上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
puinjapan


11月23日はプーちゃんの命日でした。
旦那がmulhouseのオーガニックレストランを予約してくれていたので、夜に行ってきました。


16-02-01-13-36-23-471_deco.jpg


こちらの「bio fresh」という、100%オーガニック&グルテンフリー&ビーガンレストランです。
前回訪問した時の記事はこちら

平日の夜に関わらず、店内はほぼ満員でした。


biofresh20161123①


右は私が注文した、カリフラワー、ロマネスコ、ブロッコリー、アボガドのロースープ(velouté aux trois choux/cru)

左は旦那が注文した、アボガド、セロリ、キヌア、ひまわりの種のサラダ(salade d avocat)


スープは市販のものと比べるとかなり薄味ですが、野菜の旨味がすごく感じられます。

このお店の料理は、野菜そのものの味を味わってほしいから、薄味にしているんだろうなと思います。
私はとても好きな味付けです。
旦那は味が薄すぎるとギブアップしていましたが。。。


biofresh20161123②

こちらは私が頼んだ、にんじん、かぶ、ほうれん草、パースニップのグルテンフリーパスタ
「pâtes et sa jardinière de légumes(パスタとガーデンベジタブル)」

グルテンフリーなので、小麦を使っていないパスタですが、絶妙な味でとても美味しい。



biofresh20161123③

こちらは旦那が頼んだ、アボガド、パプリカ、サラダ、ルッコラのグルテンフリーパスタ
「pâtes à l avocat(アボガドのパスタ)」


普段、ジャンクフードや濃い味に慣れている旦那はこの店の味付けがイマイチ好きでないようで
パスタも、黒ごまが多すぎると嘆いていました。



16-02-01-13-38-48-799_deco.jpg16-02-01-13-37-49-028_deco.jpg


前回食べてかなり美味しかったローデザートも、持ち帰りしました。
今回も間違いなく、とろける美味しさでした。

やはりこのお店は味、サービス共に、フランスに来てから、一番お気に入りのお店だと再確認しました。


kumitopu.jpg

プーちゃんが死んだ時のことを考えると今でも胸が痛んだり、自分を責めてしまいますが、
こうして暖かい時間を過ごせたのは良かったです。


今でも、外で寒そうにしている猫がいたら家で飼ってあげたいという気持ちはとても強いです。

でも、義母が猫があまり好きでないので、彼女のことを考えると踏みとどまってしまいます。
イスラムの考えで、犬や猫や豚は汚いもの、という捉え方があるようで・・・
義母はいつも甥っ子たちに、猫は汚いんだよと教えていて、それも悲しいです。


もともとは人間が生んでしまった、「野良猫」なのだから。。。
できる人間が責任をとる(保護する)のが当たり前ではないでしょうか。



ペットショップへいくまえに


コイズミヤクモンさんに教えていただいた、
『ペットショップへいくまえに』
ぜひ読んでいただきたいフリーペーパーです。こちらからダウンロードできます。



farファー
画像はお借りしました。

ファーは犬や猫の毛だって知っていますか?
アジアでは野良猫や犬が捕らえられ、殺され、(大量生産のため、時には生きたまま)毛を剥がれています。(詳しくはこちら)



putopoko.jpg

私が今まで保護してきた猫ちゃんたちは、私の中の宝物です。

今は義母のことがあり、犬や猫を保護することができない状況ですが・・・
いつもたくさんのブログでワンちゃんや猫ちゃんなどを見させていただくたびに、癒されています。

一人ひとりが、現実から目を背けることなく、できることをしていけたらいいな・・・と思います。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 



※コメント欄はまだクローズです。ごめんなさい。

スポンサーサイト

Tag:マクロビオティック グルテンフリー ローフード ビーガンレストラン ベジタリアンカフェ フランスの野菜 mulhouse 毛皮反対動物愛護

16-02-09-22-28-59-856_deco.jpg


こないだ食べた、ウォックヌードル。
左はえび、右はダブル野菜。
甘辛いココナッツクリーム風味。

良心的な値段で、mulhouseにある、もう何度も来たタイ料理レストランです。


16-02-09-22-33-57-551_deco.jpg


鉄のウォックパンでガンガン、炒めてくれます。
その早わざに、いつも見入ってしまう。

平日は学生で大混雑です。

Wazawok Mulhouse
http://wazawok-mulhouse.com/




16-02-20-14-31-05-249_deco.jpg

半年くらい前に、うちの近所(徒歩3分くらいの場所)に超でかいアジアンレストランができた↑
電光掲示板には『ジャパニーズレストラン』とでかでかと書いてある。

一度行ってみたけど、もうまずくて。
寿司が何品かありましたが、どれも工場生産&冷凍の味
これ、全然日本食じゃない!!


