ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2017年8月に元気な男児出産、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

生地から手作り☆ベジタリアン・ギョズレメ

 01, 2015 19:36
94.jpg

トルコのクレープ?というか、パンケーキ?のような、「ギョズレメ(Gözleme)」、大好きでもう何回も作っています。

薄いパン生地に、具をはさんで焼き上げています。
チーズにほうれん草、ひき肉などの中身がほとんどですが、私はビーガン使用で♡♡
でもこれが満足感たっぷりで、めちゃくちゃ美味しいのです♡

中身はスパイスで味付けした、マッシュポテトです。
これが、ノンべジの旦那も気に入り、10点満点くれたのです。
どうやら、モロッコ料理でよくでてくる、「ムスメン(msemen)」?(ムサンメン?)というパンケーキによく似ていたみたい

「僕のお母さんが作るパンケーキにそっくりだ!」
「yukiが中東の料理をこんなに上手に作れるなんて、びっくりだよ!」と言ってました。

ムスメンはイーストやセモリナ粉を入れますが、こちらはなしで。
(イーストを入れた生地のほうが、伸ばしやすいのですが…)


91.jpg

倍量でたくさん作って、こんな風にタッパなどに入れて、焼く前に冷凍しておくと、すぐ使えて便利です。


モロッコ人の口にもばっちりだったお墨付きのクレープです♡♡

では、レシピはこちらから
↓↓↓


★ベジタリアン・ギョズレメのレシピ★

94.jpg

<材料 約2人分>

*パン生地*
薄力粉 120g
強力粉 120g
塩 2つまみ
油 80cc
水 80~100cc

じゃがいも(中) 2個
玉ねぎ(大) 1/2個
なたね油 大さじ2
クミンシード 大さじ1~2(お好みで)
刻んだ唐辛子 小さじ1/2(お好みで)
カレー粉 大さじ1
塩 小さじ1
ブラックペッパー 少々
トマトペースト(サルチャ) 大さじ1

<作り方>
①パン生地を作る。すべての材料をボールに入れ、最初はフォークで、まとまってきたら手でこねるように混ぜる。(水分は少しずつ足して、耳たぶより柔らかいくらいにする)
②ラップをして常温で30分ねかせる。
92.jpg

③じゃがいもは1㎝角に、たまねぎはみじん切りにする。
④フライパンに油をあたため、クミンシードを熱する。玉ねぎ→じゃがいもの順でじっくり炒めたら、トマトペースト、その他の調味料を入れ味付け、水を1/2カップほど加え、ふたをして、じゃがいもが柔らかくなるまで中火で煮る。
⑤じゃがいもが柔らかくなったら、ふたをあけ、味を見て足りないようなら塩で調整する。
89.jpg
⑥ボールに移し、スプーンの背でじゃがいもをつぶすように混ぜる。
95.jpg
⑦置いておいた②の生地を6等分にし、打ち粉をつけながらめん棒で長方形にのばす。
⑧中央に⑤を広げ、周りの部分に水をつける。
88.jpg
⑨4すみの生地を折り返し、たたむ。手のひらで少し押さえて、平らに形を整える。
90.jpg
87.jpg
※写真のように、生地が多少破れてしまってもOKです。
⑩油をしいたフライパンで両面中火でふたをしながら焼き、こんがり焼き色がついたらできあがり。
85.jpg

※味付けは濃いめにしておくと、冷めても美味しいです。お好みでジンジャーパウダーや、ガーリックパウダーを入れてもGOOD。
※生地は、強力粉だけでもOKです。


今回小さめの形にしているので、食べやすいですよ☆

今回、生地も手作りしていますが、ユフカ(yufla)という生地(日本でなら、春巻きの皮がいいのかな?)を代用すると、もっと楽だと思います。
でも、生地は簡単なので、ぜひ手作りしてみてください!


そのままでも十分美味しいけど、夫(←子供みたいになんでもケチャップつけたがる)はケチャップつけてました。

外はカリッと、中はほくほく、香ばしいヴィーガン・ギョズレメです☆


ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村






ありがとうございます(*ノ∪`*) また遊びに来てくださいね。



スポンサーサイト

Tag:トルコ料理 ビーガンレシピ 作り置き じゃがいも 地中海料理

COMMENT 0

WHAT'S NEW?