フランスに来て、困ったことは、野菜が日本と全然違う、ということです。

ガチガチに固いキャベツ、しわしわのちりめんキャベツ、水っぽいカボチャ、甘くない水っぽいさつまいも、やたらでかいキュウリ&なす&ピーマン、繊維だらけのダイコン、白ネギはなく、固いポワローネギ・・・

こんなに違うとは、正直思ってなかったので、はじめは戸惑いました。

普通に和食が作れない、のです。


ニラ、青ねぎ、しょうが、青菜を手に入れようと思ったら、車で20~30分ほどのチャイニーズショップに行かないといけないし。(しかもタイ産。)

ま、フランスならではの美味しい食材もあるんですが。和食は難しいですね。


156.jpg

フランスで売っているキャベツは、たいてい”chou blanc(シュー・ブラン)”という固いキャベツ。
”白いキャベツ”という意味です。

これ、固くて固くて・・・切るのも一苦労です。

157.jpg

切ると断面はこんな感じに、みっしり詰まってます

最初、これで焼きそばを作ったとき、固くてまずくて食べれませんでした。

158.png
こちらは、chou blancより少しだけ柔らかいキャベツ、”Chou Plat Atlas(シュー・アトラス)”。
日本のとそっくり、というわけではないけど、まだ食べれる
私は、いつもこれを買ってます。

ただ、このキャベツは見つけるのがちょっと難しい。。
車で20~30分の、”Grand frais”か、”E.leclerc”くらいしか売ってない。。たしか”cora”にも売ってたかな?
でも、毎回売っているとは限らないし、売ってても古くて黄色くなってることも多い


でも!!

最近、Grand fraisで、日本のキャベツにそっくりの、美味しいキャベツを見つけたのです!!

307.jpg

その名は、”chou vert(シュー・ヴェール)”。写真の左側のキャベツです

※でも、”chou vert”には数種類あるみたいで、ジリジリの葉っぱで固い、日本でいうちりめんキャベツ(サボイキャベツ)も含まれることがあるので要注意。
ちなみに、ちりめんキャベツは、『シュードミラン(chou de Milan)』とも呼ばれます。

159.jpg

↑これです。
こちらは、生で食べるのは固くてとうてい無理!


231.jpg

ロールキャベツにしたら、ちぎれにくくて美味しかったけど・・・。(ロールキャベツ専用かな?)


この日本のにそっくりの美味しいキャベツ、Grand fraisで最近数回見かけました。
(たしか5月後半~6月)
期間限定なのかもしれないけど、ずっと継続して売ってほしいです!!


ちなみに・・・

62.jpg

Mulhouse にある、”PUM thai resraurant”で、でてきたこの縮緬キャベツのサラダ。。。
固くて固くて、まずくてまずくて、食べられませんでした。
誰が調理してるのか!?って本当店を疑いましたよ。

縮緬キャベツは、特に生では無理でしょ
他のメニューも、ぜんぜんタイ料理の味がしなくて、まずかった。

二度と行きません



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 


関連記事
スポンサーサイト

Tag:キャベツ フランスの野菜 ロールキャベツ サボイキャベツ お好み焼き 買い物 フランスのスーパー タイレストラン

私は、フランスに移住して7か月になります。
旦那はフランス人なので、フランス人の配偶者長期滞在ビザを申請しました。

ビザに必要な書類などは、こちらのページを見てください。
http://www.ambafrance-jp.org/article1320

このページの下の方に行くと、「ビザ申請書類の準備」という欄があります。
そこの、
→必要書類リスト

をクリックしてください。

ここに書かれてある書類を全部そろえて、東京の南麻布にある、在日フランス大使館に持っていきます。

持っていく前に、予約が必要です。予約システムについては、こちらを見て下さい。
http://www.ambafrance-jp.org/article3843

このページの
”予約をとるにはこちらをクリック”

をクリックしてください。

英文のページが開きます。
”Booking an appointment”
をクリックして、予約を始めます。

書類を大使館に持っていくときには、予約票を印刷していくことを忘れないでください。

予約票を、受付でわたします。


当日、書類は審査されませんが、書類がそろっているかどうかをチェックしてくれます。

私は、長期滞在ビザ申請用紙に貼った証明写真が、前髪が眉毛にかかっていたので、取り直してください、と言われました。
チェックしてもらった場所に証明写真機があるので、そこで取り直しました。(もちろん、自費で)

