アパート 新居探し

先々週から、ようやく新居探しを始めました。
やはり、お国柄や食べ物も違う家族と一緒に住み、子育てをしていくのは限界があるので

第一希望は、今住んでいる地域。
理由は、私が通っている近所のフランス語教室の先生がとてもいい人なので、継続して通い続けたいからです。

ボンコアン(le boncoin)のサイトを見て、探しまくり…毎日のように下見に行っていますが。
アルザスは、移民排斥をかかげる国民戦線(FN党)の投票率が、フランスの中でも一番高い地域。
すごく、人種差別を感じ、頭の痛くなる日々です。


旦那はモロッコ系の名前なので、名前を言ったとたん、断られたり、
妻(私)がアジア人だと分かると、断られたり…というパターンが非常に多いです。


チューダー様式 アパート アルザス
アパートは、写真↑のような「チューダー様式」と呼ばれる、アルザス風な建物が多いです。
木の柱や梁がむき出しになり、その間を漆喰で埋めているのが特徴のようです。



でも、そんな中、とても理解ある親切な方もいて。

「僕はこの仕事を30年もしているから、どういった人物に家を貸して、どういった人物には貸してはいけないか、見分けられるんだ」
「人種で判断なんかせず、人格を第一とするのが一番だよ。」
と言い、旦那と話をして好印象を持ってくれ。

「隣の部屋に住んでいるチュニジア人の男性も、人種差別され、なかなか部屋が見つからないと悩んでいたよ。
でも、彼は性格が良かったから、貸して正解だったよ」
と…!

外見や人種ではなく、人の内面を見て判断しているオーナーさんがいたのです。


アパート 新居探し


旦那が持参した給与明細を渡そうとしても、
「僕は君のことが(働き者だと)信用できるから、こんな紙はいらない」
と受け取ろうとせず、しかも

「日本人と中国人は、全く性格が違うよね。」
「君たちカップルはとても信用に値する人たちだ」

と、日本人が礼儀正しいことも、知っていたのです!

※このアルザスの田舎の街で、こんな人に出会える確率は本当に少ないです


アパート 新居探し


今まで、アジア人だというだけで、疑われることも多かったのに!(←フランスにはマナーの悪い中国人がとても多いので)
何かと「シノア、シノア(中国人)」と呼ばれたり、見るからにけなされることもあったのに
このオーナーさんにはすがすがしい気持ちになりましたヾ(o´∀`o)ノ

(でもそのアパートは少し家賃が高く希望に合わなかったので、考え中ですが)



フランスの中でも、イタリア系の人たちは、(ほぼ90%の割合で)イスラム圏の人間に対し、差別心なく接してくれる確率が高いです。
(ラテンの血を引いたもの同士、昔から、アフリカ系とイタリア系は仲が良かったからでしょうか。)

が、生粋のフランス人、それも年配の方は特に、ムスリムや移民を嫌悪しているのが分かってしまいます。



アパート 新居探し guebwiller


でも、ほんとに、自分で言うのもなんですが。
旦那ほど働き者のモロッコ人は、フランス中探しても、なかなか見つからないですよ(*゚ェ゚*)ノ!
人種などではなく、性格で判断し結婚し、今では私が一番満足し、この人でよかったと感じているのだから…


今やイギリス、アメリカをはじめとして…お次はフランスも、人種差別、移民排斥の動きがさかんになっています。

でも、、、

色メガネで人を判断せず、もっと賢く人間を判断できる人が増えたら…と願わざるを得ません。

前途多難な新居探しですが、これからも頑張ります(//>ω<)



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 




スポンサーサイト

Tag:フランス人 アルザス地方 人種差別 モロッコ人

サッカー欧州選手権①

イギリスがついにEUから離脱することになってしまいましたね…
経済が大変なことになるそうだし、何だか世間が焦ってきているのを感じます。

今後フランスも景気が悪くなるでしょうし、大きく影響を受けるでしょう。
でも、国民が選んだことなのだから、納得して、受け入れなければいけないんでしょうね。


さて、サッカーヨーロッパ選手権、面白いですね~。
(写真は↑甥っ子、学校でマスクを作ったそう。よほど気に入ったのか、毎日装着している…)
私も毎日テレビの前でヒートアップしています。

応援しているのは、割とコロコロ変わりますが…
クロアチアと、ドイツです。


euro2016.jpg
写真はお借りしました。

普通どこの国も、こけたり倒れたり、体が当たっただけで、すぐブーブーレフェリーに訴えたり…
相手の国にイエローカード取らせようとする。
「自分でこけたやろ!!」って思うし、見ていて感じ悪いんです

だけど、この国の選手はそれがないし、なおかつ強いから、応援したくなるんですよね

でも、意外や意外、先日クロアチアがベスト16入りしたとき、うちの近所の車のクラクションすごかった
クロアチア応援している人、けっこう多いらしい…それか、クロアチア人が住んでいるΣ(゚Θ゚)?!


