20160527.jpg
病院から見える風景…ワインヤードが間近に!


またまた放置してしまってましたが…前回の記事の続きですm(_ _)m

前回の記事で、食後痰が出ることで胃腸科の先生に診てもらい、胃カメラをしたと書きました。
胃カメラの結果、胃は問題なくきれいとのことだったのです。

最初に受診した耳鼻咽喉科の医者は、「胃が問題だ」と言っていたのに…
じゃあなんで痰が出るの?ということで。

①耳鼻咽喉科→ラシストのヤブ医者
②胃腸科→とてもいい先生だったが、胃カメラで原因が見つからず。
③耳鼻咽喉科→今回

5月後半に、3度目の正直!ということで、また耳鼻咽喉科(今回は前々回とは違う医者)に診てもらいに行ったんです。


結果、またヤブ医者でした。


薬①
処方された大量の薬…↑


医者は、
「なんで痰が出るんでしょうね~…どう考えても分からないな~…」と。

↑いや、、、こっちが聞きたいから


この病院、カメラもないので喉の奥も見ることができず。
原因は分からないのに、大量に薬だけは処方されました。

めちゃくちゃ怪しいし、信用できなかったので、結局薬も飲みませんでしたが。
診察代と薬代、返せっちゅーねん!


そして、また新たな耳鼻咽喉科に受診することになったのが、この8月。
医者をたらいまわしにされ、今度は4件目です
フランスでは、日本のような医療を求めるのは本当に難しいとつくづく実感。

さて、痰がでる原因は分かるのでしょうか??
今回こそ決着をつけたいところです。


次回へ続く・・・



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 



関連記事
スポンサーサイト

Tag:フランスの病院 ピロリ菌 胃カメラ ラシズム 耳鼻咽喉科

20160509①
病院の受付にて。


実は、5月初めのことなんですが…←かなり前ですが
胃カメラをうけてきました。

というのも、フランスに来てから、食後に痰がからむようになり、気になっていたんです。

去年12月に耳鼻咽喉科に行ってみたら(まぁそれがひどいラシストな病院だったのですが→こちらの記事)「痰がでるのは、胃にいるピロリ菌が原因です」と言われ。
処方された薬を飲んだのですが、全く治らず。

もしかしたら胃腸科の病院で診てもらったほうがいいのかも?と思い、4月に受診したのです。


その先生はじっくり話を聞いてくれて、前回のラシストの病院とは大違い!
それにその先生、前回の医者の処方をありえないと批判…

”ピロリ菌がいるかどうかは、血液検査ではなく、呼気検査をしなければ正確に分からないんですよ”と、呼気検査をすすめてくださいました。(前回の医者は血液検査だけで判断していた)
呼気検査の結果、ピロリ菌はなんと”陰性”でした。

先生いわく、「私は胃が原因ではないと思います」とのことでしたが、私はどうしても胃が原因なのかどうかはっきりさせたくて。
私から、”胃カメラをして確かめてください!”と申し出たんです。

まぁ、胃カメラは日本でも体験したことがなく、正直甘くみてたんです
とにかく、恐怖でした
もう二度と受けたくありません。

胃カメラ
画像はお借りしました。
私のときは、先生と助手が3人がかりで暴れる私を押さえつけてくださいましたが…


麻酔薬を飲んでから、手術室のベッドに横になり、先生が細いカメラのチューブを喉から胃の中へ入れていきます!
これが、かなり奥まで入ってきて…「それ、入れすぎだから~」と手で必死にアピールするのですが、「もうちょっと頑張ってね~」とずんずん入ってくる。

私は死ぬんじゃないかと思い…助手の手をちぎれるかと思うほどひっぱり・・・
とにかく暴れましたヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3



まぁ結果、「胃はとてもきれいで、まったく問題ありません」とのことでした。
旦那も先生と一緒にカメラの映像を見ていましたが、「ほんときれいだったよ」と言っていました。

問題もないのに、胃カメラをして後悔後をたたず・・・(T_T)
でも、前回の医者はヤブ医者だった!と判明しただけでもよかったのかもしれませんが


自分は逆流性食道炎じゃないか?と疑っていたのですが、どうやら間違っていたのかもしれません。
いったい私の痰は何が原因なのでしょう??


