ゆるべジlife in France

モロッコ系フランス人の夫と国際結婚、フランス、アルザスに猫と一緒に移住しました。2015年11月に繋留流産、愛猫の死、2016年9月に化学流産を経験し、2016年11月また妊娠が発覚、今に至る。趣味の家庭菜園、フランスの野菜料理、お役立ち情報など書いてます。

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

ビーツ(テーブルビート)

 10, 2015 17:45
8月初めに植えつけたビーツ(テーブルビート)。

0806②
8月6日
庭にいろいろ混植しました。
ビーツの周りの白いのは・・・もみ殻です。
ビーツは湿った土を好むので。保湿に。

0830①
8月30日
今はこんなに大きくなりました。


beetroot0909③
9月9日
こちらは、ダンナが植えたビーツ。

beetroot0909④
根の直径がだんだん大きくなっているのが分かりますか?

5~6cmくらいになったら、収穫できるそうです。
あともう少し。追肥をしておきました。


さて、問題はこちら。

beetroot0909②
こちらのビーツ、よく見ると・・・

beetroot0909①
双子ちゃんです
2つ、一緒に植えつけてしまったようです。
(最初に購入したとき、苗が2つつながっていた)

これって、片方を引っこ抜くべきなんでしょうか・・・??

今両方土に埋まったままだと、どちらも大きくならないような気が…。



さて、近況ですが。

入院していた義姉も無事退院して、今週はじめにげっそりやせ細って帰ってきました。
どうやら腸内に出血があり、酸が原因だったとのこと。
まだ体調が万全でなく家事などができないので、その子供のIくん(1歳)と一緒に、我が家で寝泊まりしています。



うちの旦那も、先週末からの腹痛(胃痛)。
おととい病院に行き、薬をもらってきたのですが、私が察したとおり、どうやらストレスが原因だったよう。
本人、「ストレスなんて全くない」って言ってますが。。。

本当に、病気の多い家族です


私も、ツツガムシの件、かゆみがなくなってきたので、今週はじめに薬をやめたら、またかゆみが復活してきました。
いい加減ツツガムシ、早く治ってほしいです


みなさんも、季節の変わり目、体調管理に気を付けてくださいね!




ランキングに参加しています。クリックして応援してもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Tag:家庭菜園 ビートルート ビーツの育て方 ビーツ栽培 フランスで野菜作り コンパニオンプランツ 秋冬野菜

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。