20160621.jpg

ラマダンも後半戦にさしかかりました。
野菜嫌いな家族…相変わらず、野菜なし、パン&肉&チーズな食卓です

6月中旬までは、まだ寒いくらいだったのに、ここにきて急に暑くなり始めました。
今日は日差しもきつく最高気温も30℃!こんな日に水も飲めないなんて…

家族は料理する気力もないみたいで、最近はラクレット(←簡単)ばかりだったり、ずっとピザをオーダーしたり…
さすがに体調も悪くなっているようで、心配でもあります。


サッカー欧州選手権②


今日もひそかに野菜をたっぷりコロッケにしのばせて、見えないように家族にふるまう、べジーな私ですホホホ~♪


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 




Tag:イギリス EURO ニュース サッカー 甥っ子 モロッコ人 ラマダン ヨーロッパ選手権

20160409③


先週の土曜日は、朝から甥っ子たち(10歳、2歳)と一緒に動物園へ行きました。
というのも、目的は『Marché aux Plantes(植物のマーケット)』!!

(去年もこれ目的で、動物園に行った記事を書きました→こちら


marche aux planetes

mulhouseの動物園にて、2日間限定で開催。

朝イチで行ってきました!


20160409④

たくさんの人が来ていました。

花や、盆栽、球根植物、水耕栽培、高山植物、ハーブや薬用植物、有機野菜、庭道具や工具などなど…
見ているだけでも面白い展示がたくさんです。


20160409⑥

こちらはアブラナ科の植物たち。

フランスで定番の、キャベツ(固いもの、柔らかいもの)、ブロッコリー、カリフラワー、コールラビ、ちりめんキャベツなどなど…

私は固いキャベツ(←柔らかいとんがりキャベツと言ったのに、帰って見たらなぜか固い品種だった)とブロッコリー、カリフラワーを18苗購入。(4.8ユーロ:約620円)


20160409⑤

こちらはハーブなどがたくさん。
見ているだけで植えたいなぁ~とワクワクしてしまいます。


20160409⑨

義姉Sへの誕生日プレゼントに、サボテンや多肉植物を購入~。


20160409⑩

こちらは、去年も大盛況だった夏野菜のコーナー↑
トマトだけでも数十種類あり、どれを選ぼうか迷ってしまいます。

今年はおすすめをお店の人に聞いて、黒トマトやゼブラトマトなども購入~。
いちごやナスの苗も買いました。


20160409⑪

疲れたので自家製弁当でひと休み。
この他にもサンドイッチをいっぱい作っていきました


20160409⑦

甥っ子くんは、無料の植木体験~。
隣の女の子と比べると、センスがなさすぎ
でもすごく嬉しかったようで、彼的にはかなり自信作だったようです^^;


20160409⑧

土づくりの専門のコーナーもあり、興味深かったです。
プロの人に話を伺ったところ、「土の表面に枯草や刈り取った雑草などで、カバーをしてやることが大切だ」とおっしゃっていました。


20160409⑫


そして!!

かなり辛いもの好きの旦那が、毎年、このコーナー↑に来ると興奮する・・・唐辛子売り場

どれもオーガニックで、世界中の様々な唐辛子の苗が数えきれないほど売られています。


旦那、世界一辛いと言われるハバネロやNaga Morichなど、超激辛な苗を4種類も購入していました。
手袋をして取り扱わなければいけないほどのデンジャラスな植物だそうで…
Naga Morichは、「コブラの毒を飲んだかのよう」と言われるくらい激辛だそうです

恐ろしすぎます・・・。


20160409⑬

アジアな野菜も売られていましたよ~。

写真中央は、「タアサイ」とカタカナで書かれていましたよ


さてさて、たくさん苗を買ってしまったので、これから庭仕事がますます大変になりそうですヽ(o´・ω・`o)ノ!!!



