ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2017年8月に元気な男児出産、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

フランスで栗の渋皮煮☆レシピ

 09, 2016 14:05
フランスは、栗の名産地。

フランスには、マロニエ(Marronnier)の木と、シャテニエ(châtaignier)の木があり、マロニエの木の実は食べられません。
20150920④
こちらが、マロニエの木 マロニエの木は街路樹でもおなじみです。
でも食べられないので、要注意~。

grand frais20150926④grand frais20150926⑤
フランスでは、早くて8月下旬くらいから、栗が売り出されます。(詳しくはこちらの記事にも書きました)
もうすでに蒸してある栗の瓶詰めやマロンペーストなども、スーパーによく並んでいます。


渋皮煮20151223

今回は、ドイツに行ったときに買った栗で、渋皮煮を作りました

ヨーロッパの栗は皮が薄いのかな?
すぐ柔らかくなりましたよ。


★栗の渋皮煮のレシピ★

<材料>

栗  1kg
重層  大さじ1×2回分
砂糖  500g(私のは甘さ控えめです)

<作り方>

①栗を皮ごと水に一晩つけておく。
②渋皮を傷つけないように鬼皮をむく。
③鍋にたっぷりの水と栗と重層を入れて15分ほど弱火で、栗を躍らせないように煮る。
④水をいれかえ、表面の渋皮を指でこすったり、つまようじなどで取り除く。
⑤③、④をもう一度繰り返す。
⑥鍋に栗と砂糖を入れ、砂糖がとけるまで温める。
⑦翌日、栗から水があがってくるので、びんなどに詰めてなじませてできあがり。


私は甘いものはそれほど好きではないのですが、家族がとても気に入ったよう。
義母にもひと瓶渡しましたが、「美味しすぎて、つまみだしたら止まらない!」とすぐ食べてしまったそうです。
旦那もとても気に入って、「早くまた作って」と急かされています


重層
重層はフランス語で、「Bicarbonate de soude」。
ビオショップで買いましたが、大きいスーパーにもたいてい売っています。
コンロの焦げ付き、黒ずみを取りたいとき、シンク磨きなど、掃除にも使えるし、重宝しています。



サバトン:マロンエトフェ 430g瓶【常温/全温度帯可】

フランスの栗の名産地として有名なアルディッシュ地方で創業から100年以上かけマロン製品を生産している老舗のサバトン(SABATON)社の栗の蒸し煮。
日本でも購入できますよ


ランキングに参加しています。
下のプーちゃんをポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
段ボールは落ち着くにゃ~






関連記事
スポンサーサイト

Tag: 渋皮煮 フランスの野菜 買い物 スーパー マロングラッセ サバトン お土産 ビーガンレシピ

COMMENT 10

Sat
2016.01.09
22:11

おしゃま #7JZfjjgM

URL

栗の渋皮煮、おいしいですよね。栗が取れると、ときどき祖母が作ってくれました。大量につくるのに、やはりあっという間に食べつくしてしまいます(^_^;)
重曹は私も重宝しています。水筒についた茶渋がなかなか落ちなくて困っていたのですが、重曹を使ってみたらあっという間にきれいになって感動しました。便利ですよね♪

Edit | Reply | 
Sun
2016.01.10
00:41

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Sun
2016.01.10
04:02

よっこたん #ZMnQA7pQ

URL

ありがとう(*^◯^*)

こんにちばyukiさん(^-^)
今日はご心配お掛け致しました(^_^;)
悠希も夕方退院出来そうです✌️
成人式のお客様も終わり次のお仕事まで
少し時間があるのでスマホからねコメント書いてます!
また改めて御訪問させていただきますね (*^◯^*)
何時もありがとうございます(*^o^*)

Edit | Reply | 
Sun
2016.01.10
08:44

山麓 #w4Ib0zSU

URL

昨秋は私の住まいの辺りでも,木の実が豊富で,とりわけ栗と胡桃がたくさん手に入りました。散歩に行って袋一杯に持ち帰ってくるといった具合でした。
自然の恵みをお散歩で拾って帰ってくるなんて,とても幸せですよね。
ところで最近,よく行くスーパーにサバトン社のマロンペースト(←久しぶりに見ました)が売られているのを見つけ,近々モンブランを作ろうと考えていたところです。なので,この記事の写真を見て,嬉しくなりました(^o^)。
yukiさんは胡桃をどんな風にお使いになりますか?私は拾ってきた胡桃をまだ食べていないのですが,胡桃和え以外にどうやって楽しもうかなあ,と思案中です。

Edit | Reply | 
Sun
2016.01.10
13:08

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

おしゃまさん

栗の渋皮煮は美味しいですよね。
うちの家族はいつも栗はゆでてそのまま食べていたそうで、渋皮煮は初めて食べたそうです。
フランスではメジャーではないのかもしれません。
旦那と義母はすごく美味しいと言っていましたが、甥っ子たちは見た目がグロテスクなので、食べようとしませんでしたが…
おしゃまさんのところはお祖母さんが作ってくれていたんですね。
今は栗もお店であまり見かけなくなってきたので、また来年作りたいと思います^-^

Edit | Reply | 
Sun
2016.01.10
13:12

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

Kさん

コメントありがとうございます。
マロニエのお花までご存じとは…さすがKさん!
栗は、一晩水に浸しておくか、お湯に数時間つけるかすると、柔らかくなり鬼皮がむきやすいですよ^^
もう栗の時期は終わりに近づいていますが…1か月前に作ったのを、アップしました。
リンク、ありがとうございます。大歓迎です(^-^)/
これからも、こちらこそどうぞよろしくお願いします!

Edit | Reply | 
Sun
2016.01.10
13:16

yuki #-

URL

Re: ありがとう(*^◯^*)

よっこたんさん

成人式お疲れさまでしたー^^
よっこたんさんのお仕事は美容関係かな?と想像しています。すごいですね~!
悠季くん心配でしたね。
退院して早くおうちでゆっくりできるといいですね。
いつも忙しいのにこちらこそ訪問ありがとうございます^-^

Edit | Reply | 
Sun
2016.01.10
13:23

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

山麓さん

山麓さんの地域も栗やクルミがたくさんとれたのですね^^
うちも、胡桃は特にたくさん採れて、まだまだ地下に段ボール箱5箱くらい残っています^^;
うちは胡桃はほとんどお菓子に入れることが多いです。
あと、胡桃入りのパンを義母が作ったりもします。
それと最近私も旦那もキヌアサラダにはまっていて、カシューナッツや胡桃などのナッツを入れるとコクがでてとても美味しいです。
胡桃のごま和え!いいですね。
私も作ってみようと思います^-^いい情報ありがとうございます。

Edit | Reply | 
Mon
2016.01.11
00:43

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Mon
2016.01.11
14:40

yuki #-

URL

Re: ありがとうございます

Kさん

こちらこそ、どうもありがとうございます^-^

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?