ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2017年8月に元気な男児出産、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

フランスの職業訓練(afpa)と今日の旦那弁当

 27, 2015 10:36
転職を希望し、今年の6月から、あらたにプランビング(水道管工事)業の職業訓練に通っているダンナ。
今までは学校での授業だったのが、今週月曜から、実務訓練として、2週間ほど会社で実際に実務を行う、授業になりました。

その実務訓練、なんと、我が家の隣!の会社に行くことになりまして
壁を隔てた、となりの会社に、徒歩1分もかからず、通勤できていますw


昨日は、これまたすぐ近所にあるお宅のガス管工事に、職員と一緒に行ってきたそう。
お昼は、家に帰ってきて、1時間休憩。
家がすぐ隣なので、お昼に帰ってこれるし、仕事が終わったらそそくさ家に帰れるのもとてもいいそう。
(今までは、車で片道30分かかるcolmar(コルマール)まで通学していましたから…)

でも、毎日ご近所のお宅に仕事があるわけではなく・・・
今日は、「遠いcolmarへ行くので、お昼は帰って来れない」ということだったので、弁当を持たせました。

onigirazu20151027①

おにぎらず。
昨日の手巻き寿司の残りで、急きょ作ったので、見た目が残念ですが

具は、
・ツナマヨ(私にはソイミート)
・ひじきのピーナッツバター炒め
・ゆで白菜の豆板醤マヨ和え
・きゅうり
・アボガド
・かぶのピクルス

実は、おにぎらずを作ったのは初めて。
最初は巻き寿司にしようかと思ってたのですが、巻き寿司は手間がかかる。
たぶん、見た目は巻き寿司の方が断然いいでしょうが…
おにぎらず、簡単でほんとにいい!


onigirazu20151027②

手巻き寿司を作ると、毎回すごい量食べるダンナ。
昨日も、10点満点くれました。

お寿司は、脂っこくない料理の中で、旦那が喜んでくれる唯一の好物かも
それでも、マヨネーズの具は必須ですが…


ちなみに、この黒い弁当ケースと奥の弁当袋は、日本の100均で買ってきたもの。
かなり活躍しています。

フランスには、弁当箱にも使える、シンプルでいいケースがなかなかないんですよね…
これは、蓋も密閉式だし、ちょうどいい高さ&広さで、サンドイッチを作ったときは、重宝します。

日本に帰ったとき、また購入しておこうと思います!



話しがそれましたが
旦那が今行っている家の隣の会社、かなり忙しく従業員も足りていないようなので、見事そこへプランビング業として就職できればなーと願う今日この頃です…
現実は難しいだろうけど(´д⊂)



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
お日様がきもちいいにゃ~





関連記事
スポンサーサイト

Tag:おにぎらず フランス人 日本から持ってきた物 職業訓練 プランビング 転職活動 弁当 手巻き寿司

COMMENT 0

WHAT'S NEW?