の肉しか買えない!って、結局、何を信じてるのかさっぱりで(>_<;)
きっと、家族の手前、もしハラールじゃない肉が冷凍庫にあるのが見つかったら、ややこしいことになる…と気遣っていたのかもしれませんが。
私も詳しくは知りませんが、豚肉やアルコールのない場所で調理するとか…いろいろ規制はあるそうですね。
私は、規律を厳しく重んじるより、話しの通じる、柔軟な考え方ができる人でよかったと思いましたが…人によっていろいろなのでしょうね。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。