ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2016年11月また妊娠が発覚、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

大量キャベツの土寄せ

 22, 2015 10:18
珍しくここ1週間以上、雨でぐずぐず天気だったアルザス。
日曜からはやっと晴れたので、さっそく庭へ。

キャベツ・ブロッコリー・カリフラワー・白菜の土寄せをしました。
※ちなみに、1週間前に追肥済み。
tutiyose0921②
これが、全部で4畝分あり・・・
数があるので、大変で
日曜、月曜と、2日間かけて、ザクザク、ただ、ひたすら土寄せを行いました。

キャベツや白菜などは、土寄せをすることによって、巻きが入るそう。
だから、これは必ずやり遂げなければ!

tutiyose0921③
見た目あまり分からないかもしれませんが・・・これが、意外と大変で
通路の土を、よいこらせと畝にスコップで上げていきます。

何度も、葉っぱをポキッとちぎりそうになりました・・・
でも、キャベツは、外葉が必要枚数なければ、巻きに入らないので、葉っぱをちぎるのは厳禁

tutiyose0921①
雨の後なので、ミミズが半端なくいます!
もう、ミミズとの格闘でした・・・


でも、ようやくすべて終了!


一か月前、無料で大量にもらってしまった、植え遅れて死にそうだったキャベツの苗でしたが・・・(その時の記事はこちら
一生懸命世話したかいあったのか、今は元気に育ってくれています!

chou20150918①
9月18日
何の種類か分かりませんが、フランスのキャベツ。
日本のように柔らかくなく、固くてとうてい生では食べれんだろうな・・・

chou20150921⑧
こちらは、サボイキャベツ(ちりめんキャベツ)”chou de Milan”。
超固いのですが、破れにくいのがいいところ。
ロールキャベツに相性ばつぐんです。

※これは、普通に買った苗なので、すこぶる順調に育ってます


chou20150921⑥
こちらは、芽キャベツかな?

chou20150921⑨
芽キャベツは、日本でも一度育てたことがありました。
簡単で、大量収穫できて、すごく面白かった記憶が^^

chou20150921⑩
芽が、出てきそうな感じがしますが・・・
まだまだ待ちましょう。


さて、順調に育っているかたわら、この方は、さっぱりです・・・↓
chou20150921⑤
9月21日
紫キャベツ。
もらった時、本当に乾燥して、徒長してしまってたので、保険のために植えたようなもんだけど

chou20150921④
やっぱり、さっぱりでした。
全く巻きに入りそうにありません
3株も植えてしまったけど、処分しようか検討中。



さて、1週間雨だったので、しばらく庭に出ていませんでしたが、大量の虫を発見・・・


※虫が嫌いな方は、以下、閲覧注意です!

↓↓↓


chou20150921②
なんだか全体的に白っぽく見えてるので、最初水か氷かと思いました。
でも、よく見ると、アブラムシっぽい・・・

何の虫か分かる方、教えてくださいませ。

chou20150921③
せっかく巻きに入った部分だったのに・・・
このキャベツを食べる勇気はないかも。

処分しようか検討中。
どうしたらいいんでしょ?

chou flour20150921①
こちらの、カリフラワーの葉っぱにも、同じような虫がついてました。

写真中央の虫と、写真では分かりにくいですが、葉っぱの先が丸まってしまって、中をのぞくと大きい虫もいました・・・
恐ろしくて、放置。


処分しようか迷うけど、やっぱり、虫さんも食べたいよね
と思うと、捨てきれない、ベジタリアンなわたくしです。

虫さんにも、おすそ分けしながら、畑仕事がんばろうっと・・・・



ランキングに参加しています。
下のプーちゃんをポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
段ボールは落ち着くにゃ~





関連記事
スポンサーサイト

Tag:家庭菜園 キャベツ栽培 キャベツの育て方 白菜栽培 土寄せ フランスで野菜作り 害虫対策 秋冬野菜 結球野菜

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。