ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2016年11月また妊娠が発覚、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

プーちゃんへの手紙

 24, 2015 13:38
みなさま、心配おかけしてすみません。
コメントくださった方々のメッセージもありがたく、涙しながら読ませていただきました。
色々心配してくださった皆さまには本当に感謝しています。
また、お返事しますので、少々お待ちください。

・・・・


15-11-24-09-22-27-844_deco.jpg


プーは、フランスにも雪が舞うようになったこの寒い寒い季節、11月23日19:30(フランス時間)に、必死にもだえながら、カーッと目と口を開いたまま、私と夫の見守るなか、お空へ逝ってしまいました。
足はもう動かず、両手だけをせいいっぱい動かして、最後まで、必死に生きようとしていました。


プーちゃんは、60匹も猫がいる小屋で、生まれたときからずっと暮らしていました。
本来なら、2009年に保健所で焼かれる運命だったこの子を、助けてくださった友人のTさん、尊い命を、本当にありがとうございました。
せっかくの命だったけど…
でも、結局は金儲けの利権にやられてしまいました。
今日は、普段は気づかなかった木々のさえずりや、小さな小鳥さえを見ても、とても愛おしく思えます。


15-11-24-09-26-27-361_deco.jpg

プーちゃんへ・・・


失うことになりはじめて、あたながどれだけ私の生活を幸せにしてくれていたかが分かりました
昨日までのわたしは、本当に幸せだったよ
いま、本当にあなたかいなくてさみしいです
たくさん感謝しているから、おねがいだから、戻ってきてよ

これからあなたがいない生活をどう暮らしていったらいいのか、分かりません
わたしにとって、あなたは当たり前にいる太陽のような存在でした
いつも一緒に笑っていたかった

今日も、いつもどおり、朝あなたをまず確認しようとしてしまったよ…
部屋に入ったときも、まずあなたを探そうとしてしまったよ…
5年以上培ったくせは直らないね


4日前に、美味しくて高い猫缶やカリカリやおやつ、肺炎のあたなのために、砂ぼこりのたたないトイレの砂、たくさん買ったばかりなのにね。
喜んでほしかったよ

無理やりお水を飲ませちゃって、ごめんね
もう薬なんて飲ませないから、怖がらないで
安心して、たくさん眠ってね
また一緒にお布団に入りたいね


本当に私にはもったいなすぎるくらい、優しくていいこだったよ
でも、正直なところ、いいこかどうかなんて、関係なかった
あなた自身が、好きだったんだよ

流産も辛かったけど、それよりもっと、あなたを失うことは辛かったと気づいたよ
でもただひとつ
あなたも、私のしわあせをねがってくれているなら、頑張ろうかなって思える

一緒に、フランスに来てくれて、ありがとうね。


kumitopu.jpg
putopoko.jpg


天国で、大好きだったくみとポコに会えるといいね


明日は、庭にプーちゃんのお墓を作ろうと思います。
今晩は、あなたの亡骸を目に焼き付けます。


15-11-24-09-23-45-668_deco.jpg



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
下のプーちゃんをポチッと押していただけるととても嬉しいです。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 


 
関連記事
スポンサーサイト

Tag:猫の死 プー ペット 肺炎 髄膜炎 動物病院

COMMENT 13

Tue
2015.11.24
20:03

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Wed
2015.11.25
02:09

ふくちゃん #-

URL

プーちゃんンもyukiさんにかわいがられて幸せだったとおもいます。

Edit | Reply | 
Wed
2015.11.25
03:56

ポンママ #N2aTWGLw

URL

プーちゃん・・・
旅立ってしまったんですね。

おかけする言葉も見つかりませんが
どうぞ、お力落としのございませんように・・・
ママさんは本当によく頑張りました。

今はただ、プーちゃんが安らかに眠ってくれることを
心からお祈りいたします。

Edit | Reply | 
Wed
2015.11.25
11:04

よっこたん #90LdKUd6

URL

泣かないでね~きっと・・

こんばんわ~プーくんのこと残念です!