チェックしてくれている間はドキドキでしたが、30分ほどでチェックは終わり、帰りました。

神戸から東京へ行くまで、長い時間と費用がかかったのに、30分で終わりとは、あっけないものでした
せっかくなので、いろいろ行きたかった東京のべジカフェをまわって堪能しましたよ。



・・・・
ちなみに、私たちは、日本で(2014年8月に)結婚しました。
その方が手続きは楽だと思います。

フランスで結婚すると、いろいろと翻訳をつけないといけないと聞いたからです。

私たちは、民間の翻訳会社などに頼ることも全くなく、自分たちで書類を集めることができました。


このリストに書かれている
「結婚の証明書・・・【フランス婚姻証書謄本(copie intégrale d’acte de mariage français)及びフランスの家族手帳(livret de famille français)】」
をとるまでの手続きがいちばんややこしいですが、旦那がほとんど進めてくれました。



旦那は、インターネットのブログを色々と調べて、大変だったそうです。

なんせ、大使館は、電話しても、ぜんぜん答えてくれませんから

メールしても、返事なしですよ!

だから、経験者さんが語るブログだけが頼りでした



またその手続き方法についても、旦那に聞いて思い出してもらいながら、おいおいブログに書いていきたいと思います。

私たちも、経験者のブログに助けられたので・・・。


でも、日本人は比較的、ビザをとることが簡単なので、Fight♪

イタリア人の友達は、タイ人の女の子と結婚しましたが、タイ人はフランスに入国すること(短期滞在ビザの取得)も簡単でなく、ほんとにいろいろと大変そうです。。

タイ人がフランス人の配偶者長期滞在ビザをとるには、フランス語学校に指定時間通って、試験に合格して、・・・という手続きが必要なのだそう

日本人は、まだ恵まれていますよね



ちなみに、猫のフランス入国の手続きについても、また書いていきたいと思います♪


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 



関連記事

Tag:国際結婚 フランス人の配偶者 長期ビザ ビザ申請 フランス大使館 フランス移住

なんだか最近トマトの記事ばかりになっちゃいますが・・・
うちには、トマトが大量に植えてあるので。。

といっても、うちの庭はすっごく大きいです。


いつもブログに書いているトマトの場所、

193.jpg
6月6日

359.jpg
6月28日(縦にした写真

↑ここ(我が家では、”Back place-裏の場所”って呼んでる)と、

その他にもたくさんトマトを植えているんです。


222.jpg
この、りんごの木のところです。

ここは、裏の場所より日当たりが悪いです。

187.jpg
6月6日
この、真ん中の筋がトマトですね。4つ植えてます。
左はバジル。右は茄子です。(その右にはピーマンが・・・写真に入ってないけど。)

180.jpg
6月6日

日当たりが悪いながらも、すくすく育ってくれています。

215.jpg
6月6日

ここのトマトの苗は、他のトマトと違って、家のすぐ前にある園芸店から5月21日に買いました。
(他のトマトは、動物園の園芸マーケットで、4月12日と早くから買ったものです)

5月に買ったからか、このトマトは早くから実をつけていました。

367.jpg
6月28日

今はこんな感じになってます。

やっぱり、日当たりが悪い分、裏の場所のトマトより勢力は劣りますが、しっかり実はついています。


272.jpg
遠くから見ると、こんな感じ。左の畝には、バジルと交互に、今は脇芽トマトも植えてます。
※手前は中国野菜のカイランか?と最初思っていたのですが、間違いで、ツルナ(フランス語でTétragone)でした!


361.jpg
6月28日

ツルナは、今はすごく大きくなってます。

360.jpg
ちらほら、花も咲きかけで、今が狩り時?!

300.jpg
6月15日 横から見た図。

奥は、グリーンピースといんげんです。(激しくもじゃもじゃになってますが・・・


・・・・
それと、この4つのトマトの他に、茄子とピーマンの手前にトマト2つ、まだ植えてます。

184.jpg
6月6日 この手前の2つがトマトです。

366.jpg
6月28日 なすとピーマンの手前に植えてます。

320.jpg
6月20日

この2つのうち、右側の子は、はじめはプランターに植えてました。
しかし、赤い小さな虫・・・ダニが大量発生し、葉っぱは枯れるわ、どうしようもない状態になっていました。

そこで、下の方の枯れた葉っぱをざくざくカットし、かなり深く土に植えこんだのです。

すると、こんなに元気に!