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 






Tag:家庭菜園 フランスで野菜作り 春夏野菜 ガーデニング mulhouse 甥っ子 弁当

16-01-30-16-20-42-075_deco.jpg


先月は、甥っ子Sくん(10歳)のコンペティション(競技大会)に行ってきました。
Sくんのお母さん(旦那の姉)は働いているので子どもの行事には参加できないことが多くて。
その代り、わたしたち夫婦が応援に行きました。

彼、とてもシャイで顔を真っ赤にしていました。


16-01-30-16-21-12-458_deco.jpg


もう、ずっと私の方を気にして、様子をうかがっていました。
競争で走っている時でさえも、こっちをちらちら気にしすぎ!




4人中、障害物競走は2位、徒競走は4位のビリになってしまいました~

チラチラ見ずに、集中しろっての

(一番右の子が甥っ子です。)


16-03-11-16-09-43-498_deco.jpg

最近作った料理で、ブログにアップしていなかったお恥ずかしい写真が…たくさんでてきました。
こちらは先日、時間がなかったときの手抜きランチ

日本から持ってきた、レトルトカレー(こちら→)。
それに、ゆでた菜の花をトッピングしてみました。


このハウス食品の菜食カフェシリーズ、動物性素材不使用のヴィーガンなんです。
これがジャンクな味ですが美味しいです。

日本の有名な会社が、このようなヴィーガン対応に取り組んでくれること、嬉しく思います。



16-03-14-12-21-36-508_deco.jpg

こちらは、近所のタイ人の友達が作ってきてくれたフルーツサラダ。
いつも、ビーガンの私でも食べられる何かをいろいろ考えて作ってくれる。
家族で美味しくいただきました。


16-03-03-09-07-59-482_deco.jpg

その彼女のべべ、去年の9月に生まれた男の子。
生まれた時の記事はこちら
久しぶりに会ったら、とても大きくなっていてびっくりしましたよ。(しかも顔も別人になっていた)

子どもって、本当にあっ!という間に成長しちゃうんだろうなぁ~・・・

これからの成長が本当に楽しみです!



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 





Tag:ビーガンレシピ 手抜きレシピ カレー 日本から持ってきた物 甥っ子 友達

20151108①


先々週、近所のイタリア人&タイ人夫妻がタイ料理を作るからと昼食時、家に誘ってもらいました。
フランス人の友達がたくさん来ていました。

チキンカレー、チキンのソテー、生春巻き、野菜の炒め物を作ってくれてました。

タイ人の本人は超激辛派だと思うのですが…
今回は、フランス人のために、辛さを控えたカレーにしてくれたよう。
私はべジなので食べれなかったけど…旦那はあまり美味しくなかったと言ってましたが


20151108②

食後には、ベジタリアンの私でも食べれる、寒天ゼリーも用意してくれていました。


フランスのスーパーには、ゼリーって全く売ってません。
旦那もうちの甥っ子も、ゼリーを見ると「げ~気持ちわるい~」という反応。
プルプル固まった水のようなゼリーって、フランス人はほとんど食べたことがないんですよね…
あれは、アジア独特の食べ物なんだって知ったのは最近。


私は(久しぶりに食べた白砂糖にウッときたけど)なんとか食べれたけど、フランス人の友達はみんなフルーツの部分だけ食べて、ゼリーは残してました


20151109①

帰りに、「どうぞ」って、ぐちゃぐちゃの生春巻きをお土産にくれたんだけど…(写真右)
流産で全く料理できなかったので、簡単なそばと一緒に

このタイ人の女の子、今年フランスに移住してきたばかりなんですが…
タイって、普通家にキッチンがないんですよね。(ガスのシステムが通っていない)
その子の家も、キッチンはなかったそうで、常に外食だったそうです。

なので、彼女、料理など全くしたことがなく…フランスに来てこの数か月で、はじめて料理をするようになったそう。

生春巻き、ちゃんとした巻き方知らないのかな~
美味しくなくて、皿に盛ったものの、結局誰も食べず。

・・・・

ところで。



Tag:友達 パーティー タイ料理 ゼリー ビーガン マタニティーライフ 流産 生春巻き カレー

WHAT'S NEW?