うちの家族は便利だし気に入ってよく行ってるみたいなんですが、私と旦那はもう二度と行かない!と憤慨しております。



日本ブームの今、なんでも"ジャパニーズレストラン"て書いたら客が集まるフランス。
でも経営人、中国人だからね!

だから中国のこってりした味を『これが日本料理だ~美味しい!』って勘違いしてるフランス人が多いこと!


旦那は日本に行ったこともあるし、私の作る和食の味を知っているから
「客をだまして金を取っている。いい商売だ。」
とあきれています。

『チャイニーズだ!』って書いとけよ!
と言いたい


フランスにも、もっと本物の和食のレストランができてほしいです。

「ニセジャポネ」を本当の和食の味だと思っている、味の分からないフランス人に通用しないので、流行らないだろうけど


16-02-09-22-30-59-627_deco.jpg


mulhouseの大聖堂。
工事中のビニールシートまでこだわりを感じます。


・・・・
フランスで外食は難しいです。
やっぱり家ごはんが一番おいしいなと感じる今日この頃です。



ランキングに参加しています。
拍手代わりに、ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村






Tag:レストラン mulhouse ベジタリアンレストラン フランス人 タイ料理 タイレストラン

16-02-01-13-35-24-348_deco.jpg


昨日は私の誕生日でした。
アルザスで唯一のヴィーガンレストランに連れていってもらいました。


お店は『BIO fresh restaurant vegan』(ホームページはこちら☆


16-02-01-13-36-23-471_deco.jpg

グルテンフリーヴィーガンレストラン
と書かれてあります。


このレストラン、すべてオーガニックの食材を使っています。
ヴィーガン、ローフード、グルテンフリーのヘルシーなメニューがたくさん!

16-02-01-13-42-31-757_deco.jpg


お客のほとんどは女性でしたが、すごい人気でした。
月曜以外(火~土)は予約をしないと席が取れないそうです。
今日は月曜でしたが、それでもほぼ満席でした。


フランス人って、お肉やチーズ大好きのイメージがあったし、ヴィーガンレストランがこんなに繁盛してて正直びっくり!

それも納得、どの料理も美味しいのです。

16-02-01-13-44-40-367_deco.jpg


creme de legumes
野菜のクリームスープ(ブロッコリー、人参、パースニップ、ルタバガ、トピナンブール(菊芋)が入ってます)

これが、すごく美味しい。
乳製品なしでこのまろやかさに驚きました。
しかもこのスープ、オーガニック野菜を使っているのに、2人分合わせて5ユーロなんて安すぎます!


Tag:グルテンフリー ベジタリアンカフェ ビーガンレストラン mulhouse フランス人 フランスの野菜

先週末、ダンナとダンナの友達合計9人で、Mulhouse(ミュールーズ)にある、タイレストラン”Malai thai”に行きました。
夜の20時頃から集合して、3組に分かれて車3台で出発

malai thai①

私がたのんだ、パッタイ。
パッタイ大好きなので、いつもこのお店に来ると頼んでしまう


malai thai②

一緒に行ったタイ人の友達が頼んだ、パパイヤサラダ(右)。

私は美味しいと思ったけど、タイ人の子は、「こんなの全然パパイヤサラダじゃない!!」と憤慨してました。


シェフはラオス人の方だそう。
フランス人好みの味付けにしてあるタイ料理なので、本当のタイ人からしたら、こんなのニセモノとしか言いようがないようで。

友達はまずい、まずい、と連発。
店員に頼んで、ナンプラーと唐辛子を刻んだものを持ってこさせて、味を調整してたけど・・・本当にがっかりしてました。




友達と集まるのが大好きなフランス人。

ダンナの友達とのパーティー(飲み会?)に連れて行かれるのは、これが初めてではないんですが・・・
フランス人の集まりは、日本のとちょっと違いますね。


まず、フランス人の飲み会は、毎回知らない人が必ずいます。
日本人だったら、仲間内で飲み会をすることが多いと思いますが・・・
フランスでは、好きな友達を連れてくるのが基本。