ダニが発生した時は、病気の葉っぱはポキポキ切って、土に深く植えることをおすすめします。
葉っぱがついていたところは、今は地下深くもぐっていますが、そこからまた根が生えるのです。


195.jpg
6月6日 左側の子。


他にもいっぱいありすぎて、ブログに書ききれません。

大玉トマト、ミニトマト、赤、黄色、いろんな色のトマトの苗を買ったけど、どれがどれだったか、覚えてません

色がついたら、わかることでしょう


ちなみに、なすは、アルザスでは寒すぎてあまり栽培に向いてないそうです。
でも、フランス、アルザスでトマト栽培、オススメしますよ~


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 


関連記事

Tag:トマト トマトの脇芽 なす ピーマン ダニ対策 害虫対策 コンパニオンプランツ ツルナ

今日は、またMarché aux puces(マルシェ・オ・ピュス)に行ってきたのですが、それがかなり大規模なフリーマーケットで、道から道へと迷路のように連なっていて、歩きまくってくたくたです。

めちゃくちゃ歩いたのに、全部見きれず、半分くらいしか見れてないと思うけど。。。


それはさておき!

6月9日の記事(こちら)で、トマトの脇芽をぽきぽきちぎっては、土に差していったと書きました。

270.jpg
この脇芽をちぎって・・・

216.jpg
こんな感じに、どんどんポットの土に植え替えて・・・

225.jpg
土に定植しました。

267.jpg 335.jpg

上の写真は6月9日。下の写真は6月23日です。

※ちなみに、写真でいうと、右側のトマトは、普通に植えたトマト。左側のトマトは、脇芽トマトです。

359.jpg
遠くから見ると、こんな感じ。

左側は、かぼちゃ(プティ・マロン)です。かぼちゃの奥にはミント。トマトの右奥にはラズベリー。


今は、脇芽トマトも支柱を立てないと倒れそうになるくらい、成長しました。

318.jpg
6月20日の脇芽トマト。
こんな立派な木になって・・・

317.jpg
よく見ると・・・

313.jpg
脇芽トマトからも、脇芽が・・・!


かなり大きくなってきたので、6月25日ころに、支柱を立てました。

349.jpg
6月28日。

つぼみがちらほら。

実はまだかまだかと、待ち遠しい今日この頃


・・・

そして!ついに、脇芽トマトから実がなりました
その後の日記は、こちら♡


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

関連記事

Tag:家庭菜園 トマト栽培 トマトの脇芽 フランスで園芸

6月15日の記事(こちら)で、トマトが成長しすぎて脇枝がえらいことになっていると書きました。

299.jpg
6月15日

こんな感じに、脇枝が成長してしまっていました。

どのトマトもこんな感じで、脇枝からまた花がさいて・・・と成長が止まらず。ま、それはよかったのですが、ただ、すごく通気性が悪かったのです。


先日、それをカットしました。

348.jpg
6月28日

通気性がよくなりました!


実は、カットする前に、脇枝の成長を止めるため、脇枝の先端を摘み芯したのです。

311.jpg

分かるかな? こんな感じに、花と、花の上の葉を少し残して、摘み芯。

310.jpg
先っぽをカットしてあるのが分かりますか?

・・・

でも、やっぱり見た目、ほんとに通気性が悪そうで。。
間隔をあけて植えたけど、このトマトほんとに成長がすさまじく。。。

家族も、「こんな立派なトマトは初めて」「通気性が悪そう・・・」というので、脇枝ごと、ついにカットしてしまいました。


カットした脇枝は、土に植えてみましたが・・・
見事に死にました


水にさした脇枝は、1週間以上たった今も、元気そのものですが。土に差したのはダメでした。



それから、取り損なった脇芽(わき芽)。
315.jpg
6月20日

左、真ん中、右、と三方向に枝が伸びているのが分かりますか?

・・・まったくこれが脇芽だとは気付かず、今まで放置してました。

かなりでかくなってから、気づきました。

321.jpg
それをカット。

これで、実に養分がたっぷり行くといいのですが。


それと

脇芽をつんで、土に植えていった記事(こちら)を書きましたが、その後の経過を書きました→(こちら)

おもしろいことになってますよ!



関連記事

Tag:家庭菜園 トマト栽培 トマトの脇芽 トマトの脇枝

vegansamosa.jpg

6月18日から始まったラマダン、毎日作る料理のなかで、家族が気に入ってくれたメニュー。
インドのコロッケ、サモサです。

サモサは、インド料理の教室で習ったことがあるのですが、そのときの生地がサクサクでほんとうに美味しくて。
(教室では、中身はりんごやレーズンで甘く味付けたものだったのですが。。)

ネットなどでいろんなレシピがあるけど、やっぱり私はこの教室で習った生地が好き!
扱いやすくて、揚げたてはもちろん、冷めてもサクサクなのです。

でも中身は、教室とは違い、本来の本格的なポテトの中身にしています


庭で育てたグリーンピースとじゃがいもとにんじん、それにスパイスをミックスして♪
(旦那は豆アレルギーなので、代わりにツナを入れたけど・・・)

家族も、「特に生地がサクサクで美味しい」と言ってました
植物性100%のビーガンなのに、満足感たっぷりです!


