ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2016年11月また妊娠が発覚、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

e.leclercのビオコーナー

 17, 2015 13:45
ずっと前に見たフランスの映画「未来の食卓」で、フランスってオーガニックに関心があって、自産自消に取り組んでいる国なんだなぁと漠然と思っていましたが、実際こっちに来て、ほんとに実感してます。


未来の食卓


今回は、近所のe.leclercに買い物です。
※ビオ専門店ではなく、普通のスーパーです。

leclerc20150825②

ビオコーナーは、どどーんと長く4列、設けられています。


leclerc20150825①

ビオビオビオ!
お米からパスタ、穀物、調味料、缶詰、ジュース、ジャム、飲料etc・・・
どれも有機栽培で育てられた食品。


leclerc20150825③

お菓子もたくさん!どれを買おうか迷ってしまいます。
甥っ子(1才)はショッピングカート大好き^^


今回は、その中でいくつか、ビーガン商品を見つけたので、紹介しますね。
(いつもビーガンばかりですみません

leclerc20150825④

biscuits pépites de chocolat qinoa
長寿の雑穀と言われる、キヌア入りのチョコレートビスケット。
1.13ユーロ(約140円)と安い!

leclerc20150825⑥

sablés chocolat noir intense
ブラックチョコレート入りのサブレ。
1.34ユーロ(約160円)。

leclerc20150825⑦

sarrasin et graines de lin
ヘルシーな、蕎麦と亜麻仁のクッキー
1.80ユーロ(約200円)。


これはほんの一部です・・。

その他にも、おいしそうで安い商品がずらずらありました。
家に帰って、試してみたけど美味しかったですよ!

オーガニックだけでなく、パームオイルなしの食品、グルテンフリーの食品などもたくさんありました。



こんな風に、小さなスーパーから、大きなスーパーまで、ほとんどがビオ(オーガニック)コーナーが設けられてます。
ビオコーナーでは、ありとあらゆるビオ商品が並んでます。

もちろん、ビオ専門のスーパーもたくさんあります。


しかも、ほとんどの商品が、フランスで生産され、作られたもの。
なので、コストがかからず、安い!


フランスのいいところ・・・


日本では、オーガニック=高いというイメージがありますが、こちらのオーガニック商品は、そこまで高くないところですね


うーん・・・日本の食品業界も、もっとオーガニックを商品化して取り入れてほしいと思います・・・



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 




関連記事
スポンサーサイト

Tag:グルテンフリー お菓子 ベジタリアン商品 オーガニック スーパー 買い物 キヌア e.leclerc

COMMENT 0

WHAT'S NEW?