一杯喜びをくれたプーくんはきっとyukiさんに
感謝してると思います。
わんにゃんちゃん達にとって飼い主さんが
辛くしてると余計辛いんですって!
だからありがとう~の気持ちで虹の橋へ
おくってあげてくださいね~
飼い主さんが幸せになってくれることが
一番の喜びだそうです!
でも・・・プーくんのご冥福を心からお祈り致します。

Edit | Reply | 
Wed
2015.11.25
20:21

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

Aさん

遅い時間に起きてくださって、ずっと願ってくださって、ありがとうございます。
プーも、Aさんの思いを感じとってくれているといいと思います。
じろう君…かわいい名前ですね。お願いしてくださって、嬉しいです。
天国で、「髄膜炎ほんと辛かったよね~」と一緒に話しているかもしれませんね。
今でも夢を見せてくれるなんて、本当に、泣けてきます…
庭の、私の部屋の窓を開けてすぐ見れる場所に、プーを埋めました。
毎日、窓を開けたら、プーに話しかけたいと思います。
猫が嫌いだった主人も、最後にはプーちゃんを本当に愛してくれていました。義母も、義姉も、私を心配して、泣いてくれました。この家族と一緒で幸せな猫でした。
今までの猫で一番死んだときこたえました。まだ部屋にいるような気がして…いつか忘れたいけど、忘れたくないような、気がします。

Edit | Reply | 
Wed
2015.11.25
20:24

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

> プーちゃんンもyukiさんにかわいがられて幸せだったとおもいます。

ふくちゃんさん

コメントありがとうございます。
本当に、そうであることを願います。
最後に無理に水や薬を飲ませたりしてしまったので、気がかりで仕方ないです。
死んだあとも、とても気にしてしまうけど、これでよかった、と思いたいです。

Edit | Reply | 
Wed
2015.11.25
20:29

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

ポンママさん

コメントありがとうございます。
そうですね。私も、ゆっくり眠ってくれていたらいいなぁと思います。
色々後悔することは山のようにあります。
でも、この獣医の件で、「何事もすべて信用することなく、まずは自分の考え、感を大事にしていかなければ…」ということを、プーは体で示してくれたのかもしれません。
最後まで、心配してくださって、本当にありがとうございました。

Edit | Reply | 
Wed
2015.11.25
20:37

yuki #-

URL

Re: 泣かないでね~きっと・・

よっこたんさん

こんばんは。コメントありがとうございます。
そうかもしれませんね…プーも、私の幸せを願ってくれていたらうれしいです。
まだ現実を受け入れられず、ずっと食欲もなくて…(主人もです)なかなか心の入れ替えができませんが、よっこたんさんの言われるように、早く「ありがとう」という気持ちを、持たなければと思います。
昨日は、主人と一緒に、プーちゃんの昔の話をして、たくさん笑いました。
でも、プーがいるのが日常になってたので、やっぱりふとした時に、「あ、いないんだ」と思い出すと辛いですね。
いつか、幸せになった姿を見てもらいたいな!

Edit | Reply | 
Thu
2015.11.26
07:18

HanaDaisy #c/WHnAiQ

URL

初めまして HanaDaisy です。
いつも私のブログに訪問して下さって有難うございます。

今回の事は残念でしたけど yukiさんが寝ずに看病していた事
きっとプーちゃんは分かっていると思います。
私も何度も色々な形でペットの最期を経験しているのでお気持ちは分かります。

お辛い事続きの様ですが少しづつ心が軽くなって行く様に願っています。

Edit | Reply | 
Fri
2015.11.27
08:50

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

HanaDaisyさん

コメントありがとうございます。
こちらこそ、いつも拙い私のブログに訪問ありがとうございます!
HanaDaisyさんも、つらい経験をたくさんされてきたんですね。
私は、今まで飼っていた猫が死んだとき、常に他に1匹飼っている状態だったのですが
今回、プーは1匹だけだったので、家が妙に静かでそれが切なくさせます。。

プーが逝ってしまう直前は、無理やり水や薬を飲ませようとして、本人をすごく苦しませてしまいました。
でも、HanaDaisyさんの言われるように、プーも、わかってくれていると望みます…
イギリス生活、いいですね…動物愛護先進国と聞きますし、色んな意味で、フランスとは違うんだろうなぁ。

Edit | Reply | 
Fri
2015.11.27
10:54

みき姐 #-

URL

プーちゃん、残念です。
でも、yukiさんは一生懸命にやったこと、きっとプーちゃんは
わかってますよね。

プーちゃんは今頃痛みもなくお空のうえで楽しく遊んでるでしょう。
yukiさん、お疲れ様でした。
ゆっくりと休んでくださいね。

Edit | Reply | 
Fri
2015.11.27
17:26

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

みきねえさん

優しい言葉をありがとうございます。
ペットの病気って本当いやですね。
ずっと、マイナス、マイナスに考えてしまって、この数週間生きた心地がしませんでした…
もし、もっとプラスに考えて、一刻も早く行動に移せていたら、少しは違っていたのかもしれません。
プーは私の一番の友人、心の友でした。
ほんとに、一生懸命頑張った分、今ごろ、お空で走り回っているといいなぁと思います。
ぎゅーっと胸をわしづかみにされる心地ですが、本人の幸せを願って、日々暮らしていきたいです。

Edit | Reply | 
Mon
2017.03.13
18:22

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?