では、レシピはこちらから♪


関連記事

Tag:インド料理 サモサ カレー粉 ガラムマサラ ビーガンレシピ コロッケ 持ち寄りレシピ おもてなしレシピ おつまみ じゃがいも

ラマダンでバタバタで、ここ最近、ブログが書けませんでした。

昨日は、甥っ子(9歳男児)と一緒に、近所のプールに行きました。
泳ぎまくって、鬼ごっことかで泳がされて、くたくたです

先週の土曜日、旦那はついに今まで続けてきた仕事を終わり(一応まだ在籍してるけど)、昨日から職業訓練に通い始めました。

今までの仕事だと、旦那は3時くらいには家に帰ってきてたけど、職業訓練が始まると、5時半頃の帰宅になります。
でもその代わり、金曜の午後は学校はなしで、土日は休みです。

今までと比べると、帰宅が遅いのがネックですが・・・休みが増えるのが嬉しいです。

フランスは、職業訓練が終わった後、仕事が見つからなければ、前の仕事に戻れるというのがすごいです。
夫は今プランビングの学校に通っているけど、7か月間学校に通う間も以前の職場から給料は支払われるし、また以前の仕事に戻ることもできるなんて。

日本だったら、「今の仕事をやめて、新しい仕事を学び、転職したい」なんて言ったら、即辞職ですよ・・・


今日は朝から雑草取りをしました。
324.jpg
haricots verts(アリコ)・・・いんげん豆です。
インゲン豆の畝が雑草でボーボーになっていたので、くわで全部刈り取りました。

雑草をあつめたら、山ができました
きれいになってすっきり


ただ、このいんげん、ほとんど蟻の犠牲になってます
蟻の大量発生なんです。。

最初は、2、3株だけだったのが、今はもうほとんど蟻がうじゃうじゃくっついてます。
もう豆もところどころぶらさがっているけど、アリで真っ黒。
どうにかならないものか・・・

323.jpg
いんげん豆の左隣は、petits-pois(プティポワ)…グリーンピースです。

先週、大量収穫しました。
びっくりするくらい大量で、写真撮ったけど、消えてしまった。。
ママがプティポワを使って、ヴィーガンのクスクスやタジン鍋を作ってくれて、めちゃくちゃ美味しかったです。


手前のは、りんごの木です。

りんごの木は庭に2本ありますが、こちらは今年はお休み。まったく実がついてないです。
りんごの木って、一年ごとにお休みするんですって。

もう1本の木は、去年はお休みだったけど、今年は鈴なりです。



・・・・
6月18日から始まったラマダンも、もう5日がすぎました。
毎晩、キッチンはてんやわんやで、しかも時間との戦い
レストランの調理で働いていた時代を思い出します

初日は、食べ物をかなりたくさん作ったせいか、ほとんど食べきれず、半分くらい残りました。
前日の食べ物が残っているのに、また次の日もたくさん作る→みんな新しいのばかり食べるから、古いのは残っていく
という循環で、捨てる量も多くて、めちゃくちゃもったいない。

かといって、みんな昼食も間食もしないから、食べれないし。。

でも、ラマダン、なんだか楽しいです。

家族が全員そろって食べるのも楽しいし、作ったものをたくさん食べてくれたらうれしいし。


今日は、ビーガンのバナナチョコクレープを作ったら、家族に大好評でした。
写真撮るの忘れたので、また作ったときにレシピアップします♡
関連記事

Tag:ラマダン 職業訓練 フランスの生活 フランスの仕事 いんげん豆 グリーンピース 家庭菜園

今日から、とうとうラマダンが始まりました。
朝は3:50頃から、夜の21:30頃まで、家族は絶食です。


私はラマダンはしませんが・・・
今日は朝3時に夫を起こし、朝食を食べさせました。

できるだけたくさん食べてほしかったけど、朝はあまり食べない夫。
小さいパン2個と昨日の残りのグラタン少しとオレンジ少し、洋ナシ少し、コーヒーを食べてました。

昨日は、のどが乾いたらいけないからと、あまり塩っ辛い料理は避けました。


今日、家族全員、3時に起きてました。
3時にでも食べとかないと、後がつらいですからね。。
日中は飲食禁止ですから。


今日は家族総出で、料理(夕食)の準備です。
大音量で、「ア~ララ~・・・」とイスラムの音楽が流れています。
地下の私のキッチンからも聞こえてきます。
それに合わせて、1歳の甥っ子が、「アカーアカ~!!」と歌ってます。


