ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2016年11月また妊娠が発覚、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

ビオショップのべジステーキ。パリ襲撃事件で思うこと。

 18, 2015 10:55
前回紹介した、超美味しかった豆腐のメーカー、tossoliaと同じメーカーで、べジステーキも試しました。

15-10-31-14-41-41-955_deco.jpg

Steak végétal / tomate oignon ベジタブルステーキ/トマト オニオン 
ビオショップsatorizで3.13ユーロ。
100%植物性の、ヴィーガンです。(右下にVeganマークあり)


15-10-31-14-45-23-616_deco.jpg

90g×2パック入り。
見た目は、お肉のよう。


15-10-31-14-42-34-299_deco.jpg

フランス産の、オーガニックの大豆からできています。
原材料: 水、豆腐*、大豆たんぱく*、トマト*、玉ねぎ*、ひまわり油*、くず*、塩、プロヴァンス地方のハーブ*、胡椒*
*はオーガニック品


15-10-31-14-46-23-194_deco.jpg

フライパンで焼いて、パンに挟んで簡単な昼ご飯。(油をしかず、焼いてしまったので、焦げ目が…
時間がないとき、助かります!

オーガニック商品というと、値段が高いというイメージがありますが…
サブウェイなどで、べジバーガーを買うより、断然安くすみました
お肉が好きな甥っ子も、(べジバーガーとは気づかずに)喜んで食べていましたよ


***************

今回のパリでの襲撃事件で起こったことはもちろん大きいのですが、それを上回る数の死者が、毎日のようにシリア内戦などで出ています。
でも、なぜTVではそれが報道されないのか・・・
どうしてパリほど注目されないのか・・・

フランスが、強い国だから?


無意識のうちに、白人至上主義は人々に埋め込まれているんだろうな。



もちろん、無差別にテロを起こすことは許されないことです。
でも、シリアなどでもアメリカやフランスなどの国からの爆撃により、無差別に人が殺されています。


もし、自分の家族が今回のパリの事件で命を落としたなら…
正気でいられるでしょうか?
それこそ、過激思想に走ってしまうのではないか…すでに、フランス国中でたくさんの人々が怒りをあらわにしているように。

この問題は本当に奥が深く、嫌な時代になってしまったなぁと感じさせられます。

でも、少しでも、人々の心が晴れるよう願って、自分ができることをしていきたいなと思います。


ランキングに参加しています。
下のプーちゃんをポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
段ボールは落ち着くにゃ~




 
関連記事
スポンサーサイト

Tag:シリア パリ襲撃事件 テロ satoriz オーガニック ビーガンレシピ 買い物 ベジタリアン商品 パン サンドイッチ

COMMENT 4

Wed
2015.11.18
17:07

わがまま、親父 #.fR4.oCU

URL

今日は。

今日は、Yukiさん、フランスでの生活、興味をもって拝見させてもらっています。

カナダも公用語の一つはフランス語、カナダの政治家のほとんどはフランス語ができます、またケベック州をはじ多くのフランス系カナダ人が住む地域があります、その昔、フランス系住民がカナダからの独立運動を起こし、ケベックコーワなる政党を立ち上げ騒ぎましたが、多くのカナダ人の反応、やれば!、冷たい反応で成功しませんでした。

私も少し前までフランス人にはちょっとという思いがありました。その一つに英語が話せるにあえてわからない風をする、排他的な感じがする、今はそうでもありませんが、

記事でのパリのテロ事件、イスラム系移民の人は大変な思いをしているでしょうね、カナダでもイスラム系市民の方は苦労しているようです。


ご主人、やさしい人のようですね、モロッコ系の方ですか、一度は訪れてみたい国の一つです、

赤ちゃん残念でしたが、、、、、お体に気をつけてお過ごし下さい。

Edit | Reply | 
Thu
2015.11.19
14:02

yuki #-

URL

Re: 今日は。

わがまま、親父さん

コメントありがとうございます!
こちらこそ、いつもブログを楽しく拝見させてもらっています!
主人から、カナダのケベック州について話は聞いていました。フランス語が公用語で、フランス人が多いんだと。
カナダは私がいつか行ってみたいと思っていた国です。
なんせ、ベジタリアンにとっては天国のようなところかと想像していますので^^
主人は割と現実主義で、イスラム教は信じてはいないですが、義母がムスリムで。でも、やはりモロッコ系というだけで、差別はあるようです。ISの問題が浮上してからはなおさらです。一緒にしてほしくないですし、”イスラム”国という名前も変えてほしいくらいです。
誰もが濁りのない目で、付き合いができる世の中になってほしいと思います!

Edit | Reply | 
Tue
2015.12.08
14:37

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Thu
2015.12.10
10:06

yuki #-

URL

Re: タイトルなし

山麓さま

コメントありがとうございます!
お返事が遅くなってごめんなさい…!!
(コメント管理のところをチェックしていなくて、記事の管理のところを毎回主に見ていたので、昔の記事だと気づきませんでしたm(_ _)m)
ほんとうにいやな世の中になってしまいました。
戦争がなくならないかぎり、テロはなくならないのかもしれません…。
報復して権力や強さを見せつけるだけでなく、何か方法はないものか…と考えてしまいます。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?