次回へ続く・・・


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 



関連記事

Tag:フランスの病院 ピロリ菌 胃カメラ ラシズム 逆流性食道炎

tests dovulation

先日義姉Sにもらった、排卵検査薬。(フランス語でtests d'ovulation)
尿を付属のカップ(写真右下)に入れ、そこに検査薬(写真左下)をつけると、排卵しているかどうかが分かるそうです。

通常は生理開始日から数えて11日目から、5日間検査します。
(たとえば、生理が8月1日に来たとすると、8月11日から8月15日までの5日間、検査します)
5日間は毎日同じ時間に検査するようにします。


tests dovulation①

こちらは薬局で買った排卵検査薬。
最初の写真のものは、義姉がスーパー(e.leclerc)で買ってきたものだそうです。
どちらもまだ試してないので性能がいいかははまだ分かりません。

通常は生理開始日から14日目くらいに排卵があるそうですが…個人差もあるそう。
排卵日を狙って子づくりをするといいそうです。

逆に検査しても排卵がなかった!ということなら婦人科に相談してみるのもいいと思います。


20160806.jpg

先日は義姉Sの子どもIくんの2歳のお誕生日だったので、お絵かきボードをプレゼントしました↑
殴り書きをするのが大好きのIくん、嬉しくて大興奮!

ただ、このペンぜんぜんインクが出ないことが発覚。
新品で、しかも24.99ユーロ(約3300円)もしたんですが…

日本の製品ならこんなことはまずないですが、フランスなら十分あり得る(しかも中国製。)
うっすいインクで描いた線を目を凝らしながら見つめ…ギュウ!ギュウ!とペンを押さえつけるようにして描かなければいけない・・・


フランスではこういうこと(不良品)が普通に起こりすぎて、泣き寝入りするのにもう慣れてしまったんですが。
制作元の会社なんかに電話しても、つながらないのがオチだろうし。

こちらでは結局”不良品を選んだあんたが悪い”というスタンス。
日本の会社だったら、電話しただけで(本当に不良品かどうかも分からないのに)交換品を送ってくれることもあるのになぁ

ほんま金返せ~
っていうか、恥かかすなや~(;´д`)


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 




関連記事

Tag:排卵検査薬 妊娠 甥っ子 フランス人 買い物

harcha①
義姉Sが作ってくれた、harcha(ハッシャ)というモロッコのパンケーキ(ガレット)↑
セモリナ粉の食感がサクサク、ホロホロしていておもしろい。


さて、家族がマレーシアにバカンスに行ってから2週間がたちました。
彼らは今週金曜に帰ってくる予定。

先週火曜は不燃ごみ(プラスチック・缶ごみ)の日だったので、ためていたゴミ袋を10袋ほど玄関前に出しておいたんですが…
(大家族なので量がすごいんです

水曜に玄関前にまだゴミ袋が3袋残ってある…!!
確認したら、”食品が入っているので回収できません”というでっかいシールが貼られて、そのままになっていた。

おいおい・・・
確かに、ゴミ袋のなかには食べ物がたっくさん!!
夏場なので虫もわいている

これ・・・どう処分しろと


harcha②


家族はプラスチックごみに平気で食べ残しの残飯をてんこもり入れるのです。
今やプラスチックごみ袋は残飯入れと化しているという・・・

生ごみのゴミ袋はたくさん在庫があるし、シンクの下の扉を開けて取るだけなのに、
どうして不燃ごみの方に入れるか!??と私はいまだに謎なんですが。

この残った3袋、すごい匂いがするし、今から分別するのは地獄です・・・。



************


redmustard20160515.jpg

4月12日に種をまいた、レッドマスタード。
日本から友人が持ってきてくれた種です。
サラダなんかに入れると美味しいそうですが、私は食べるのも初めてで、期待していました。


redmustard20160621.jpg

それを、5月31日に庭に定植したのですが…↑

なかなか大きくならず、こんな風にびよ~んと、とう立ちしてしまいました。

パッケージには、種まきは4月上旬から6月までOKって書いてあったのにな。
再度挑戦して、種をまいてみたものの、今度は双葉すら虫に食われて結局ひとつも成らず。
原因不明~。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ポチッと応援していただけるとブログ更新の励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村





ありがとうございます(*ノ∪`*) 




Tag:家庭菜園 春夏野菜 レッドマスタード モロッコ人 家族について 環境問題 モロッコ料理

WHAT'S NEW?