でも、友達の友達は、自分の友達。
それに、知らないメンバーが集まることで、会話もみんなで楽しめるよう、オープンになるから、けっこう好き。
初めましての人とも、だんだんうちとけるし、もう慣れました


これは、他の国でも経験したので、外国では普通なのかもしれないけど。
仲間内だけで集まるのは、日本人の特徴なのかもしれませんね。


あとは・・・・もっと会話できるよう、フランス語の勉強、がんばります


ランキングに参加しています。
拍手代わりに、ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村






Tag:タイ料理 フランス人 タイレストラン ベジタリアン mulhouse 友達 パーティー

先週の月曜日、旦那のと一緒に、レストランに行きました。
先週の日曜日、6月7日がの誕生日だったので

Mulhouse(ミュールーズ)にある、Malai Thaiというレストランです。
タイ料理がけっこう美味しくて、野菜も新鮮で、何回か行ってます。

ちょうど、学校の近くにあるので、昼休みに一人で行ったり。
魚とか肉も、はぶいてもらえるのが嬉しい。

274.jpg

私は、パッタイを食べました。

本当は、鶏肉とえびと卵も入っているのですが、抜きにしてもらいました。


ライスヌードルが、甘めのソースにからんで、とっても美味しい。
青梗菜とか、フランスであまり手に入らないから、すごく懐かしいし。


は、カレーとご飯を頼んでいました。
でも、マクド大好き、ジャンクフード好きの彼女は、タイ料理を食べたのが初めてだったこと&おなかがあまりすいていなかったこともあり、あまり食べてませんでした。

ちなみに、このお店、鶏肉はHalal(ハラール)だそうです。

MALAI THAI RESTAURANT
1 bd Europe, 68100 MULHOUSE
09 80 88 45 88


・・・・・・

そのあとは、の大好きな買い物につきあい、5~6時間は、いろいろなお店を行ったり来たりしました。
(←仕事は服屋の店員)は、服が大好き。
だけど、めったに買い物に行けないので、ここぞとばかりに何十着も買っていました。


彼女はとても親切。
自分の休みの日も、友達と遊びに行ったり、買い物に行ったりしない。
いつもお母さんの家事の手伝いや、姉の子供の面倒を見てるんです。

こうして自分の買い物をしたのも、もう何か月ぶりか・・・。


でも、本心を聞くと、彼女ももっと自分のために買い物に行きたいみたい。

でも、友達とどこかに行くというと、お母さんがやきもちをやくそうです。
6人兄の一番下の娘ってやっぱりかわいいんだろうけど、友達くらい・・・て思うけど。



だから、彼女をもっと買い物に誘ってあげたいと思うのです。

私は何も買うことなく、妹のあとにくっついて、ぶらぶらしてただけなんだけど。



先日、虫刺されのも買いました。
こちら→ヴェレダ(WELEDA) コンブドロン ジェル 25g

294.jpg
Urtica Gel (Urtigel) 25g 6.95€

フランスの局には、どこにでもたいがい、ヴェレダの商品があります。
動物実験をしておらず、自然のやさしい成分が入っているので、好きなメーカーなのでうれしい。

Composition: eau, alcool, glycérine, extrait d'urtica, xanthane, exrait d'arnica, essentielle
成分: 水、エタノール、グリセリン、イラクサエキス、キサンタンガム、アルニカエキス

日本で買ったらすごく高いけど、6.95ユーロでした。


ヨーロッパはこういう製品が気軽に買えるのがいいところだなぁ♪と思います。



ランキングに参加しています。
拍手代わりに、ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村







Tag:タイレストラン mulhouse 動物実験 化粧品 weleda 休日

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。