姉は昼から仕事があるのに、その前に早目にうちに来て、料理の支度を済ませ、もう何品か、こしらえてました。
妹は、仕事のあいまに帰ってきて、りんごタルトを焼いてた。
ママは昼から甥っ子の割礼のため、病院に行くので、その前に何品か(大量に)、こしらえてました。

私も、べジバーガー、ポテトサラダ、お寿司など、何品か作っていますが・・・

ラマダンがこんなに忙しいとは思わなかった。
忙しすぎて、みんなバタバタしています。


夫は、もっと辛そうにすると思ってたのに、17時の時点で、「まだ、あんまりお腹すかない」って言ってます。
今日そんなに暑くなかったから、のどもそんなに乾かないし、よかったのかな?


とにかく、21時何分だったか忘れたけど、夕食が楽しみです
もう8か月も暮らしてるのに・・・家族全員でそろって食べるのって、初めてだし

(ちなみに。。。何分かはめっちゃ重要らしく、ちゃんと何時何分という決められた瞬間に、最初の一口を食べないとラマダンしたことにならないそうですが。時間忘れました。)


甥っ子は自由に食べてますが、大人で私一人だけ、自由に食べれるのも気が引けるので、いつか、私もラマダンをできたらなとは思ってます。
絶食ってしたことなかったので。。。


なんせ、ラマダンなのでママはとても楽しそうです。
ラマダン大好きで、普段も平日はほとんどラマダンしてるからね、彼女は。。。


271.jpg


庭の一風景です。

明日も暑くないといいなぁ。



ランキングに参加しています。
下のプーちゃんをポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
段ボールは落ち着くにゃ~






関連記事

Tag:ラマダン 絶食 家族 モロッコ人

先日、トマトの脇芽を切って、庭に定植したという記事を書きました(→こちら)

定植したのが、6月6日でしたが、その後すくすくと成長しています。

224.jpg
6月6日、定植後。

273.jpg
6月11日。

303.jpg
6月15日。

1週間で、こんなに大きくなりました。


こちらは、かぼちゃ。

221.jpg
定植したのは、たしか5月後半。
これは6月6日。

277.jpg
6月11日。

308.jpg
6月15日。

黄色いきれいな花が咲きました。


240.jpg
6月9日、庭のりんごの木。

もちろん、無農薬です。

229.jpg
実が鈴成りです。

今はまだ重さに耐えてるけど、これから実が大きくなったら、支柱を立てないとなぁ。。。

庭のチェリー、ラズベリーは収穫真っただ中です。
さすがアルザス。いちじく、プルーンも鈴なりです。
収穫が楽しみです。

関連記事

Tag:家庭菜園 トマト栽培 かぼちゃ栽培 りんご栽培 トマトの脇芽

6月15日、庭のラズベリー。

301.jpg
繁盛しすぎて、次から次へと成り・・・
※この写真、横が5メートルほどあります

298.jpg

毎日もぎっても、一日に30個は余裕で収穫できます
さすが、フランスのアルザス、ベリー系、ぶどう系の繁殖は見事です。


こちらは、6月15日、庭のトマト。

297.jpg
実がたくさん成っています。

299.jpg
写真で分かるように、左右の枝が、すごく長く成長してしまってます。
左右の枝から、花も咲いてきています。

296.jpg

いろいろ調べると、大玉トマトの場合は、枝を切らなければいけないそう。
でもこれはミニトマトなので、2本仕立てにしてもいいそうなので、放任するのも悪くなさそう。
でも、葉が茂りすぎて通気性が悪い。

明日、この左右の枝の成長をストップさせるため、先端を摘み芯しようと思います。



こちらは6月11日、プランターの大玉トマト。

283.jpg

このトマトも、脇枝が成長しすぎて、花が咲いてきています。

こちらは大玉トマトで、しかもプランターなので、枝を明日カットしようと思います。

切った枝は、土に差して育てる予定。

284.jpg

大きな実がついています。

定植したのが3月と早かったので、心配でしたが、今のところ順調に育ってくれています。

庭を見るのが楽しみで仕方ない今日この頃♪

Tag:ラズベリー栽培 トマト栽培 家庭菜園 トマトの摘み芯

WHAT'S NEW?