FC2ブログ
20160903.jpg
昨日収穫した庭の野菜たち~


前回の記事の続きです。
フランスに来てから2年間、ずっと食後痰が出ることについて、通院したものの原因が分からず。

①耳鼻咽喉科→ラシストのヤブ医者。「胃に問題がある」と言われる。
②胃腸科→胃カメラで問題見つからず。
③耳鼻咽喉科→「原因不明」と言われる。情けない医者
④耳鼻咽喉科→今回

どこへ行っても原因が分からず、医者をたらいまわしにされ。
4件目の通院で…

やっと素晴らしい医者に出会えました


キッシュ20160602①


原因は「ストレス」との事でした。
”フランスに来てから環境や食事の変化からくるストレスが原因しているでしょう”と医者は言っていました。

これにはびっくり!
私が日々感じていた「食」についてのストレスを、医師はバチッと言い当てたのです!
(食のことなど全く話していないのに)

モロッコ人の家族にとって、和食は味が薄すぎてムリ。
食事の好みが全く違い、でも家族に合わせ洋食ばかり食べなければならないというストレス…。
(ま、自分ひとり別の食事を用意するのが面倒なだけなんですが)


キッシュ20160602②
家族は基本パン食、ご飯はムリ。


そして、
「体が酸性傾向に傾いていることで痰がでる」
「食事は、なるべくアルカリ性のものを食べるように」
と言われました。

以前の日記「妊娠しやすいのはべジ食?!流産後の食事会」でも”アルカリ体質が妊娠しやすい”と書きましたが…

またまた、でた・・・・アルカリ話。


acid_alcalini.jpeg
左はアルカリ性食品、右は酸性食品↑
画像はhttp://www.greenme.it/からお借りしました。


このアルカリ食品の不足(体のpHが酸性に傾くこと)って…もうフランスで定番の病気らしいです。
義姉もこの病気ですし、うちの近所のおじさんもこの病気だと言っていました。
油っこい食事、動物性の食事を好むフランス人だからこそ、多い病気なのか

どうやら、体が酸性に傾いていたのも痰が出ていた原因だったとのこと。


※医師いわく、野菜・果物の中でも、トマト・きゅうり・オレンジは酸性だそうです。


薬②
薬ももらいましたが、強い薬だそうなので、怖くて結局使用せず。


今は食事はできるだけ、自分だけは鍋、おでんなど、和食を別に作るようにしています。
そして動物性食品をはじめ、家族の好きなトマト系の料理もできるだけ食べないように心がけました。

すると、3週間たった今、薬もなしで、完全に痰がなくなってしまったのです。


医師は、「痰が出そうになったら飲み込むように」とも言っていました
なので飲み込むようにすると、明らかに痰の出てくる量が少なくなったのです。


キウイ
フランスではキウイがたくさん採れて安くて美味しいのですが…
キウイも酸性だそうです↑


フランスでは、いい加減だったり、誤診されたり、何かと薬だけで対処しようとする医者が多かったのですが…
今回の医者は、食生活や症状を和らげる方法まで教えてくれ、根本を改善するアドバイスをしてくださいました。

ここに来るまで時間がかかりましたが
とにかく、今は痰がなくなったことで快適な生活を送れています!!


ちなみに…

iHerbで体内のph(ペーハー)を測定できるキットも売っているみたい

ph試験紙ストリップ
Vaxa International, pH 試験紙ストリップ、100 ストリップ
体のpHを測定します↑

pH保護ドロップ
Peelu, ボディレスキュー, pH保護ドロップ, 1.25液量オンス(37.5 ml)
体が酸性に傾いたときに飲むサプリメントもあるそう↑


今度試してみようかな~と思います。
かなりの酸性だと思われる旦那にも測定してもらいたいものだ



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 



関連記事
スポンサーサイト



Tag:フランスの病院 耳鼻咽喉科 胃カメラ 体内pH キッシュ 家庭菜園

WHAT'S NEW?